マリンディからラム島へ、バスで5時間半。海岸通りの「キシワニホテル」に泊まって、ラムの町の細い通りを歩く。@マリンディ〜ラム/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月12日、マリンディの海岸に立つ「ギラニスホテル」の3階の部屋で目覚める。
3階のベランダに出ると、目の前にはインド洋が、大きく静かに広がっている。
近くのモスクから、イスラム教の礼拝を呼びかける声(アザーン)が聞こえる。
ちなみに、アフリカ東海岸の町や島にいるのは、ほとんどイスラム教徒です。
今日はもっと北の、ラムまで行くつもり。
バスの出発予定時刻は、午前8時半ということで、切符も買っていた。
でももちろん、その場でバス代を払えばいいだけのことで、気にすることはありません。
ゆっくり準備を済ませ、シャワーを浴びて、バックパックを背負い、ギラニスホテルを後にする。

出発場所は、マリンディの道端で、客が数人立ってバスを待っている。
僕の他にも、欧米人のバックパッカーがいた。

全体的に、のんびりしたゆるい雰囲気。
アフリカ東海岸も、モンバサは結構騒がしかったが、マリンディでは時間がゆっくり流れてます。
バスが出発したのは、午前9時ごろになった。
実際何時間かかるかわからないが、明るいうちに着けるのは確実だから、心配はない。
バスが出発してしばらくすると、車窓から見える植物相が大きく変化してきた。
マリンディまでは、見慣れた風景だったが、ラムに近づくに連れて、見たことのない奇妙な植物、木が見える。
一緒のバスに乗っていたイギリス人と、「あれは見たことがないなー」などと声を掛け合う。
昼間の気温は高いので、Tシャツを肩まで捲り上げ、バスの窓からの風に当たる。
バスは順調に走り、海岸に出る。
と、船に乗り換える。

僕は知らなかったが、ラムは島になってて、ボートで渡らなければならない。
ラム島到着が、午後2時半。
マリンディを出てから、5時間半かかったわけだ。
道路状態もよく、全く問題はありません。
ラム島の桟橋に着くと、目の前の海岸通には、小さなゲストハウスが並んでいる。
海に面した、ホテルを当たり、3つくらい部屋を見せてもらう。
バスで一緒だった「クリス」と「アレックス」と一緒に、「キシワニホテル(KISIWANI HOTEL)」に決める。
港の見える宿の2階の部屋を3泊で300シリング(2400円)に値切る、1泊当たり800円だ。
1人で、海岸通の「Pitley's Inn」へ行って、早めの夕食を取った。
赤ワインを一本取ったら、190シリング(1520円)。
ラムは観光客も多いようだし、それほど物価が安くはないね。
ワインで少し酔って、ラムの町を探検して歩く。
ラムの町はとにかく道が細い。
その細い道を、縦じま模様のロバさんたちが、つながれて、ゆっくり歩いていく。
ラムでは、町の道幅が狭いということが、一番印象的でした。
夕方に軽くビールを飲む店に入ったら、少年が話しかけてきた。
どこから来たの、どこに泊まっているの、一人旅なの、と聞かれる。
一人ぼっちだというのに抵抗があったのか、友達と一緒で、彼らを探しているという話にした。
これは、「一周君」のカップルを念頭に置いて話したのだが、別に本気で捜しているわけではなかった。
ただ、ラムでは、噂がパッと広まるようだ。
日本人が1人でやってきて、日本人カップルを探しているという話が、その日のうちに広まったらしい。
翌日にビーチへ行って、一周君と偶然会ったら、彼は僕がラムへ来たことを知っていたよ(笑)。
ラムは僕には合わないので、ホテルを3泊で取ってあることだし、3泊で切り上げるのもスッキリする。
ちょっと、人間関係が濃密過ぎる。
とにかく、ビーチが問題なので、明日考えましょう。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx