ブルーマリンホテルのプールからマリンディのビーチで、蟹を追いかけて過ごす。「歳をとったら、海外旅行に出ないのがいい」@マリンディ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月24日になった。
ナイロビからカイロへのフライトの予約が、8月5日に入っている。
ナイロビで帰路のフライトの予約を入れたのだが、この時もエジプト航空のオフィスに何日も通って、やっと席が取れたものだ。
8月5日に乗り遅れたら、非常にまずい。
予約の再確認を間違いなくすることが大事。
8月に入ったら、ナイロビのエジプト航空のオフィスへ行って、僕の目の前で、確認してもらうつもりだ。
そろそろマリンディ生活も、終わりに近い。
あとやることは、絵はがきを出すことくらいか。
せっかくブラックアフリカへ来ているのだから、友人知人に、それを知らせて(自慢して)おきたい。
大学時代の友達や、東京で知り合っていた人、それからこの世界一周旅行で出会った人たち。
ロンドンの英語学校やバルセロナのスペイン語学校で、知り合った人たち。
もっと深い関係になれたのに、ならなかった女性なんか。
そういう人にとっては、僕が日本に帰って、ありふれた平凡な日々を送っていたのでは、期待はずれ。
そんなつまらないストーリーしか作れないのでは、連絡するだけ迷惑だ。
ちなみに、「深い関係になった女性」の連絡先は聞かないのが、スマートです。
そういう場合は、スパッと忘れて、後を引かないのが旅行者の暗黙のルール。
でも、海外の変わったところから絵はがきが着くなら、それは意味がある。
「西本さん(これが僕の本名です)は、本格的に変わってた」と、話のネタになるだろうからね。

誰だって、「ちょっと旅行をしていただけの平凡な日本人中年男」と会ったことなんて、思い出したくもない。
僕がいつまでも旅をし続けることで、僕と出会った人たちに対しての、責任が果たせるわけだ。
実際は、そんな面倒くさいことを、この日、つまり1988年7月24日に考えていたわけではない。
旅行をしているときは、何にも考えてないんだから。
考えているのは、目先のことだけ。
今日はなにをして、明日はどうしようという程度のことだ。
でも、20年も30年も後に振り返ると、自分があのときに、なぜああいうことをしていたかって、わかる。
僕がいつも言うように、旅行記を書くには、時間が必要だ。
旅から戻ってきて、面白い経験をしたと思って、それをうれしがって書いても、つまらない。
底が浅いんだ。

旅の経験を何十年かじっくり寝かせておく。
何十年もたって、自分も歳をとってくる。

その時に、人生を振り返ってみると、「なるほど!」と、旅の意味がわかるものなんだ。
若いときの旅は、歳をとって、振り返るためにある。
だから、人は若いうちに旅をしなければならない。
歳をとって旅をしたところで、何の意味もないんだから。
図書館に行って、旅の本のコーナーを見ると、「50歳からの旅」とか「60歳からの旅」とかいう、歳をとって旅をした人たちが書いた本がある。
これはもちろん、年寄りに本を売って、儲けるためだ。

でもそれは意味がない。
年を取って旅に出ても、本当の旅は出来ない。
すでに人生が終わっているからね(笑)。
人生をやり直すには遅すぎるんだ。
歳をとっていると、例えば、メキシコへ行ってテオティワカンのピラミッドへ行ったとき、太陽のピラミッドへ登れなかったりする。
海外旅行では、自分の足で、町を歩き回るのが基本だが、体力がなくて歩けないので、タクシーを使ってしまう。
これでは旅の楽しさは、味わえないんだよ。
かわいい女性と出会っても、歳をとっていれば、最初から、恋愛の対象として、見てもらえない。
旅先での恋愛は、旅での重要な要素なんだが、日本ではなぜか、おおっぴらに語られることはないけどね。
でも、旅で出会った人と恋愛関係になることは、ごく普通にあること。
歳をとってしまえば、恋愛をする意欲自体が薄れてしまう。
例えば僕が、2005年にインド旅行をしたとき、僕の部屋で一緒にビールを飲んだ20歳の美女に誘われた
僕は、翌日の移動のことやなんか考えて、スルーしてしまった。
歳をとったら、情熱も、好奇心も、体力もなくなってきて、旅でも本当に楽しいことはなくなる。
歳をとってしまうと、旅で人生を変えるような出来事が起きたりしても、はじめて出会ったステキな人と、人生をやり直すには、遅すぎるからね(笑)。
「僕の(私の)人生は、間違っていた(涙)!」と思っても、すでに取り返しがつかない。
歳をとったら、なるべく海外には出ない方がいい。
新しい知識も入れないで、テレビの前で、時代遅れのプロ野球でも見ていればいい。
さて、これである程度文章が長くなったので、今日の旅行記も何とか形がつきそうだ。
この日は、僕のノートには一行だけしか書いてない。
「カニを追いかけて過ごす。PERFECT SPY 失」これだけだ。
でも僕は、これを読み解くことが出来る(自分で書いたのだから)。
まず、ブルーマリンホテルの中庭の、芝生に囲まれた円形プールへ行ったんだ。
デッキチェアを借りて、「PERFECT SPY」を読んでいた。

【ケニア東海岸から真っ黒に日焼けして戻った、世界旅行者先生@リバーハウス/ナイロビ(1988)】
僕の他に客がいないので、プールは僕の独占状態。
これも優雅なものだよね。
デッキチェアに寝っころがって、「PERFECT SPY」を読んでいた。
ところが、この本は、あまり面白くなかったので、読むのを止める。
午後になって、ビーチへ出て、海(インド洋)に浸かる。
そのときに、マリンディのこの部分の砂浜は、蟹の穴だらけだとわかった。
僕が歩いていくと、小さな蟹が自分の穴に隠れてしまう。
でも、僕がじっと動かないでいると、穴から蟹が出てくる。
僕は蟹さんを追いかけて、午後を過ごした。
ギラニスホテルに戻って、夕食を取る。
その時に、読む本を捜したが、「PERFECT SPY」が見つからない。
ブルーマリンホテルのプールにでも、置いてきたのでしょう。
面白くない本を、無理に読むことはない。
明日は、マリンディの本屋で、別の本でも見つけましょう。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx