『マラケシュから私営バスでカサブランカへ移動して、アルジェへのフライトの準備をする』@カサブランカ/モロッコ

【マラケシュ・フナ広場(2008)by pinoko
スペインのアルヘシラスからモロッコのタンジェにフェリーで渡り、そのまま鉄道でカサブランカへ入ったのが1988年3月6日。
カサブランカで、アルジェリアのビザを取って、ラバトへ移動。
ラバトで少し身体を休めて、メクネス、フェズ、と旅をして、またラバトへ戻った。
続いて、いよいよ3月12日に、この時代のモロッコ旅行者すべての目的地、マラケシュの「フナ広場」へと、僕は到着する。
この時代のモロッコ旅行は、日本人は、ヨーロッパから流れてくる人がほとんど。
バブルの時代で、卒業旅行の学生は大企業への就職は簡単に決まり、ローンを借りてヨーロッパ旅行に出るのが常識だった。
ジブラルタル海峡をフェリーで越えて、モロッコに入り、鉄道でたどり着く伝説に満ちたアラブの町。
異文化の花が開き、官能的な音楽が響いて、メディナの細い曲がりくねった路地で、人は自分が何者かを忘れてしまう。
バブル時代の日本人は、すべてが可能で、その前途は無限に開けていると感じていた。
日本という国は、お金で世界を支配するし、支配できると思い込んでいた。
たとえ何も努力をしなくても(笑)。
だから、お金だけは入ってきたが、それをどう使うかなどとは考えない。
ただひたすら、バブルに踊って、企業は世界中へ進出し、世界中のものを買いあさり、夢に酔っていた。
それはもちろん大間違いだったわけだが。
マラケシュという名前が極東の島国でしかない日本でも、憧れの地として自然に受け取られる時代。
時代と寝ていた松田聖子も、「Marrakesh マラケッシュ」という歌を歌った。

松田聖子の「マラケッシュ」の発売日が、僕がモロッコを旅した直後の1988年の4月14日で、日本のヒットチャートで一位になった
僕は旅を続けていたので、マラケッシュという歌が出たことも、それがヒットしたことも知らなかった。
マラケッシュは、世界旅行者がマラケシュへ行ったことを記念して企画され発売された、と一部事情通の間では噂されているようだ。
それが真実かどうかについては、まだ関係者も生存していることでもあり、僕は沈黙を守ることにします。
僕がマラケシュにいたのは、3月12日から15日までの、4日だけだった。
しかも、その中の1日を潰して、ワルザザート(QUARZAZATE)へ日帰りしたんだから。
思ったよりもマラケシュでは日数を使えなかったが、心残りはない。
だいたい、フナ広場ではお酒が飲めないのが、きつかったね。
ちょっと歩いて高級ホテルへ行けば、ビールは飲めるんだが。
面白い人と出会い、おいしい屋台料理があって、話が盛り上がっているのに、ビールがないとちょっとがっかりする。
フナ広場では、いろいろと興味深い人たちと出会った。
その中の1人とは、これから先、また、とんでもないところで再会することになるわけだが…。
僕はカサブランカで、アルジェリアのビザを取っている。
そうして、3月16日には、アルジェへ飛ぶ航空券も手にしている。
16日の午前9時40分にカサブランカを発つフライト。
だから、15日のうちに、マラケシュからカサブランカへ移動したほうがいい。
カサブランカでは、アルジェリア領事館へ行ったりして、町もわかっているので、とっとと移動することにした。
ところが、公営のCTMバスがなくて、私営バスに乗ってしまった。
別にバスが悪いというのではないが、たまたま隣に座ったのが、メチャ肥ったアラブ人のおじさん。
僕も、肩幅だけは広いので、身体を斜めにしたまま、4時間我慢しました(涙)。
マラケシュを午前9時に出て、午後1時にバスはカサブランカに到着。
バスを出ると、バスの席で縮こまっていた身体を解放して、背伸びをする。
カサブランカの町へ出て、一応ホテルを適当に、二軒ほど当ってみた。
ただ、ホテルの雰囲気が良くなかったね。
値段は100ディルハム(1400円)程度だったんだが。
それならば、以前泊まっていた「ホテルプラザ」のシングルルーム(93ディルハム)の方がいい。
ホテルプラザに入ると、スタッフは僕のことを覚えていてくれて、とても気持ちのいい応対だ。
チェックインして部屋にバックパックを置いて、僕は街へ出る。
まず、モロッコ航空へ行って、僕のフライトの確認をする。
これは予約が入っているかということと、フライトが明日予定通りに運行するということを確かめたかったわけだ。
次に、カサブランカから空港へ行くリムジンバスの場所を確認した。
空港行きのバスは、午前5時半から午前8位までは、30分ごとに出ている。
そのあとは、午前9時から23時まで、一時間おきに運行している。
料金は、20ディルハム(3百円程度)で、空港まで45分かかるという。
つまり僕は、カサブランカに来て、明日のフライトの確認をして、空港へのバスを調べた。
すべて問題ない。
あとは、特に用事はない。
とすれば、先日、食事をしたレストランへ行って、またステーキを食べて、ワインを飲みましょう♪
ただ、出発間近になると、モロッコディルハムへ両替する額が、問題になるんだよ。
その国の通貨はその国の中で使い果たすのが、上手な旅行者だからね。
20英ポンド(この時期約5千円程度)のトラベラーズチェックを、モロッコディルハムに両替する。
そのお金を持って、先日行ったレストランで、またステーキとワインの食事をしました。
年老いたウェイターに「明日モロッコを出る」と言う。
彼は、「また、いらっしゃってください」と答える。
僕は、「ビエンスュール(もちろん!)」とフランス語で答える。
もちろん僕は、もう2度と、モロッコに来ることはないと、思っているのだが。
でもそう答えるのが、旅人のマナーだと、知っている。
morocco algeria tunisia africa index
xxx