ラバトからマラケシュへ鉄道で4時間。客引きにうるさく付きまとわれながら、フナ広場のCTMホテルへ@マラケシュ/モロッコ

【フナ広場@マラケシュ(2008)/photo by pinoko
マラケシュの中心「き○○い広場」と呼ばれていた、ジャフナ広場。
現在はフナ広場と呼ばれているが、1980年代は一般的には日本人旅行者の間では「ジャフナ広場」と呼ばれていた。

正式には「ジャマ・エル・フナ広場」というらしい。
一世代前の旅行者は普通に「ジャフナ広場」と呼んでいたのは、「地球の歩き方」に書いてあったからかな。

これは、ちょうどタイの「サムイ島」を「コサムイ島」と呼んでいたようなもの。
タイ語では「コ」が「島」を表すらしく、それがわかってからは「サムイ島」となった。

パタヤビーチの沖にある島「コーラン島」が「ラン島」へ、パタヤからちょっと東へ行った「コサメット島」が「サメット島」に変わったのも同じことだ。
しかし、若い旅行者がフナ広場と呼ぶところを、敢えて「ジャフナ広場」と呼ぶことで、逆に旅行経験が豊富である、という証明にもなるってわけなんだよ。
ここは若い、旅行経験の少ない人たちも一つ気張って「ジャフナ広場」といって欲しいね。
だって、京都の金閣寺は「KINKAKUJI-TEMPLE」であって、「KINKAKU-TEMPLE」じゃないと思うしさ。
と思って海外のサイトをチェックしてみたら、最近は「KINKAKUJI」でだいたい統一されているようだが(笑)。
それはそれとして、世界旅行者はラバトから一気にマラケシュへと鉄道に乗る。
といっても、ラバトからマラケシュまでたったの4時間だ(カサブランカからマラケシュまで3時間程度)。
バスなんかで行くよりも、列車に乗った方が、ゆったりしていて、とても気持ちがいいね。

昼ごろにマラケシュ駅に到着、マラケシュ駅から旧市街のフナ広場まではちょっと歩きがある。
いまなら、普通の観光客はタクシーに乗るだろう。
しかしバックパッカーとしては、タクシーに乗ったりせず、自分の脚で歩くことに意味がある。
迷いなく、バックパックを背負って歩き出す。
マラケシュの駅を出たとたん、若者のガイドに捕まる。
歩きながら、「どこへ行くんだ」「ホテルを紹介する」としつこい。
「泊まるホテルは決まっている」「ガイドは要らない」と言っても、絶対に離れようとはせず、とうとう広場まで着いてきちゃったよ。
ただ、僕はすでにインド旅行の経験があるので、しつこく話しかけられたり、付きまとわれたりすることには免疫がある。
僕は、「僕は絶対に話に乗らないんだから、時間の無駄だよ」と、付きまとうガイドを気の毒に思っている感じ。
よくいる日本人旅行者のように「ホテルをどこにしたらいいか心配だなー。ガイドの言うホテルを見てみようか」などとは思わない。
それは、自分で捜した方が、楽しいからなんだよ。
また、よくいる日本人旅行者のように「僕はモロッコのガイドと友達になった。僕は他の人とは違う個性的な日本人だ」などと思ったりもしない。
一応駅から旧市街までは、特に変化のないつまらない通りだった。
が、さすが旧市街に入り、フナ広場へ行けば、さすがモロッコの怪しげな雰囲気がするね。
僕は、フナ広場に面した一応有名でありながら適当な値段の「ホテルCTM」へと、さっさと入っていく。
部屋があるのですぐにチェックイン。
これで一応ガイドは振り払ったんだけどね。
しかし別にガイドが悪いってことじゃないんだよ。
客引きのガイド程度ならば、別に強盗でも強姦犯でもない(下手に親しく付き合っていると、強盗や強姦犯に変化する可能性はある)。
ガイドに着いて行ったら、もっと安い宿を紹介してくれるかもしれない。
ワガママな世界旅行者は、人にくっついてこられて、いろいろ口を出されるのがイヤなだけなんだ。
旅人によっては、新しい町でガイドと一緒に宿を探すのが好きな人もいるわけなのね。
それはそれでいいんだけど。
しかし、マラケシュのフナ広場、ここは確かに変わっていた。
そのころは、ここまで来る日本人旅行者は、普通の人間ではなかったよ。
1988年の春は、卒業旅行でヨーロッパ1か月程度の旅は、とてもポピュラーだった。
ヨーロッパ1か月だと、普通はイギリス、フランス、スイス、イタリアの観光名所を見て回る程度だ。
鉄道でピレネー山脈を越えて(この時代はヨーロッパ内で飛行機を使うことはほとんどなかった)スペインに入ると、ヨーロッパとはガラッと違った気候や人の雰囲気に、なかなか個性的な旅行の感じがした。
スペインからジブラルタル海峡を越えて、モロッコへ入ると、それは大冒険旅行だよ。
だって、アフリカなんだから。
あえてモロッコまでやってきて、マラケシュのフナ広場へ来る日本人旅行者は、だから興味深かった。
僕が泊まったCTMホテルの表のテーブルでフナ広場を見ていると、日本人がすぐに見つかる。
日本人が見つかれば声をかける。
この時代にマラケシュのフナ広場でうろうろしている日本人には、それぞれ語るべきことがあったからね。
モロッコへ来た連帯感があるので、すぐに友達になれた。
また、フナ広場の夜は、屋台で埋め尽くされるので、毎日が、お祭の夜みたいな雰囲気。

【夜のフナ広場@マラケシュ(2008)/photo by pinoko
そのせいか、フナ広場で出会った人のことはまだはっきりと覚えている。
そんなに長くはいなかったんだけどね。

僕が海外旅行の意味を考えるのは、フナ広場を見るCTMホテルに泊まってたことを思い出すときだ。
普段の生活では、何年も前の1日1日のことは思い出せない。

でも、僕は、あの日に出会った人、交わした言葉なんか、まだ覚えているんだ。
実は、この時期、僕はまだ旅行の記録をつけていなかったんだけれど…。

だから、旅は意味があるって思うんだよね。

(この話は、もちろんまだ続きます)

【写真】マラケシュのフナ広場の昼と夜
【旅行哲学】フナ広場の想い出は一生僕から離れない財産だ
moroccoalgeria tunisia africa index
xxx