モンバサからマリンディへの行き方を確認し、「フォートジーザス」へ行ったら、「一周君」と奥さんにばったり。@モンバサ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
ナイロビを前日午後5時に出た列車は、1988年7月10日午前7時半に、モンバサへ到着する。
これまでは、ナイロビのイクバルホテルに居座って、のんびりだらだら、キモチヨク過ごしていた。
それが、急に動き出したから、体調を崩したようだ。
人間というものは、のんびりだらだら、キモチイイのが最終目的だよ。
受験勉強もせず、出世競争もせず、南の島のビーチで、のんびりだら〜んと、一生過ごせれば、それが一番だ。
受験勉強があるから、日本人はランク付けをされて、そのまま、死ぬまで競争してしまう。
一生くだらない競争をして、がんばっているうちに、歳をとる。
所詮サラリーマンだと、いくら一流企業に勤めていても、人生には何にも残せない。
これは完全な馬鹿だね。
僕は、東大に入るつもりで現役で落ちて、一浪して東大合格確実といわれていたのに、東大の入試がなかった(1969年)。
入試に通るために、希望してなかった、レベルの低い、京大の交通土木工学科にトップで合格したが、ちっともうれしくなかった。
あの時東大の理科一類に合格して、東京に出ていれば、面白いこともあっただろうが。
寺山修二の「天井桟敷」に入ることも考えていたし、僕の人生もいろいろと面白かっただろう。
ところが、京都というところは、勉強が好きな人にはいいんだろうが、勉強が嫌いな僕には合ってなかった。

陰鬱な京都で、青春を過ごすことになった。
まるで、牢獄のような生活だった。
京都時代に、僕は人生の希望も夢も、全部なくしました。
それから以降は、人生で一度も、本気になったことはありません(キッパリ)。
ナイロビからモンバサの列車の中ではよく眠れず、ボーッとしたままモンバサへ到着。
モンバサは、ケニアの東海岸にあるので、気温は高い。
朝から日差しが強く、体感温度が高いので、モンバサへ着いた日は、エアコンのあるホテルに泊まった。
ただ、夜になると気温は下がるので、昼間が暑いだけです。
これからケニア東海岸を旅するが、エアコンつきのホテルに泊まったのは、この「キャッスルホテル(CASTLE HOTEL)」だけだった。
夜が日本のように寝苦しいほど暑くないので、エアコンが欲しいとは思わなかった。
前夜列車で、よく眠れなかったので、とにかく、清潔なシーツに包まって、エアコンの効いた部屋で、昼過ぎまで寝ました。
一眠りしたら、元気は完全に回復。
この時代は、僕もまだまだ若かったんだね。
一番いいときに、世界一周旅行をしたと思うよ。
お腹がすいたので、ミックストグリルを食べ、よく冷えたビールを2本飲んで落ち着く(230シリング/1840円)。
モンバサは大きな町なので、ビーチがあるという感じはしない。
ちょっと離れたところに、観光客向けのビーチリゾートがあるらしいが、このときは知らなかった。
知っていても、ちゃんとしたビーチリゾートだと、ホテル代が高いので、バックパッカーはそんなところへは行きません。
もっとひなびた、小さな町へ行きたいものだ。
僕の目的地は、もっと北、ソマリアに近い「ラム(LAMU)」という島。
この島はあんまり知られてないが、ヒッピーが旅してた時代の有名な沈没地だった。
他は、インドのゴア、ネパールのカトマンドゥだったとか。
しかし僕は、その手前にある「マリンディ(MALINDI)」へ立ち寄るつもり。
最初に、あちこちビーチを見て、一番気に入ったところに、しばらくいる計画だ。
明日はまず、マリンディへ移動する。
マリンディまでのバスが出るところは、ホテルのフロントで聞く。
バスは、普通の道端から頻発しているので、一応その場所へ行って、バスが出るのを確認した。
バスの料金は乗るときに払えばいい。
モンバサからマリンディまで、たった2時間程度で行けるので、明日もゆっくりと出来る。
ホテルは高かった(735シリング/5800円)が、朝8時過ぎにチェックインして、エアコンのある部屋で、翌日は昼ごろまでごろごろ出来るから元は取ってるかも。
明日のマリンディ行きの交通手段もわかったし、モンバサ観光と行きましょう。
モンバサの観光名所は「フォートジーザス(FORT JESUS)」という砦。
モンバサの町並みを見ながら、たらたらと砦まで歩く。
このとき砦の入場料が50シリング(400円)でした。
砦の中を見て歩いていると、イクバルで一緒だった一周君と奥さんに、ばったり会う。
この旅行記を真面目に読んでいる人は覚えているだろうが、一周君とは「世界一周旅行中の学校教師」のこと。
彼は、日本から来た奥さんと、ナイロビで待ち合わせしていて、ケニアの東海岸へやってきた。
これはなかなか素敵な旅行計画だと思うよ。

よく夫婦で世界一周をしたとかいう、ホントに馬鹿な話がある。
そういう場合絶対に、どちらかが(おそらく両方とも)大変な我慢をしている。
僕が読んだ、「夫婦で世界一周をした」という記事では、夫は「もう一回してもいい」と答えたが、奥さんは「また行くなら、1人でどうぞ」という答えだった。
つまり、この夫の方は、「奥さんに頼りきりで、世界一周をしたバカヤローだった」ってことね。

せっかく長い旅をするのに、最初から最後まで、同じ人と一緒なんて、ありえない話だ。
夫婦や恋人と長期旅行をするのは、旅行好きのすることではない。
だって、夫婦で一緒に旅をしていたら、「旅の出会い」がなくなるからね。
夫婦や恋人同士で旅をしたら楽しいだろうと考えるのは、人生で一度もモテたことのないクズ野郎の妄想。
同じ異性と、2週間も一緒だったら、絶対にケンカする。
1か月も一緒なら、なにしろ朝から晩まで常にそばにいるわけで、心の底からイヤになって、別れることになる。
夫婦やカップルで、長期旅行をしても、互いにイヤにならなかったとしたら、精神的におかしい。
長期旅行に出ずに、精神病院に入院した方がいいでしょう。

一人旅をすれば、たくさんの出会いがある。
正直に書いても信じてもらえないような、スゴイ話がいくらでもある。
それを僕は、体験、経験しているから、ズバッと言えるわけだが。
海外個人旅行では、次々と出会いがあるのだから、全部受け入れていたら、いくら体力があっても、体力が持たないくらい疲れてしまうよ。

僕の旅行記でも、いろんな出会いが書いてある。
でも、本当になにをしたか、どういうことがあったか、ネットでは明らかにしてません。

というのは、海外旅行で、ある時期にある場所にいた人は、友人や家族なら、カンタンに特定できるからね。
それに、正直になにがあったか書いたら、旅行記ではなくて、エッチ雑誌の体験手記になっちゃうし。
また男女のことだけではなくても、興味深い人と出会ったとき、自分のパートナーがいたら、彼女を放って、深い話は出来ないよ。
人と人との出会いは、個人対個人のものなので、2人で旅をしていたら、旅の本質である、旅の出会いはなくなってしまうってことね。

だから、長期旅行者は、必ず、個人旅行をするもの。
旅は、人を哲学者にする。
哲学者が、自分の恋人や奥さんを、連れているはずがない。
海外個人旅行に、恋人や奥さんを連れて行くなら、それは絶対に失敗する。

それはそれとして、僕がちょっと好きだった(僕は出会った女性の80パーセントは好きになる)、一周君の奥さんと再会できたのはうれしかった。
旅行予定は知らなかったので、全くの偶然。
彼らもラムまで行って、14日まで滞在するとか。
「ラムでまた会おう」と、気軽な言葉を交わす。
「旅先での約束は、守らなくてもいい」ので、これは、ただの挨拶です。
夫婦が旅しているのに、おじさんが割って入るのも、マナー違反だしね。

そのあと、モンバサの町を歩いて、海岸通(MAMA NGINA DRIVE)を通ってみた。
クリケットクラブがあって、クリケットの試合をしているのを見た。

イギリスの植民地だったところでは、クリケットの人気が高い。
これからも、あちこちでテレビ放送を見たりするが、実際に見たのは、このときが最初でした。

あと、海沿いのゴルフコースを眺めながら、たらたら歩く。
人通りがほとんどないので、危険を感じて、散歩は切り上げ。
暗くなる前に、ホテルへ戻って、ベッドで本を読みながら過ごす。
体調も回復したし、何の心配もありません。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx