「マリンパーク」で潜って、「I LOVE PIZZA」で食事をして、日本女性と会って「BAOBAB」へ誘い、1人で「ブルーマリンホテル」へ@マリンディ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月27日、この日のノートには、「マリンパーク、風強し、寒く、でも10mくらいまで潜ったよ。 」と書いてある。
ただ、記憶が完全に欠落している。
僕の慎重な性格から言って、風が強くて、肌寒い日に泳ぐなんて、考えられないが。
そろそろマリンディ滞在も終わりなので、気合が入ってたのかしら。

でも、ノートにはっきり書いてあるので、間違いない。
ただ、「マリンパーク」自体、ここではじめて出てきている。
グーグルマップ(Google map)で調べてみると、マリンディの南側の海岸地帯が「マリンパーク」と呼ばれているようだ。
ひょっとして、「シルバーサンズビーチ」付近が、マリンパークになっていて、この日はじめて、その名前を知ったということでしょうか。
マリンディ自体たいして大きな町でもないし、行けばわかることですから、読者が判断してください。
マリンディの南側の海岸には、いろんなマリンスポーツの施設があるってことです。
いまどきの日本人が、わざわざアフリカまで行って、ケニア東海岸のマリンディでマリンスポーツをするなんて、考えられないけどね。
アフリカは、やはりヨーロッパ人が冬に、寒さを逃れる安いリゾート地で、日本人がわざわざ行くような場所ではありません。
それと同じように、カリブ海のリゾート地域は、北米の観光客が行くところ。
東南アジアのリゾート地は、日本人が行くところだったが、いまでは、韓国人や中国人の方が目立っている。
短期の旅行のときは、海外旅行といっても、わざわざ時差があって、身体に無理がかかるところへ行くことはない。
日本人が長期旅行をして、世界中を見て回っていた時代は、バブル景気で盛り上がっていた、1990年前後で終わっている。
もう、日本人が世界中旅をして、現地の人から興味を持たれ、どんどん話しかけられるという時代でもなくなった。
時代が変わってしまったわけだね。
だから、いまわざわざ旅に出る意味はない。
「旅の出会い」という、旅の本当の面白さがなくなってしまったからね。
旅に出ていて、興味深い人と会えるから、旅は面白い。
旅に出る人が、どんどん普通になれば、旅で面白い人に出会うことも期待できないからね。
マリンパークで泳いだ後、「I LOVE PIZZA」で、ピザをつまみにワインを飲んだ。
もう、マリンディでやることもないね。
ナイロビへのバスの切符でも予約しようと、マリンディの雑然とした中心街、商店街をのんびり歩く。
歩いていると、日本人の女の子から声をかけられた。

「あなた日本人?ねー、私の買った洗濯ばさみ、高いと思わない?」と言われる。
今日は、何もすることがなく、暇潰しに悩んでいたところ。
旅先で出会う長期旅行者の特徴は、とにかく暇なこと。
長期旅行者同士がであったら、まず、ビールでも飲んで、だらだらしゃべっていれば、それでいい。

暇潰しに、海岸沿いのレストラン「BAOBAB」に誘う。
マリンディに来て知り合った無口な女の子とも、このレストランに来て話したなー。
今日出会った女の子も、20歳前半だと思った。
彼女の特徴は、タンクトップで乳が見えそうだったこと。
彼女は、おしゃべりだったので、会話に苦労することはない。
僕の旅先の会話の特徴は、相手が話したいことを話させて、とことん聞いてあげるということ。
でももちろん、退屈な話は聞けないけどね。
僕は40歳前のこの時代までには、いろんなディープな、変わった経験をしていたので、どんな話を聞いても、たじろぐことはない。
人生経験の少ない、もともと頭の弱い人が中途半端に旅をしていると、いろんないい加減な話を聞いて、間違った旅のイメージが出来てしまう。
それで、現実を受け止められずに、思い込みを現実に当てはめようとする。
東南アジアなんかで長期滞在している旅行者の中には、同じレベルの旅行者とばかり知り合っている人も多い。
自分と同じとは、自分と同じく低レベルでウソツキだってことで、それが「旅行者の本当の有り方」だと確信していたりするよ。
頭が固くて、それぞれの旅行者の個性とか、特長とか、そういったものを受け入れられないんだ。
これでは、新しい物事を柔軟に受け入れられないってことで、旅に出る意味がない。
旅とは、新しい場所へ行き、新しい人と出会い、新しい話をして、新しいアイディアを得るって事だからね。
彼女は、これからしばらくアフリカにいるらしかった。
その後は、オーストラリアへ行って住むという計画があったようだ。
僕もこの世界一周旅行の終わりごろ、1990年に、ニュージーランドからオーストラリアへ入って、インドネシアへ抜けたことがある。
本当に、日本人だらけだったからね。
その時代(1985年から1995年の10年間)は、日本人がオーストラリアに別荘を買ったりするのが流行っていた。
ゴールドコーストの別荘地やなんかは、日本人だらけだったからね。
いまは、やはり、韓国人や中国人が多いだろう。
注意すべきことは、海外の情勢なんて、すぐに変化してしまうってことね。
ある時期に、日本人にとって居心地のよかった、(海外の)場所は、すぐに変化してしまう。
それが海外旅行というものだし、人生というものだ。
常に変化し続けて、同じものが何年も続くってことはないんだよ。
僕は世の中が常に変化するもので、旅先の状況も変わってしまうとわかっていた。
例えば、アフリカへ来る前のイスタンブールは、知的な日本人も多くて、刺激的だった。
でもこれから、中東を通ってたどり着いたイスタンブールはよそよそしかったね。
1996年に、3度目にイスタンブールへ行ったときは、若い旅行者諸君が多くて、声をかけては一緒にビールを飲んでたけれど。
でも、1999年に「アジア横断旅行」をしたときは、イスタンブールに行く気持ちがなくなっていた。
だからトルコからシリアへ入り、レバノン経由で、キプロスへ飛んで、戻ってきたわけだし。
イスタンブールも、どんどん変化している。
世界のすべては、あっという間に変化する。
おそらく、「昔から本質的になにも変化していないのは、日本だけ」だと思うよ。
旅行ノートには、このあと「ブルーマリンホテルへ行った」と書いてある。
午後になって、ブルーマリンホテルへ行って、わざわざ泳ぐなんて疲れることを、僕がするはずがない。
多分(ノートに書いてあるからウソはないわけだし)ブルーマリンホテルの芝生に囲まれたプールを、もう一度見ておきたかったからかな。

だから、僕は今でも、プールと芝生と、芝生で遊んでいたトカゲくんたちのことは、覚えているんだ。
プールと芝生と、トカゲくんたちに、(そしてギリギリ僕の青春に)サヨナラを言ったのでしょう。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx