ナイロビへのバスの切符を買い、ギラニスホテルの支払いを済ませる。「なだしお事件」を読みたくて「NEWSWEEK」を買う。@マリンディ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月28日、別に特に急いでいるわけでもないが、ナイロビへ戻る決意をした。
マリンディでやり残したこともないしね。
といっても、今日、ものすごく知的な女の子と出会えば、その子に着いていってもいい。
僕の人生を、その子に賭けてしまってもいい。
ま、そういうことは30パーセントくらいしか、ないけどね、多分。
そういう気持ちになったとしたら、もう歳だから、自分の方から身を引くだろう。
常にその気持ちを持っているっていうことが、旅行者なんだね。
何を言ってるかわからないだろうけど…(笑)。

朝一番で、明日29日の、マリンディからナイロビ行きの直行バス「マリンディバス」のオフィスへ、切符を買いに行く。
アフリカで、バスの切符をわざわざ前日に買うような、馬鹿真面目な人間は日本人以外にいない。
だから、僕の番号は、前列左側の窓際の1番席でした。
料金は、マリンディからナイロビまで、120シリング(960円)。
ナイロビからモンバサの一等夜行寝台列車が、365シリング(2,920円)だった。
モンバサからマリンディまで、バスでたった2時間程度で、現地のバス料金は数百円だったから、メモしてもいない。
千円で、バスの指定席に座って、マリンディからナイロビまで行ける。
これがわかってれば、来るときもそうしたかな。
でも、やはり、「鉄道(夜行寝台列車)で、ナイロビからケニア東海岸の中心都市モンバサへ移動する」というのは、長期旅行者としての勲章だからね。
これをやったことで、西アフリカへ行ったとき「ダカール(セネガル)からバマコ(マリ)への鉄道旅行」をした理由にもなるわけだ。
アフリカ大陸の東側でも西側でも、海岸から内陸部への旅が出来たわけだしね。
アフリカの北側では、モロッコでタンジェからマラケシュまで鉄道を乗り継いで旅をした。
それでは、アフリカ南部ではというと、残念ながら、飛行機を使ったり、長距離バスに乗ったりした。
この時期、南アフリカの有名な「ブルートレイン」は、日本人のツアー客だらけという話があったので、それを避けたんだけどね。
とにかく、北アフリカでも、東アフリカでも、西アフリカでも鉄道に乗った経験があることは、世界旅行者として意味があることでしょう。
南アフリカについては、鉄道がポピュラーで、運賃も高く、観光客向けになっていたから、あえて避けたということでいい。
ギラニスホテルへ戻り、支払いを済ませる。
そういえば、最近はホテル代を払っていなかった。
聞くと払ってないのは、6日分(これは確認した)で660シリングとか。
一日当たり110シリングだ。

あれっ、僕の心積もりでは、一泊が120シリングのつもりだったが。
安宿が、ホテル代を高くごまかすことはあっても、安くすることはないはず。

とは思ったが、多分、もともと1泊110シリングだったのかもしれない。
それとも、長くいたので、ウィークリーレート(一週間料金)を適用してくれたのかも。

勘違いでも何でも、ホテル代が安くなったのはうれしいこと。
なので、文句も言わないし、理由をしつこく聞いたりもしない。
明日のバス切符を買い、ホテル代も支払った。
これで一段落着いたわけだ。
町の中心部に歩いて、先日見つけていた本屋で、「NEWSWEE,K」(35シリング/280円)を買う。
なぜわざわざニューズウィークをこのとき買ったか(さらに、それを記録しているか)というと、多分「なだしお事件」と関係があったのではないかな。
「なだしお事件」とは、1988年7月23日土曜日に自衛隊の潜水艦「なだしお」と、遊漁船「第一富士丸」が衝突して、第一富士丸が沈没。
第一富士丸の乗員乗客48名のうち、30名が死亡した事件。
1988年の日本がバブル絶頂期へ向かって、経済がぐんぐん昇っていたとき、ヨーロッパでは日本のニュースなんて、ほとんど(まったく)流れなかった。
世界中の誰も、日本のことなんか気にしてなかったわけだ。
ただ、この「なだしお事件」だけは、日本発のニュースとして、世界中で大きく報道された。
それをアフリカで目にしたことは、はっきりと覚えているからね。
多分なだしおのニュースがあるだろうと、ニューズウィークを読んだのかもしれない。
それとも、ニューズウィークの表紙に、なだしおの写真があったのかな。

僕は海外旅行をするときに、週刊誌の「NEWSWEEK」と、日刊の「INTERNATIONAL HERALD TRIBUNE」は、(入手できれば)常に読むようにしていた。
だから、アフリカで、日本という国の存在が、はじめて話題になった、この「なだしお事件」が、気になってたね。
ナイロビへ戻ったら、「日本インフォメーションセンター(JAPAN INFORMATION CENTRE)」へ行って、この事件についての日本の新聞雑誌を読んだしね。
しかし、ニュースは意味がないというのは、はっきりしている。
1987年から1990年までの僕の世界一周旅行で、僕の記憶にはっきり残っているのは「天安門事件」だけだ。
その天安門事件でさえ、みんな忘れ去られてしまって、今では「南京大虐殺」がどうだこうだと言っている。

ニュースなんかは、「現在にとって大事なこと」で、そのほかの事件は、すべて忘れ去られるもの。
「なだしお事件」は、ほとんどの人は完全に記憶がなくなっているだろう。

僕の記憶になだしお事件があるのは、僕がアフリカでニュースを知ったという、アフリカ旅行の思い出としてなんだ。
すべてのニュースというものは、現在の時点で、過去の事件をどう解釈するかというだけの問題なんだよ。
すべての歴史は、現在の立場によって、創作される。
その創作された歴史は、現在を解釈するために利用される。
それと同じ意味で、世界一周旅行の思い出は、現在のためにある。
すべての物語は、現在を描いている。
明日、マリンディを出るということで、暇潰しの一つとして、また絵はがきを書いた。
今回は特に、ナイロビの日本大使館気付で、自分に絵はがきを出してみた。
これは、ケニアの郵便物が本当に届くのか、何日くらいで届くのか、確認したかったから。
届かないならそれはそれで話のネタになると考えたから。

それと、「ナイロビの日本大使館で自分宛の郵便物を受け取る」という経験もしたかったからだ。
ナイロビの日本大使館で、安っぽい箱に雑然と入っている、各種の郵便物から、自分宛のはがきを探すのは、ステキだね。
あとはもうさすがにすることはないので、軽く荷物を整理して、ビーチへ出る。
日が暮れるまで、ギラニスホテル前のビーチで、1人で波にゆらゆら揺られて、ちゃぷちゃぷしていました。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx