モンバサからマリンディへバス移動して、「ギラニスホテル」に泊まり、明日の「ラム」行きの切符を買う。@モンバサ〜マリンディ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月11日、モンバサの中心地にある白亜の「キャッスルホテル」で目覚める。
1泊725シリング(5800円)するから、まあまあのホテルだ。
ただ、さすがアフリカというか、いい加減な建築だった。
それは、正面階段のステップの一番下が、他より低かったこと。
だから、普通に歩いていると、階段の一番下で、カックンとひざが折れてしまって、キモチ悪い。
それも、一泊だけなら我慢できます。
2度と泊まらないから。
そういう客が多かったのでしょう、キャッスルホテルは、いまネットを見ても見つかりません。
ホテルでゆっくりしようと思っていたが、朝早く目が覚めてしまう。
これは当然で、僕は海外旅行中は、夜更かしをしない。
夜に街歩きをすることもない。
それは、基本的に、危険だから。
夜遊び自体が基本的に嫌いで、お酒を飲んだり、食事をしたりするのも、まだ明るい午後のうちだ。
これは、夜がそれほど危険ではないヨーロッパの、ロンドンやパリでもそうだった。
その根本的な理由は、僕は夜に、一人でいることが好きだから。
ホテルの部屋で、1人になって、その日やったことを反芻し、明日の予定を考える。
食事は午後に済ませているので、夜はビールでおつまみを口にする程度。
1人部屋なので、本を読んだり、あれこれ考えたりする。
この時間がとても楽しい。
僕は、夜に、自分の部屋で、一人でビールを飲んで、これまでの旅を振り返り、これからのことを考えるのが好きだ。
海外旅行をしていると、乗り物の出発時間で、早朝に起きなければならないことが多い。
列車が鉄道駅を午前7時に出発するなら、準備や何かで、ホテルで起き出すのが、午前5時は普通だ。
だから、朝早く起きることに、身体が慣れている。
ナイロビのイクバルホテルに滞在していたころは、朝早く起きても、意味がなかった。
イクバルホテルが動き出すのは、午前9時ごろからなので、僕はいつも午前8時に起きて、9時ごろからお昼まで、1階のレストランでぐーたらしていたんだ。
だから、、僕の身体は、「旅行モード」ではなくて、「滞在モード」だったわけね。
ナイロビからモンバサに来たときに、体調がおかしくなったのは、このモードの切り替えがうまく行ってなかったのだろう。
7月11日の朝は、すでに旅行モードに入っていたのか、朝早く起きてしまった。
モンバサの町を、散歩に出る。
今日も快晴で、暑くなりそうな予感がするが、まだまだ朝のさわやかさが、残っている状態。
すると道端で、屋台を出している黒人のアクセサリー屋を発見する。
時間潰しで話をしているうちに、うっかり、コインのアクセサリーを買ってしまった(80シリング/640円)。
この詳しい話は、僕がこのあと、ヨーロッパから北アメリカに渡り、ロサンゼルスの「ホテル加宝」に滞在したときに書いている。
それが、『1989/01/10 ケニアでのアフリカ黒人との値切り交渉を思い出し、ネックレスを送るための封筒を買う』です。
このエピソードでもわかるが、長期旅行で買い物をすると、品物をずーっと持ち運ぶことになるので、最初から買わない方がいい。
このアクセサリーは、7月11日に買って、翌年の1月11日まで、バックパックの中に入ってたわけだ。
半年間も持ち運んでいた。
640円払って、不要なアクセサリーを半年も運んでいたなんて、考えてみれば無駄だったなー。
お土産として重宝したのが、中米グアテマラのパナハッチェルで買った、ミサンガだったね。
これは、軽くて安くて量があったので、出会う人に気軽にプレゼントしてたよ。
つまり、長期旅行では原則としてお土産は買ってはいけない。
買うとしたら、安くて荷物にならず、誰にでも気軽にプレゼントできるものに限るって事かな。
さて、モンバサの朝は、ムダにだらだら過ごして、部屋を出る前には、もう一度バスタブに浸かった。
日本を除いた世界中で、バスタブのあるホテルというのは、高級ホテル。
海外の中級ホテルでは、バスタブはなく、シャワーだけが多い。
それに慣れていると、時々はバスタブにゆっくり浸かりたくなるもの。
でも、長期旅行している場合は、身体がシャワーだけの生活に慣れている。
下手にバスタブに浸かりすぎると、気分が悪くなる。
これは本当に注意した方がいいです。
僕もバスタブに浸かりすぎて、頭がふらふらして、気分が悪くなったことが、何回もあります。
昼前にホテルをチェックアウトして、確認しておいたバス乗り場へ歩く。
マリンディ行きのバス(TANA RIVER BUS)に乗って、マリンディへ到着。
この時代、モンバサからマリンディへ行く途中で、そんなに広くない川を、バスごと台船に乗せて渡った。
ちょうど中間くらいの場所だったので、気分転換にもなり、休息にもなり、アフリカっぽくて、いい感じだったよ。
おそらく今頃は、日本の援助か何かで、立派な橋がかかっているでしょう。
バスは2時間程度で、マリンディのゴミゴミした街角へ到着。
目についた安宿へ入ってみると、ベッドに蚊帳が張ってあったが、その蚊帳に蚊の死骸がびっしり。
海岸通りへ歩いて、目についた、「ギラニスホテル(GILANI'S HOTEL)」にチェックイン。
ちなみに、安宿では、料金の交渉をするのが原則。
僕も一部屋125シリングの言い値を、120シリングに下げました。
このホテルのベッドにも、蚊帳が張ってある。
もちろんマラリアよけです。
僕は、アテネの保険所で、マラリア薬をもらってた。
ケニア滞在が長くなったので、別に薬局でマラリア薬を買って、一週間に一度飲んでました。
高原地帯のナイロビでは、まずマラリアの心配はない。
だから、高級サファリツアーで、ケニアに行く場合、マラリアの心配は不要です。

ただ、海岸方面へ行くと、ベッドには必ず、蚊帳が張ってあります。
僕はアフリカを旅するときは、必ず、マラリア薬を服用してました。
マリンディには桟橋があり、そこで夕陽を見て過ごした。
近くのバーで、ビールを飲んで、黒人バーテンダーと話をした。
話の内容は覚えてないが、わざわざ旅行ノートに「バーの男は親切(いいやつ)」と書いてあります。
マリンディは、適当な大きさの町で、観光客向けの店もあり、いいところだと感じた。
ただ、僕は明日朝、「ラム(LA,MU)」へ向かいます。
切符はこの日に、ホテルで買いました。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx