マリンディでスノーケリングツアーに参加すると、セスナで一緒だったフランス美人母娘と再会。ツアーのあと、日本人美女があらわれる@マリンディ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月17日、マリンディの「ギラニスホテル」の3階の部屋で目覚める。
今日もさわやかないい天気で、ベランダから見るインド洋も静かだ。
一昨日は、ラムからモンバサへセスナで飛んで、ザンジバルへのフライトを調べたりした。
昨日は、モンバサからマリンディへ、2時間半のバス移動をして、このギラニスホテルへチェックインした。
今日は一日のんびりと、ベランダで本でも読みながら、過ごそうと考えたが…。
そうだ、今日は、スノーケリングツアーに参加することになってたよ。
昨日、ホテルにやってきた黒人ツアーガイドのアルフレッドに声をかけられた。
なんとなく気が合って、世間話をしているうちに、彼のツアーに参加することになった。

あんまり期待はしてないが、ツアーは午前中だけで、昼にはホテルに戻れるという。
それなら、行ってあげてもいいか、という感じ。
僕はマリンディに、最初一泊しただけなので、まだどういうところか知らない。
だから、スノーケリングツアーに参加して、新しい知識を入れるのはいいだろう。
半日しかかからないし。
ギラニスホテル1階のレストランで朝食を取っていたら、アルフレッドがマイクロバスでやってきた。
ホテルの客をピックアップして、ツアーにしているようだ。
ちなみに、この時は知らなかったが、マリンディの北側には、ヨーロッパ人向けの滞在型中級ホテルがずらりと並んでいた。
マイクロバスに乗り込むと、ヨーロッパ人が数人いたが、そのなかに、なんと僕の知ってる人がいたよ。
ラムからマリンディまでセスナで一緒で、軽く話をしていた、フランス美人母娘だ。
向こうも僕もビックリして、ワイワイ話をしながら、海岸へ到着。
スノーケリングツアー参加者は、7〜8人だったと思う。
日本人は僕だけ。
フランス人の母娘、それからザンビアで働いているスコットランド人。
インド人の家族もいたと、旅行ノートにメモしてある。
ボートは2か所に立ち寄った。
一つは浅い岩場(サンゴ礁)の場所。
ここでお魚を見ました。
ちなみに僕は、ダイビングのライセンスを持っている
そのときスノーケリングの練習を飽きるほどしたので、僕はスノーケリングで、ストンと10m潜れる。
足を高く上げて、スーッと真下に潜る(ジャックナイフ形)と、とてもカッコイイ。
ジャックナイフ形で潜れるってことが、「潜り慣れてる」「リゾート経験豊富」「遊び人」「金持ち」という印象を与える。
実際僕は、一時期、そういう生活を送っていたわけだが。
でも、過去に金持ちだったら、貧乏していても品があるから、カッコイイよね。
こういうちょっとしたところで、奥深さを見せられるってところが、僕のすごいところなんだ。
僕がチュニジアのオアシスホテルのプールでジャックナイフ形の潜りをやってたときは、フランス人の子供がビックリして、口をあんぐりあけていたものだ。
次は、砂の丘へ行った。
これは、海の中に砂の丘がわずかに顔を出していて、そのまわりを海草が取り巻いている、

海草を掻き分けながら(小さなお魚さんたちをおいかけたりして)泳いでいって、海面から顔を出したきれいな砂の丘に着くってわけね。
天気もよかったし、海も静かで、とても満足しました。
ちなみに僕の旅行ノートには、「(フランス母娘は)いい身体」とわざわざメモしてあります。
わざわざメモしてあるって意味は、ほんとうにいい身体だったのでしょう。

昼過ぎにツアーは終了。
ツアーには、予想以上に満足。
マイクロバスで、参加者をホテルまで送ってくれた。
疲れたので、ホテルで昼寝。
ケニア東海岸のビーチにたつ安ホテルの三階のベッドに寝ている。
ベランダからは、静かでゆったりとした、インド洋が眺められる。
旅の終わりは、まだまだ遠い先だ。
金には余裕があり、僕はこのときまだまだ30歳代で、体力も好奇心も、十分にある。
ちょっと気になるのは、いつかは、あの退屈な、陰気な、人のやることにいちいちうるさい、日本という国へ、帰らなければならないってことだが。
それをかんがえたら、気分が悪くなるので、考えない。
軽くひと寝入りして、一階に降りると、新しい宿泊者が来ていた。
ホテルの太った黒人のおばさんが、「ミスターニシモト、日本人が来たよ」という。
そこにいたのは、野球帽をかぶった、東洋人の若者。
しかし、僕は、Tシャツを通して見える、胸のふくらみを見逃さなかった。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx