港で出会った両替のアブドゥルくん@フェリーターミナル/バンジュル/ガンビア

2001年春、世界旅行者はセネガルからマリへの伝説の国際列車に乗って、伝説の都トンブクトゥへと旅をした。
続いて、モーリタニアへ旅をする。
時間があったので、さらに、ガンビアへと歩を進めた。
ガンビア、バンジュルの郊外、ファジャラの「フランシスコホテル」に泊まる。
そのあと、バンジュルのフェリーターミナル近くの「アポロホテル」へと移動した。
これは、翌朝早くフェリーに乗って、ダカールまで一気に動くためだ。
港へ行って、様子を見る。
どんどん声をかけてくる両替商と交渉して両替する。
1ドル=15.7ダラシ、50ドルだと785ダラシになる。
フランシスコホテルだと、1ドル=14ダラシだったから、やはりホテルよりも、声をかけてくる両替商は率がいいね。
(いつものように、エイヤッと1ダラシを8円と考える)

金を握った世界旅行者は、町で一番の「アトランティックホテル」へと足を運ぶ。
つまり、歩いていったんだけどね(涙)。
でも、途中で郵便局へ寄って、友達へハガキを出すという立派な理由があったわけだ。

アトランティックホテルには白人、特に英国人の団体が入っている雰囲気だった。
というのは、そんなに暑くもないのに、アトランティックホテルのプールは大賑わいで、中年のおじさんおばさんたちが、泳ぎまくっていたからだ。
この泳ぎ方、はしゃぎ方は、貧乏人特有の問題だね。
また、けっこう寒いのに無理に泳ぐのは、ヨーロッパ人に多いんだよ。

どこでも見境なしに泳ぐのがウリだった世界旅行者も、こんなところで無理に泳ぐ気にはならない。
生ビールを飲むと、これが40ダラシ、つまり320円もするよ(涙)。
ビールを2杯飲んで、スパゲッティ(90ダラシ)を食べると、170ダラシ。
つまり、1360円かかる。
これは大きいよね。
やはり、金と言うのはどんどん出て行くものだ。

お金が足りなくなって、また港へ戻る。
今度は10ドルを両替すると、レートが少し悪くなって、1ドル=15.5ダラシで、155ダラシ。
せっかくだからと両替商のアブドゥルクンとの写真を、おなじ両替商の青年に撮ってもらった。

【写真】アブドゥルくんと世界旅行者
【旅行哲学】仲良くなっても両替商のレートは変わらない。
uk greece turkey egypt kenya asia europe world
アフリカ  西アフリカ 各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx