『朝8時半にケープタウンに到着し、観光案内所でケリー嬢にメトロポールホテルを紹介してもらう』

【トランスラックス(TRANSLUX)バスでヨハネスブルグからケープタウンへ】
ケープタウンへのトランスラックスバスが、ヨハネスブルグ午後3時発、ケープタウン到着が翌朝8時45分の予定。
料金は310ランド。

1996年のこの時期、1ランドは25円見当なので、約7500円。
バスに乗るだけにしては、結構な値段だよね。

ヨハネスブルグのバスターミナルで、バスの出発を待っているときに、インド人の金持ち美人妻と話が弾んだ。
彼女も若いころ世界一周をしたかったが、結婚して子供も出来たので、もう無理だという話。

僕は「世の中、先のことはわかりませんから、ひょっとしたら離婚して、慰謝料をたっぷりもらって、世界一周に出る可能性もありますよ。諦めることはないですよ」と、慰めてあげる。

バスの席は指定席ではなく勝手に座ってよかった。
僕の隣にウィルマという黒人の女子大生が座ったので、つい話を始めた。

なぜか成り行きで、バスの中で、彼女に英語で日本語を教えて時間を潰した。
夜9時にキンバリー着。

ウィルマは、なぜかホッとした雰囲気で、キンバリーで降りる。
僕はそのままバスで寝る。

明け方に山道に入り、トンネルを抜けると、雨が降り出した。
これは、1996年の7月4日のこと。

南アフリカではもちろん冬だ。
ケープタウンは冷たい雨がしとしとと降っていた。

朝の8時半に、ケープタウン鉄道駅横のバスターミナルへ到着。
ヨハネスブルグからケープタウンまで、17時間半かかったというわけだ。

まあ、普通の旅行者は、こんなバスには乗らないよ。
南米でも、中国でも、17時間のバス移動ならば「寝台バス」が走るよ。

でももちろん、南アフリカでは、そんな長距離をバスで移動する方がおかしいのだろう。
だって、飛行機もあるし、ここは有名なブルートレインも走っているところだからね。

バスターミナルのビルにある観光案内所に飛び込んで、ケリー嬢に安宿を聞く。
すると、僕の身なりを見て、90ランド(2千円ちょっと)のB&Bを紹介してくれた。

ただ、このB&Bは、ちょっと郊外にある。
僕にとっては、もちろん町の中のほうが何かと便利だ。

というのは僕は、ケープタウンからどこかへ飛ばなければならないからね。
とにかく脱出のための航空券を捜すのが第一だ。

すぐ近くのロングストリートの「メトロポールホテル(Metropole Hotel)」に決めた。

【メトロポールホテル、3階の17号室】
観光案内所でホテルの予約をしてもらった。
シングル170ランド(約4千円)。

観光案内所のケリー嬢に44ランドのデポジットを払い、ホテルで残りの126ランドを支払う。
部屋は、シングルとはいってもダブルベッドの部屋で、バストイレ付き。

またテレビもある。
部屋代にはバイキングの朝食もついている。

場所的にも駅にもバスターミナルにも近く、なかなか快適だ。
とにかく外が雨で寒いときは、暖かい部屋に閉じこもれるだけで幸せだ。

僕は、17時間のバスのたびの疲れを癒すために、熱いシャワーを浴びて、とにかくベッドにもぐりこみました。
でもとにかく、午後には、ケープタウンのダウンタウンを歩かなければなりません。

注:「地球の歩き方・南アフリカ'08-'09」をみるとこのホテルはまだ存在してました。
ただ、改装して値段が上がって、シングルでも1万円以上になったようです。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20081127