ナイロビのフランス語学校「アリアンスフランセーズ(ALLIANCE FRANCAISE)」の試験を受けて、ザンビア大使館へ行くと、ビザは出来てないと言われる。@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年6月13日(月曜日)。
先週は、タンザニアのビザを取ったあと、ルワンダのビザを取った。
そのまま、ウガンダ、ブルンジのビザを取って、そのころちょっと流行の、「東アフリカ小回り旅行」でもするつもりだった。
ところが、ザンビアとジンバブエの国境にある「ビクトリア滝」へ行くという旅行者と出会って、考え直した。
ビクトリア滝を見に行くことに変更。
よって、ザンビアのビザを申請する。
それが、先週の金曜日6月10日。
ザンビアのビザを受け取るのが、今日の午後4時と指定された。
午後4時にビザを受け取るとなれば、その日のうちにまた別のビザを申請するわけには行かない。
ビザを取るときの一般原則として、ビザの申請は、だいたい午前中の限られた時間になっている。
僕の経験でも、ビザの申請が、午前7時半から9時というところもあった(プノンペンのベトナム大使館/1994年)。
大使館の受付時間もいろいろだが、まず午後遅くに申請を受け付けるところはない。
今日やれることは、ザンビアのビザを受け取るだけだ。
ザンビア大使館は歩いて10分程度のビルの中だから、ほとんど時間はかからない。
多く見積もっても、往復30分程度で終わる。
ほとんど一日、することがない。
僕は、本さえ読んでいれば幸せな人間だが、ナイロビでは英語の本屋もあって、ペーパーバックに不自由しない。
いまは、「Japanese Conspiracy」を読んでいる。
日本人宿の「リバーハウス」へ行けば、日本語の文庫本や雑誌がたくさんある。
「ジャパンインフォメーションセンター」へ行けば、日本の新聞も読める。
話し相手も、イクバルホテルのレストランにいれば、適当に日本人旅行者が話しかけてくる。
この時代は、アフリカ個人旅行をすれば、まずナイロビに飛んで、イクバルホテルに顔を出すのが常識だったからね。
日本人で、旅慣れた旅行者だと、リバーハウスへ直行したが。
ただ僕は、リバーハウスへ直行するような旅行者は、あんまり好きじゃないんだ。
いわゆる「旅行通」というのは、日本人宿を渡り歩いて、日本人としか話をしない。
もちろん、英語を話せないので、日本人としか付き合えないわけだが。
日本人宿の情報ばかり集めて、旅行を知っていると勘違いしているタイプね。
こういう人たちは、日本人宿に居座って、日本人宿を離れることが出来ない。
僕がこれから行く南米には、日本人宿を渡り歩いて、日本語だけでコミュニケーションをとっているヘタレ諸君がたくさんいたよ(笑)。
だから僕は、いわゆる「旅行通」諸君とは、合わないんだ。
でも旅先では、どんな旅行者でも、からかって暇つぶしできるものだし、相手の旅行歴や旅行ルートを聞くのは興味深い。
それ以上の深い話をするためには、知的レベルが合わないと無理だけど。
だから、時間潰しはできるのだが、あまりに変化がないね。
考えてみれば、僕がこの旅行に出たのは、一年程度ヨーロッパに滞在して、英語、フランス語、スペイン語学校へでも通おうかといった程度の動機だった。
日本ですでに、英検一級、フランス語検定二級を取り、スペイン語もだいたいわかっていた。
これをさらにブラッシュアップしていけば、適当に時間が潰せるだろう。
一年もヨーロッパにいるためには、語学学校で勉強するのがちょうどいいだろうという考え方。
ロンドンでは、グリーンパークにある一流語学学校「インターナショナルハウス」の最高レベルのクラスに入った。
イギリス人でも合格は至難、日本人の合格者はほとんどいないという「ケンブリッジ大学英語検定試験特級(CPE)」を取った。
スペインのバルセロナでは、やはり「インターナショナルハウス」で、スペイン語クラスに入った。

ちょっと心残りなのが、パリでフランス語を学ぼうとしたのだが、いい学校が見つからなかったこと。
ロワールの古城を見に行った「トゥール(TOURS)」で、いい感じの学校を見つけたが、そのときはもうすでに「旅行モード」に入ってたしね。
しかし、考えてみれば、「ナイロビでフランス語学校に通う」ことも出来るのでは?
だって、アフリカにはフランス語を公用語にしている国も多いのだし。
例えば、旅行計画を立てていた「ルワンダ」や「ブルンジ」は、確か、フランス語圏だった。
すると、ナイロビにフランス語学校があるのでは?
調べてみたら、「アリアンスフランセーズ(ALLIANCE FRANCAISE)」が、大通りの「ケニヤッタアベニュー(KENYATTA AVENUE)」のビルに入っている。
それではさっそく行ってみましょう(笑)♪
僕のキモチとしては、フランス語国に旅をするなら、フランス語をもう一度ブラッシュアップするのがいいと思ったこと。
僕は、北アフリカ(モロッコ、アルジェリア、チュニジア)やフランスを旅したとき、フランス語を使ってたし、特に不自由はなかったしね。
でも、語学は、常に使っていないと、すぐに能力が落ちるしね。
正直言うと、それよりも、ナイロビでフランス語学校に通ったなんて日本人は、僕だけだろうからね。
海外旅行をするにしても、人と違ったことをしなければ、意味がない(自慢できない)。
日本人宿で、日本人と、日本語で、中途半端な旅の情報交換をやっている連中とはっきりレベルが違うのを、見せ付けるにはいいだろう。
こう書くとイヤミになるが、純粋に「フランス語学校に通うの楽しいかも」とか、「どんなところか、興味がある」というだけの気持ちだ。
思いついたら、すぐに行動する。
アリアンスフランセーズの受付で、フランス語を勉強したいと言うと、フランス人の先生が出てきた。
すぐに、ペーパーテストとフランス語の会話の試験があった。
試験を終えたら、僕は「卒業生レベルですね」と言われたが、東京のフランス語学校でもぺらぺらしゃべっていた僕にしてみれば当然。
一番上級のクラスに入ることになった。
そのまま授業を受ける。
先生は、黒人の中年男性で、生徒は、黒人のOLさんがずらり。
多分、ほとんどは企業勤めの秘書さんという感じ。
お昼の授業が終わって、これなら適当にやっていけるという雰囲気でした。
授業料として、370シリング(2960円)と書いてあるが、多分月謝ではないかな。
僕のクラスは、お昼の午後で、週に2回か3回ある程度だったし。
これで、軽く暇つぶし(と話のネタ)が出来る。
エジプトで出会った、人妻さんと、学生さんに絵はがきを書いた。
こうして、6月13日の午前と午後を潰し、午後4時ぴったりに、ビザを受け取りにザンビア大使館へ行きました。
すると、「あれっ、でけてまへんわ。明日の朝また来るとよかたい」というお言葉。
今日一日、ザンビアのビザを取るために、いろいろ時間潰しをしたのに…。
ま、それがアフリカ旅行というものでしょう。
注)「東アフリカ小回り旅行」とは、「ケニア→ウガンダ→ルワンダ→ブルンジ→タンガニーカ湖→タンザニア→ザンジバル→ケニア」(またはその逆回り)です。
 
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx