ギラニスホテル(Gilani's Hotel)@マリンディ/ケニア

【僕が泊まっていたギラニスホテル@マリンディ(1988)】
最近のアフリカ旅行というのは、アフリカ縦断とかいって、ただ名目だけ派手になってきた。
アジア旅行では自慢できなくなった、中途半端な旅行者が旅行自慢のためだけに、無理な旅をしているようだね(涙)。
でも、そういう見かけだけの旅行は、しょせん子供だましで、本物ではない。
と、世界旅行者先生様がズバリ!指摘しておこう。
旅とは、ただ急いでアフリカを縦断したり、アジアを横断したりして、自慢するだけのものではないよ。
どこかでダラーンと沈没することも大切だ。
ただ、どこで沈没するかによって、旅行者の思想がわかる。
バンコクやイスタンブールのような、日本人だらけのところで、日本人旅行者とワイワイやっていたら、「ただのさびしがり屋の日本人」でしかない。
世界旅行者なんかになると、ケニアのナイロビにグターッと長期滞在していた。
それに飽きたとたん、鉄道でモンバサへ移動し、そこから、バスでマリンディ、ラムと移動し、軽飛行機でモンバサへ戻ってきた。
それから、さらに、マリンディのビーチで、たった一人長期滞在していたんだから。
マリンディからワタムへも、ローカルバスで行ってみたりしてさ。
写真は、僕が長期滞在していたマリンディの「ギラニスホテル」。
海に面した三階建てのホテル。
ベランダのある、三階の向かって左から二番目の部屋にいたんだ。
部屋はけっこう広くて、トイレ、シャワー完備、ベッドには蚊帳がついていた(マラリア除けね)。
1987年のケニアシリングは、1シリングが8円と考える。
値切って1泊120シリング、つまり960円。
朝は近くのモスクからのコーランを詠む声(アザーン)で起きる。
ケニアの東海岸なので、朝日が差し込むベランダへ出て、静かな海を見る。
なかなか快適だった。
問題は、ホテルのマネージャー、太った黒人のおばさんが、顔を合わせるたびに、いつも僕に「部屋代を払え」ということ。
部屋代を払うのはいいんだが、このおばさんは、領収書も出さないし、宿帳に払ったと書かないんだ。
だから僕は、ちゃんとノートにつけさせるのが、面倒だったよ。
「ミスターニシモト、ノープロブレム」と言う。
そっちは問題なくても、僕は問題なんだからさ(笑)。
ちょっと北へ歩くと、そこはヨーロッパ人向けのリゾートホテルが並んでいた。
8月というのはシーズンオフ?なのか、ただホテルに客がいなかっただけか、ガラガラだった。
僕は「ブルーマリーンホテル」へ良く通ったな。
このホテルは、お金を払えば、プールだけを利用させてくれたんだ。
僕以外は誰もいない芝生に囲まれた丸いプールの横に、デッキチェアを置いて寝転ぶ。
ノンビリとビールを飲んで日向ぼっこをして、時々、プールへキレイに飛び込んだものだ。
芝生には時々トカゲが歩いていたりしたよ。
夕暮れ時になると、ホテルからビーチの砂浜を歩いて、ギラニスホテルへと戻っていった。
近くのシルバーサンドビーチでは、ウィンドサーフィンもやった。
スノーケリングツアーの客引きと友達になって、何回か行ったっけ。
夕方にホテルの前のビーチに肩まで浸かって、ホテルと椰子の木の向うに、日が沈んでいくのをじっと見ていたね。
砂浜には小さな蟹の穴がたくさん開いていて、蟹さんを追いかけて過ごしたこともあったよなー。
このホテルでも、マリンディの道でも、興味深い日本女性と出会った。
1人は失語症のように、言葉が出てこなかった。
ビーチのピザハウスで、ワインとピザの夕食を取って、隣同士の部屋に戻った。
でも何もなかった。
そんなことが考えられないほど、僕の心は静かだった。
でもそれも、遠い昔のことだ。
【写真】ギラニスホテル@マリンディ/ケニア
【旅行哲学】シーズンオフのビーチリゾートで本を読んですごす、すると旅行哲学者になれるかもね。
uk greece turkey egypt kenya asia europe world index

xxx