マリンディの「ギラニスホテル」に2度目に泊まると、お馴染みさんモードで落ち着く。明日のスノーケリングツアーに申し込む。@モンバサ〜マリンディ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月16日、モンバサの「ホテルスカイウェイ」で目覚める。
今日も快晴で、朝からスカッと晴れている。
ケニア東海岸は、ビーチで遊ぶには最適の時期かもしれない。
でももちろん、日によって場所によって、風が強かったりするわけだが。
僕のラムの印象がよくなかったのは、シェラビーチに行った日が、風が強くて、砂が飛んでいたから。
でも、別の日に行ったら、とてもステキな砂浜で、ゆったり過ごす経験ができたかもしれない。
わざわざ高い航空券代を払って、海外の美しいと評判のビーチへ行って、天気が悪かったら、最悪だよ。
実際僕が別居(から離婚)のきっかけとなったのも、南太平洋のフィジーへいったら、天気が悪くて、連日雨が降ってたせいなんだから。
その逆に、少々夫婦喧嘩をしていても、旅先の天気がよくて、陰気な気分になれないところなら、夫婦仲は回復する。
これは、夫婦2人でバリ島へ行ったときだった。
バリ島は、たとえ雨が降り続いても、バリの芸能や文化など、それなりの楽しみがある。
でも、例えばモルジブやタヒチなんか、海しか楽しみがないところへ行って、天気が悪ければ最悪だ。

カップルでビーチへ行くときは、天気が悪かった場合のことも考えておくのがいい。
楽しみがビーチしかないところへ行くと、雨で降り込まれたときに、どうしても落ち込んでしまうからね。
その点、僕のように、離婚をして、寂しい一人旅に慣れていれば、雨が降ろうが、嵐が来ようが、平気だ。
それなりに、運命を受け入れて、ささやかな喜びを見つけることも出来る。
例えば僕は、この世界一周旅行の終わりごろに、南太平洋のラロトンガ島へ行ったが、天気が悪くて雨が降り続いていた。
でも、雨の合間を縫って、自転車を飛ばして、礁湖で海に浸かって、夕陽を見た思い出を作れたよ。
だから本格的な長期旅行をするためには、「不幸であること」が大事な条件かもしれないね。
今日は、バスでモンバサからマリンディへ行って、海辺に立つ「ギラニスホテル」に泊まる。
前回と同じことをするだけだが、一度やったことなので、不安は全くない。
海外旅行では、新しいところへ移動するとき、移動自体が未経験で、また移動先での宿探しが、常に心配だ。
最初は不安だが、同じことを二度目にやれば、心配はない。
しかし逆に、新鮮な驚きや面白さは、減ってしまうね。
海外旅行では、新しい経験を積み重ねていく。
その経験が、直接他の何かの役に立つわけではないが、ホンのちょっとだけ賢くなる。
それと、いろんな体験をしているので、どんなことが起きても、たいして気にならない。
どんなことが起きても、たいして驚かなくなる。
あわてることはないが、それで現実生活の問題解決が出来るわけではない。
ただ、どんなことが起きても、気にならないだけだ。
7月16日は土曜日。
マリンディへ出発する前に、両替をしようとしたが、今日は銀行が閉まっていた。

聞くと、月の最初と最後の土曜日は、銀行が閉まっているとか。
それも予期して、ある程度多めに現地通貨を持っていたので、問題ない。
マリンディ行きのバスに乗る。
前回よりもバスはぶっ飛ばした感じだったが、マリンディへ着いたのは2時間半後でした。
海岸に立つ「ギラニスホテル(GILANI'S HOTEL)」へ直行して、前と同じ3階の海を臨む部屋にチェックイン。
ホテルの太った黒人のおばさんは、僕と会えてニッコニコで喜んでくれた。

しかし、だからといって値引きをしてくれるわけでもない(この時は僕も、値切り交渉はしなかった)。
料金も、前回値切ったままの、1泊120シリング。
もうどこかへ行くという目的もなく、あとは、8月はじめにナイロビへ戻り、8月5日にカイロへ飛べばいいだけ。
部屋に落ち着いて、3階のベランダから、雄大なインド洋の広がりを見る。
水着に着替えて、ホテル前のビーチで、軽く泳ぐ。
近くのレストランで、海を見て、ステーキを食べてワインを飲んだ。
「何もする必要のない、静かな時間があれば、それでいい」と、思う。
タスカービールを飲みながら、トレバニアン(TREVANIAN)の「シブミ(SHIBUMI)」というペーパーバックを読んで過ごす。
ホテルのバーでビールを飲んでいると、アルフレッド(ALFRED)という黒人が話しかけてきた。
彼は、観光客相手に、ツアーの客引きをしているようだ。
明日のスノーケリングツアーに誘われる。
観光客がすでに何人か集まっているそうなので、試しに参加することにした。
マリンディでは、何もしないでのんびりしようと考えていたが、何かしらやることはあるようだね。
ま、ビールを飲んで本を読んで、海を眺めて過ごせるだけでも、十分ステキな生活ですが。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx