モンバサからナイロビの道路をめちゃくちゃに跳ばすバス。リバーハウスでの旅行者諸君との再会。@マリンディ〜ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月29日、朝5時に起きて、バックパックを整理しなおす。
マリンディのギラニスホテルでは、ベッドに寝て本を読む以外何もすることがないので、夜更かしをする意味がない。
だから夜明けとともに健康的に目覚めて、ベランダから、朝のインド洋を眺める。
そのはずだが、マリンディの7月の夜明けは午前6時半ごろだから、夜が明け始める時刻には出発だ。
宿代は昨日清算してあるので、ホテルのおばさんにも(いなかったので)挨拶せず、とっととマリンディバスが出発する場所へ。
バックパックをバスの屋根に上げて、無事バスにおさまる。
バスの出発は、午前6時50分の予定だったが、6時45分に出発した。
そのままモンバサへと走り、乗客の乗降がある。
モンバサ着が、午前9時10分。
乗客を乗せて、すぐに出発。
列車で来たときは、ナイロビからモンバサへはほとんど夜だったので、風景を見れなかった。
でも、モンバサからナイロビは昼間の高原地帯をひた走るわけで、景色はいい。
だいたいはサバンナだね。
ケニアは乾燥しているので、ジャングルはない。
バスはものすごいスピードで一直線の道をすっ飛ばす。
僕が覚えているのは、バスに乗っていた少年車掌が、バスの左側のドアを開けて、大声でなにか叫び続けていたこと。
多分乗客を探していたんだろうけどね。
ドアを開けて、大声で声をかけるので、左側先頭の僕のところに、風が当たって、ちょっとイヤだった。
モンバサからナイロビの道路は、この時代、きれいに舗装されていたし、アフリカの台地では一直線。
だから、跳ばそうと思えば、いくらでも跳ばせたんだろうね。
僕の旅行ノートには、午後3時30分にナイロビ着と書いてある(驚!)。
マリンディ出発が午前6時45分で、ナイロビ到着が午後3時30分だから、8時間45分で移動したことになる。
予定通りに着いたってことは、感動したね。
本当に強引な走りをして、(多分、スピード違反をして)バスは予定の午後3時半に、ナイロビ市内に着いたのでしょう。
どこに着いたか覚えていないが、多分市街の中心で、降りた。
ナイロビ市内なら土地勘があるので、歩いて、以前泊まっていた「ヒルクレストホテル」へ行く。
ヒルクレストホテルの受付の黒人女性は、僕のことを覚えていた。
アフリカ人専用のビジネスホテルに泊まった日本人は、珍しかったのだろうね。

このホテルだと一泊シングルが、160シリング(1280円)。
シャワーとトイレは共同だけどね。
僕がモンバサへ行く前に泊まっていた、有名な「イクバルホテル」は、シングルで90シリング(720円)。
これも、シャワーとトイレは共同。
もちろんイクバルホテルに行きたかったんだが、イクバルはこの時代超人気で、昼前から並んでも、部屋があるかどうかわからない状態だった。
だから、翌日の昼に、イクバルで並んで、部屋を取るつもりだ。
ヒルクレストホテルに部屋を確保しても、まだ明るかったので、「リバーハウス」へ歩いた。
7月9日に列車に乗ってナイロビを出て、今日7月29日にマリンディからナイロビへ戻った。
だから、ケニア東海岸には、3週間ほどいたわけか。
普通、海外旅行で、ある場所から3週間も留守にしていたら、ほとんどの旅行者は入れ替わって、知らない人ばかりになる。
僕が最初のインド旅行で、女性の入院に付き添ってポカラを留守にしたとき、少したってポカラへ戻ったら、以前知り合ってワイワイやっていた人たちは、誰もいなくなっていた。
でも、1人でインドへ行こうとしたら、バス乗り場で日本人の男女と出会って、バラナシではずっといっしょにいた。

そのときに、「旅行者は出会っては別れを繰り返すものなんだ」との「旅の真理」に目覚めたわけだ。
だから当然僕は、リバーハウスへ行っても、知ってる人は居ないと覚悟していた。
ところが夕飯時に行ったら、(もちろん新しい人もいたが)知ってる連中が揃ってたよ。
例えば、僕の前にケニア東海岸の旅に出た「宅配君」なんかね。
彼とは1か月ぶりくらいだったが、昨日別れたばかりの雰囲気。
それが、本格的な長期旅行者のスタイルだね。
だから、短期の海外旅行者と、長期旅行者は、全く旅のスタイルや、哲学が違うんだ。
昔は、短期の旅を繰り返して、旅行国の数だけ増やしている人もいたが、彼らには絶対に旅の真実はわからないんだね(笑)。
僕は明日、イクバルホテルに移動する、とみんなに知らせた。
これで僕に興味がある人は、イクバルの僕の部屋へやってくるでしょう。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx