ウィンドサーフィンも2回目は風が強すぎて僕には無理。ピザ屋でワインを飲んで、黒人ガイドの人生相談に乗る。@マリンディ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
だらだらのんびりしているうちに、マリンディ滞在も、7月23日になった。
昨日22日は、シルバーサンズビーチの礁湖で、ウィンドサーフィンをした。
そうそう、ちょっと南のワタムにも行ったよ。
いまは高級ホテルがたくさんあるらしいが、僕が行った1988年はのんびりしたものだった。
僕はワタム自体、それほどのビーチだとも思わなかった。
一応海に入って、軽く泳いだだけだ。
往復とも、乗り合い小型バスの「マタトゥ(MATATU)」だった。
マタトゥは僕の他には地元の人だけで、それほど混んでなかったし、乗客の顔を眺めているだけで、のんびりして、とてもいい感じ。
もう一応、マリンディおよびその周辺でやることは、一通りやったと思う。
ここで、これまでの僕のマリンディ滞在を整理しておこう。

「スノーケリングツアー」に2回参加した。
一回目はとてもすばらしかったが、二回目は天候と潮の状態で、楽しめなかったけどね。
また、「ウィンドサーフィン」もした。
「アフリカンダンスショー」も見たが、ガッカリした。

マリンディ北側のホテル地帯にある「ブルーマリンホテル」のプールでも泳いだ。
もちろん、ギラニスホテル前のビーチでも泳いだよ。
これらはビーチアクティビティだが、マリンディでは日本女性とも会った。
短髪の日本人美女とは、3日もいっしょだった。
旅先で、個人旅行中の魅力的な日本女性に出会って、ディープな話をするのは、個人旅行の一番の楽しみかもしれない。
日本社会の「常識」を脱出して旅をしている同士、互いに分かり合えるからね。
でも、旅をしていても、日本の友達と一緒だったり、カップル旅行だったりすると、日本社会を引きずってしまう。
これではただの、「観光旅行」だよ。
イタリアのフィレンツェで出会った、OLさん2人組が、そうだったね。
会社の友達と旅に来ていたので、日本社会の常識から、離れることが出来なかった。
旅先でも、日本社会を引きずっていることで、自分が保てているわけだ。
しかし、日本社会の「自分」とは、自分ではなくて、日本の常識を堅く守っているだけ。
日本社会に存在する自分は、本当の自分ではなく、日本社会に押し付けられた自分。
ニセの自分を演じているだけだ。

それなら、海外へ出ても、日本にいるのと同じ。
海外に出る意味は全くなかった。

OLさんたちは、ガイドブックにあるフィレンツェの名所を見て歩くだけ。
会社の友達と旅に出るってことは、意識が会社から離れないので、海外を旅しても、会社にいるのと同じ。

日本人と一緒でも、個人旅行ならば、いくらでも自分の考えで、行動することが出来る。
バルセロナで会ったOLさん3人組は、同じツアーに参加していたが、ツアーで知り合っただけで、もともとは友達でもなんでもなかった。
だから、一人旅でなくても、他の日本人と一緒に行動していても、話は盛り上がった。
これは、ツアーに参加して知り合っただけで、日本社会を引きずってなかったからね。

とにかく、ツアーに参加しても、日本での知人がいなければ、いくらでも精神を開放できるものなんだよ。
だから海外旅行というのは、もともと1人で行くものなんだね。
と、旅行哲学してみたが、わかる人はわかっている通り、これは、文章を長くするのが目的です。
いまのところ、とにかく、一日の出来事を、ある程度長く書こうと考えているからね。
さて、軽く「日本人旅行者と日本社会論」で、文章を長くして、ノートにある、この日の行動をまとめておこう。
今日(7月23日)は、またウィンドサーフィンに行った。
前回は、160シリング(1280円)だったが、今回は100シリング(800円)となっている。
これは、最初が「レッスンつき」で、今回は、用具を借りただけだったからだろう。
ただ、この日は、風が強過ぎた。
だから、ウィンドサーフィン初心者の僕には、乗りこなせず、ビーチで海を眺めているだけだった。
シルバーサンズビーチからギラニスホテルへ戻る途中の、ピザ屋「I LOVE PIZZA」で、ピザをつまみにワインを飲む。
僕は、一人で食事をするときは必ず本を読む。
この日は、ジョンルカレ(JOHN LE CARRE)の「パーフェクトスパイ(PERFECT SPY)」を読んでいた。
ただ、読みにくかったので、字面を流して読んでいただけだ。

だらだら飲んで食べていたので、料金が385シリング(3080円)になった。
わざわざメモしてあるということは、自分でも食べ過ぎ飲みすぎだと反省したからだろう。
ギラニスホテルのレストランで、仕上げにビールを飲んでいると、ガイドのアルフレッドがやってきた。
暇潰しにだらだら話をしていると、少し酔っ払っていたためだろう、僕が離婚が原因で、海外旅行に出たことを話してしまう。
アルフレッドも、スイス人女性との間に、子供がいたが、スイスに連れて帰られてしまった、と言う。
世の中には、いろんなことがあるものだね。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx