マリンディゲストハウスのスタッフと@ザンジバル/タンザニア

【マリンディゲストハウスのスタッフと@ザンジバル】
タンザニア沖の島ザンジバルは、その北のモンバサ、マリンディ、ラムなどとともにイスラム商人の商業基地だった。

ここには奴隷貿易基地もあった(ザンジバルのプリズンアイランド)。
ザンジバルは奴隷貿易、香料貿易の中心だったので、ザンジバルを支配していたオマーンはその首都をザンジバルに移したこともある。

タンガニーカ本土は第一次世界大戦までドイツ領だった。
ドイツの敗戦によって、国際連盟はタンガニーカを英領とした。

タンガニーカは、「アフリカの年」の1961年に、初代大統領ニエレレの下で独立を達成。
1963年に、ケニアとザンジバルがそれぞれ独立。

僕の記憶によれば、東京オリンピックの開催された1964年にアフリカ本土のタンガニーカとザンジバルが合併して、東京オリンピックの閉会式で「タンザニア」となったはず。
そんなので盛り上がった記憶があるからさ。
ま、テレビ局に騙されてたのかもしれないけれど、昔は純情だったので、そのまま信じている。

アフリカ本土のタンガニーカはドイツ領のあと、イギリス領となったがあまり利用価値はなかったようだ。
ザンジバルは遠い昔から、アラブ人の交易拠点として歴史に名を残しているのだから、全く別の歴史的背景を持っている。

ザンジバルには日本人の売春婦がいた宿もあっていまも残っている。
アフリカで有名なのでは、他に、マダガスカルにも日本人娼婦がいた。

つまり、日本女性のセックス好きと、冒険心は昔から発揮されていたんだよね。
しかし日本人男性は、日本国内で畑を耕して、村祭りで酒を飲んで騒ぐことくらいがせいぜいで、地味に暮らしていました。

長期海外旅行をすればわかるんだけれど、今でも本当にビックリするような旅をしているのは、日本人なら女の子の方なんだ。
日本人の男性は、ヘタな旅行自慢は多いが、本当にすごい旅はしていないものなんだよ。
だから僕は、日本人の男性はどうでもよくて、日本女性が大好きなんだけどね。

僕が1988年にナイロビにいたとき、伝説の日本人宿「リバーハウス」に、ほとんど毎日顔を出していた。
この時期、リバーハウスには旅行者が入れ替わり立ち代りやってきて、話をするのに飽きなかったからね。

そこにやってきた格好いいカップルが、ちょっとザンジバルへ行って戻ってきて、それがなかなか印象的だった記憶がある。
だから、僕が1996年にアフリカを縦断すした時には、とにかくザンジバルには寄るつもりだったんだ。

僕はナイロビからモンバサ経由でザンジバル空港に着いて、「Lonely Planet Africa」にあった「Malindi Guest House」に行こうと思う。
地図を見ると、この宿はザンジバルの町ストーンタウンでも船着場に近くて、何かと移動に便利だろうと考えたから。

空港からのピックアップトラックは、いっしょだったフランス人美女を「ホテル インターナショナル」へ落として、ストーンタウンで止まる。
ピックアップが止まると、すぐにガイドに捕まってしまう。

僕がマリンディゲストハウスへ行く、と言ってるのに、別のホテルを紹介するということで、何軒か引き回される。
ただ、それほどしつこくはない。

インドのリキシャーマンやモロッコのガイドを体験している僕から見れば、ザンジバルのガイドはなかなかちゃんとした人たちだったよ。

僕も、まだ早い時間だし、ザンジバルのストーンタウンの迷路を、ガイドつきであちこち見てまわれるのがいいと、付き合っていた。
最後はマリンディゲストハウスへ連れて行ってくれたしね。

マリンディゲストハウスは、部屋もとても清潔で、スタッフも気さくで、気配りが行き届いていた。
ベッドにはキレイな蚊帳がかかっていたしね。

【マリンディゲストハウスの蚊帳付きのベッド】
ただ、部屋が15ドルしたのは高かったかな。
シングルの部屋が埋まってて、ツインを1人で使ったからだけどね。
もちろんツィンの部屋の方が大きくて、気持ちよかったけどさ。

このホテルで特に覚えているのが、プリズンアイランドで泳ごうとして、自分の貴重品をホテルの金庫に預けようとした時のこと。
なんと、僕の貴重品バッグの中身をすべて取り出して、いちいちリストアップして、紙に書いて、確認したからね。

このとき僕は、ものすごい金を持っていた(だって2度目の世界一周のつもりだったから)ので、それを数えるのがちょっと恥ずかしかったよ。

でも、金庫(or Safety Box)に貴重品を預けるのに、中身を全部チェックして、リストアップしたというのは、この安ホテルが最初で最後だった。
中身を全部チェックするので、時間がかかるのが面倒だったが、このときもホテルのスタッフを世間話をしてノンビリやってたよ。

きっとその前に、金庫に預けたバッグの中身がなくなったとか、そんなトラブルが起きてたんじゃないかな。

チキン屋のおじさんも、ホテルの人たちも、客引きのビーチボーイたちも、ザンジバルではみんな優しかったね。

でも僕は、長居をせずに、アフリカ本土へ渡り、それからケープタウンまで陸路で下って行ったんだけどさ。


ザンジバルとタンガニーカの歴史 → http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/syometsu/tanzania.html


【写真】マリンディゲストハウスのスタッフ
【旅行哲学】ザンジバルは結構みんな親切かもよ。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20050621