時間の潰し方を旅行哲学し、絵はがきを出し、「680ホテル」の日本レストランン「赤坂」で、援助団体の人と知り合う。@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
1988年6月7日火曜日。
昨日にタンザニアのビザを取るために、タンザニアハイコミッションにパスポートを預けた。

受け取るのは、明日の水曜日になる。
とすれば、今日は手許にパスポートがないわけだから、特に何もすることはない。

旅先で、ビザの申請のために、動きが取れないってことは、珍しくない。
動きが取れない時間をどうやって潰すか、その方法を知っているのが、長期旅行者なんだ。
僕の場合、暇さえあれば、本を読んでいる。
いまの人は、「歩きスマホ」をして、電車の中でもスマホを見ている人ばかりだが、僕は常に本を読んでいる。
僕の場合、どんな本でも、そこに活字が書いてあれば読める。
だから、海外旅行中は英語の本がガンガン読めた。
昔の海外旅行では、いやホンマ、英語力がメチャついたよ。
英語の本しかなければ、それを読むしかないわけでね。
日本語の本があれば、日本語の本をついつい読んでしまう。
これは仕方ない話だ。
いまのように、どこへ旅をしても、日本語の本が手に入ったり、ネットで日本語に接することが出来る状況だと、英語を読む必要がない。
英語を使わず、読まず海外旅行をしたら、海外にいても、日本にいるのと同じだ。
海外旅行にわざわざ出る意味がなくなってきているわけ。
それに僕の場合は、すでに世界中を見てしまっているからね。
歳も取ったことだし、体力も落ちた。
旅先での思いがけない出会い、燃え上がる恋、別れというものも、もう面倒だ。

でも、女の子が積極的なら、あと数回くらいは、お付き合いする気持ちがないわけでもないが…。←メモメモ!!
海外旅行で起きることも予想がつくし、正直、いまは、僕は自分自身に対して興味があるんだ(笑)。
さて、時間を潰す一番いい方法は、だから「本を読む」ということになる。
特にナイロビでは、「リバーハウス」を知ったので、日本語の文庫本がたくさんある。
このところ毎日リバーハウスに通って、本を返却しては、また借りることを繰り返している。
一日に大体、文庫本を2冊くらい読んでるペースだ。

僕の旅行ノートを見ると、この日は、一応やることがあった。
まず、土曜日に焼き増しを頼んでいた証明写真が出来ているはず。

これは、月曜日に出来上がるといわれたが、それほど差し迫ってなかったので、放ってあった。
それと、僕は海外でのことは、基本的に信用していない(日本でのことも、ほとんど信じてないが)。

月曜日のお昼12時半にできると約束していても、出来てないだろう、と考えている。
その時間に行っても出来てない場合、イヤな気分になってしまう。

だから最初から、出来る予定の時間には行かず、わざと遅れて行くわけだね。
しかし、今日行ってみたら、写真はきちんと出来てました。

しかも、なかなか上手だ。
これならば、これからの旅行のためにも、ナイロビで、あと数十枚焼き増ししてもいいと思う。

でも、今日は止めておく。
だって、これからも、ナイロビではビザを取りまくるわけだし、その時間はたっぷりあるからね。

もともと、長期海外旅行では、「一日に一つのことをすればいい」(「世界旅行主義」)という原則がある。
なにごとも、焦ってやったところでつまらない。

ま、アフリカのナイロビにいるんですから、のんびりやりましょう。
本を読む以外に、時間を潰せるのが、海外から絵はがきを書いて送ること。
僕はこの2年8か月の「最初の世界一周旅行」のときは、カメラを持っていなかった。
カメラで中途半端な写真を取るより、「絵はがきを自分へ送った方が、いい記念になる」と考えていた。
だから、どこか新しいところへ行ったら、自分(実家)に、「いまどこどこにいます」という絵はがきを出していた。
そのついでといってはなんだけれども、旅先で知り合った人や、日本の友達なんかにも、適当に絵はがきを書いていた。
これは結構時間潰しになる。
昨日、4枚絵はがきを書いていたので、それを送る。
ついでに、新しく絵葉書を5枚買った。
絵はがきというのも、ただの普通の友達に、しつこく書いては嫌われる。
まあ、半年に一枚とかなら、許してもらえるのでは??
それと、ナイロビからなら、この時代、普通の旅行者はなかなか来ないところだったから、珍しくて、絵はがきを書く理由になるね。
というわけで、新しく買った5枚の絵はがきも書いて、郵便局で出した。
ついでに本屋で、「スワヒリ語会話」の本を買った(と書いてあるが)が、全く記憶にない。
僕は基本的に一日一食。
遅い昼ごはんがメインだ。
680ホテルの日本レストラン「赤坂」へ行ったのも、この日の午後の遅い時間。
出来るだけ人の少ない時間帯を見計らっていった。
赤坂は、ナイロビ勤務の日本人ビジネスマンが、昼ごはんを食べる場所。
夜も、日本風にお酒を飲んだりする。
だから、昼ごはんの時間が終わったあとに、よく行ったものだ。
この日も、一時過ぎて、日本人ビジネスマンがいなくなったころ、行ってみた。
定食を取って、ゆったりとビールを飲んでいた。
すると同じテーブルに座っていた中年男性が、声をかけてきた。
ナイロビに来たばかりだそうだ。
僕も来たのは6月3日で今日は7日、まだまだナイロビ初心者。
僕は旅慣れているので、3日もいれば、その場所に住んでいる雰囲気を出す。
でもウソツキではないので、自分の状況を正直に話す。
この人は、日本の援助団体の人。
互いに時間はあるようなので、ナイロビの状況を見るために、日本関連の場所へ行ってみる。

まず「JICA」と「JAPAN INFORMATION CENTER」。
あと、そのまま、スーパーマーケット、ナイロビシネマ、バーガーハウスへ行って、食事をした。

明日は、タンザニアのビザをもらって、またどこかの国のビザを取る。
どの国のビザを取るか、それは、タンザニアのビザをもらったときに考えましょう。

今日出会った中年男性とは、これからナイロビで、結構付き合っていくことになります。
名前はもちろん知ってますが、ここでは「援助さん」と呼ぶことにしましょうか。
 
xxx
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx