ブルーマリンホテルのプールで泳いで、黒人ガイドのアルフレッドの人生相談に答えて、ビールをおごる。@マリンディ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月26日、マリンディ滞在にも飽きてきた。
そろそろナイロビへの移動を考えなければならない。
ナイロビからケニア東海岸の中心都市モンバサへは、基本的には鉄道だと考えていた。
もちろん飛行機もあるが、長期旅行者として、鉄道と飛行機を比べれば、鉄道を使うのが常識。
でも、一度鉄道を使っているのだから、また同じことをするのでは、面白くない。
ホテルのおばさんに聞いてみると、マリンディからナイロビまでの直行バスがあるという。
それが「マリンディバス」という会社。
街のオフィスに歩いて行って聞くと、午前6時50分にマリンディを出て、モンバサ経由で、午後3時半にナイロビに着けるとか。
僕の経験では、ナイロビからモンバサまでの鉄道が14時間半だった。
モンバサで一泊して、モンバサからマリンディまでのバスが、2時間半。
すると正味の移動だけで、合計17時間もかかっているわけだ。
マリンディバスの話だと、9時間程度でバス移動できるらしい。
速過ぎる気がするが、発展途上国の列車は、あまりスピードが出なくて、バスの方が速いのも常識。
いくら遅れても、ナイロビに日暮れ前に到着するのではないか。
人気の「イクバルホテル」は、昼にチェックインが終わるので、泊まれないだろう。
でも、僕が以前泊まっていた「ヒルクレストホテル」がある。
だから、遅くナイロビに着いたとしても、泊まる場所も問題ない。
問題があるとすれば、バスがナイロビのどこで停まるかってことだが、それは、何とかなるでしょ。
ナイロビの町は、狭いからね。
すでにナイロビ中歩き回っているので、バスがどこで停まろうが、自分の位置ははっきりわかるもの。
ナイロビには大きなバスターミナルがなくて、バス会社ごとに、違った通りから勝手に出発していた。
ナイロビからのバスを使わなかったのは、モンバサ行きのバスがどこから出るのか、知らなかった(わからなかった)せいもあるんだけどね。
しかし、マリンディではマリンディバスの営業所もあることだし、寝過ごしたりしなければ、バスに乗り遅れることもない。
と考えて、明日か明後日に切符を買おうと思う。
昨日17人に絵はがきを出したのだが、無理に考えればまだまだ宛先はある。
何にもすることを思いつかないので、また絵はがきを買って、書いて送った。
今日もブルーマリンホテルのプールへ行って、デッキチェアで「ISAAC ASIMOV THE EARLY ASIMOV T」を読む。
ギラニスホテルに戻ると、黒人ガイドのアルフレッドに会う。
彼はお金がないそうで、「飯をおごってくれ」という。
僕は以前、変な思い込みがあって、人に食事をおごると、上下関係が出来るからイヤだと、断っていた。
でも、ビールならおごってもいい。
旅先で若い旅行者諸君と一緒にしゃべるとき、安いビールくらいは、年寄りがおごるのは当然。
例えば、北京の京華飯店のレストランや、上海のバンドのレストランでもおごったことがあるよ。
東京でも、「お金がないので食事をさせて」と、僕好みの年若い美女から電話がかかってきたとき、「ご飯をおごるのは主義に反するので、お酒のつまみにして」と言ったことがある。
このころまでは、お金がないつらさというのを、僕は本当には理解してなかった。
いまは、お金がなくて苦しい思いを散々してきたので、よーく理解できますが(涙)。
というわけで、アルフレッドには、ビールをおごるというタテマエで、食事を一緒にしました。
人生の悩みも聞いたが、マリンディの黒人ガイドも、日本人の中年旅行者も、人間である限り、悩みにそう大きな違いはないね。

アルフレッドと別れて、ビーチへ出て、ボディサーフィンの真似事をする。
ギラニスホテル前のビーチでは、僕以外泳いでいる人はいなかった。
夕方、太陽が西の空に沈むのを、海に浸かって眺めていた。
ケニア東海岸だから、太陽は、アフリカ大陸に沈む。
僕以外誰もいない海で、1人でアフリカ大陸に沈む夕陽を見ていた。
もうそろそろマリンディ滞在にも、終わりが来た。
一度ここを旅立ってしまえば、もう二度と戻ることはない。
戻ったとしても、いまのこの静かなマリンディは、変わってしまっているだろうからね。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx