マリンディの南のワタム(WATAMU)へマタトゥ(MATATU)で往復して、シルバーサンズビーチでウィンドサーフィンを軽くやってみる。@マリンディ〜ワタム/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月22日、昨日は、2回目のスノーケリングツアーに行った。
でも、海の状態がいまいちで、一回目のときほど楽しめなかった。
だいたいすべての経験というものは、最初のときの感動が心に残るもの。
同じコンディションだとしても(そんなことはないけれどね)、二度目はガッカリする。
それなのに、海のコンディションが悪かったのだから、失望は大きい。
だから、もうマリンディで、スノーケリングに行くことはなかった。
人生も旅も、同じことを繰り返していたら、つまらない。
これはすべてのことに当てはまる。
ギラニスホテルの三階の部屋で、インド洋を眺めながら、本を読むのも、すぐ飽きる(僕は3日で飽きた)。
なぜ僕がマリンディを離れないかというと、マリンディを出ても、行くところがないからだ。
8月5日に、ナイロビからカイロへのフライトを予約している。
カイロは土地勘があるので、問題はない。
またエジプトで行くところも残してある(サッカラのピラミッドやアレキサンドリアなど)ので、時間潰しもできる。
エジプトとケニアの大きな違いは、エジプトには歴史があり、ケニアには自然がある。
だから、エジプトではいくらでも時間を使えるが、ケニアには時間を使っても、見るところがない。
カイロからアテネまで飛ぶ切符も持っている。
ただ、アテネにそれほどの魅力を感じてないことと、8月のアテネにはヨーロッパからの若者が、たくさんいるだろうと考える。
すると旅しにくいわけで、それは避けたい。
それに対応して(夏のヨーロッパを避けるために)、中東を旅することも考えている。
エジプトから紅海を超えて、ヨルダン、イスラエルシリア、トルコと旅するルートもあるが、細かいことは現地で考えればいい。
だから、8月5日までを、どうケニアで過ごすかという問題があるだけだ。
「Lonely Planet AFRICA」を読んでいると、マリンディの南に「ワタム(WATAMU)」というところがある。
一応ビーチらしいので、行ってみるか。
ケニア東海岸の旅としたら、モンバサ、マリンディ、ラム、だけでは弱い。
ここはマニアックな「ワタム(WATAMU)」も、押さえておいた方がいいだろう。
と思いついて、マリンディの市場から、ワタム行きのマタトゥ(乗り合いマイクロバス)に飛び乗る。
僕のノートに、「15シリング+10シリング」とあるのは、多分、行きが15シリング(120円)で、帰りが10シリング(80円)だったのでしょう。
なぜ、行きと帰りの運賃が違うかというとだね、行きでは軽く吹っかけられたんだね。
帰りの場合は、すでに運賃がわかっていると考えられたので、地元の人むけの、普通の運賃で乗れたというわけだ。
こんなことはよくあることで、100円程度の運賃を調べて、口論してもムダ。

もともと、旅行者というものは、地元料金よりも高く払わされるものだ。
そこを変に突っ張って、「僕は地元料金でやる」なんて、言ったところで、やはりボッタクられたりしているわけ。
旅行初心者に限って、中途半端などうでもいいところで、わかったようなことを言うが、それはとても恥ずかしいことです。
ほとんどの日本人旅行者は、初心者以下だけどね。

マタトゥに乗って、乗客や運転手に、「ワタムへ行きまーす」と宣言する。
僕の記憶では、30分程度で到着した。
比較的ちゃんとしたホテル「ワタムビーチホテル」があった。
が、ホテル前の海岸は岩場で、そんなによくない。
僕は、「ワタムで泳いだ」という経験が欲しいだけなので、無理に泳ぎました(軽く身体を水につけただけ)。
すぐに海から上がって、着替えて、ホテルのレストランで、「プレミアム(PREMIUM)」というビールを2つ飲む。
午前中にマリンディへ戻ったが、時間を持て余す。
ウィンドサーフィンがあったのを思い出し、行ってみる。
シルバーサンズへ歩き、ウィンドサーフィンの場所へ行く。
黒人と話をすると、1時間で160シリング(1280円)とのこと。
ウィンドサーフィンの道具を借りれば、僕は一応経験があるので、風に乗って走ることが出来る。
1時間程度楽しみました。
一度身につけた技術というものは、スノーケリングにしても、ウィンドサーフィンにしても、自転車乗りにしても、忘れないものだね。
また歩いてギラニスホテルへ戻り、さしあたりの旅行計画を考えてみる。
8月5日のカイロ行きフライトの予約は入っている。
しかし確実に乗るために、予約の再確認(RECONFIRMATION)をやる。
そのためには、ナイロビのエジプト航空のオフィスに直接行った方がいい。
予約の再確認といっても、実際はいい加減なものだからね。
8月19日に、カイロ〜アテネの予約も入れてあるが、これは使うかどうかわからない。
もしエジプトからヨルダンに行くならば、ヨルダンのビザをカイロで取らなければならない。
もちろん、ナイロビでヨルダンビザが取れれば楽なのだが、ナイロビにはヨルダン大使館も、シリア大使館もなかった(すでに調べた)。
すると、旅しながらビザを取っていかなければならないが、それもまた旅行話のネタになることだろう。
あと、ナイロビの日本大使館へ行って、自分に郵便物が来ているかどうか、確かめるのもあるかな。
それは、本当は、どうでもいいことだが。
どうでもいいことをあれこれ考えて、時間を過ごす。
それが人生だ。
仕事のことを考えて、一生を過ごす人もいる。
僕はそのルートから降りているので、無理にでもなにか別のことを考える。
旅の計画というものは、考えても意味がないんだけどね(笑)。
だって、そこへ行けば、何かが起きて、僕の取る道は自動的に決まっていく。
すべては神が、決定している。
僕はただ、神に従うだけだ。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx