小雨のマリンディで「バスコダガマクロス」を見て、海辺のレストラン「I LOVE PIZZA」で、短髪の美女と、ひとり言のような会話をする。@マリンディ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月18日、今日は朝から雨だった。
いま、この旅行記を書きながら、ガイドブックを見たりしているが、アフリカ東海岸の本格的な旅行シーズンは1月ごろらしいね。
ケニアは、赤道直下だから、オーストラリアのように、北半球と季節が逆転することはない。
マリンディの北側のビーチには、ヨーロッパからの観光客向けのホテルがずらりと並んでいたが、7月半ばから終わりにはガラガラだった。
ヨーロッパ人は、冬の寒さを逃れて、アフリカのビーチに繰り出すのだろう。
でも、人の少ないリゾートのビーチというのは、とてもステキだ。
雨が降ってなければね。
今朝は、朝から小雨が降っていた。
でも風が強いわけでもなく、静かで、気温も暑くもなく寒くもないいい感じ。
ベッドでごろごろしながら、英語のペーパーバックで、トレバニアンの「SHIBUMI」を読み続ける。
昼ごろに雨が上がって、一階に下りる。
昨日出会った日本人の女の子がいたので、声をかけて、マリンディ観光に行くことにする。
マリンディは、僕がラムへ行く前に、一泊した。
この時は、海を眺めて、食事をしただけで、観光はしていない。
ラムからモンバサ経由で、マリンディに来たのが、7月16日だ。
その日に黒人の客引きに声をかけられて、昨日は、スノーケリングツアーに参加した。
そのあと、日本人の女の子に出会ったわけで、僕はいわゆる観光はしていない。
女の子も昨日来て、僕と食事をしただけなので、観光は未経験だ。
せっかくだから、女の子を誘って、どこか名所を見に行きましょう。
持っている英文ガイドブック「Lonely Planet AFRICA」を読む。
このマリンディという町は、昔から有名な場所で、いろんな人が数多く訪れてきたのだとか。
例えば元の「鄭和」がアフリカでここまで航海した。
鄭和の航海の西の端が、このマリンディだと書いてある。
モンバサの博物館では、中国のお皿の破片なんかが展示してあった気がする(よく覚えてないが)。

インド航路発見で有名な「バスコダガマ(VASCO DA GAMA)」も、インドへ行く途中で、マリンディを訪れたことがある。
だから、マリンディという名前は、もともと世界的に鳴り響いていた、有名な場所だったわけだ。
その記念碑として、「バスコダガマクロス(VASCO DA GAMA CROSS)」が、近くの岬に立っている。
だったら、とにかく、その記念碑を見に行きましょう。
海岸沿いに歩くと、ちょっとした岬があって、その突端に記念碑がたっていた。
記念碑の上に、十字架がついているのでクロスというのでしょう。
特に興味を持つようなものでもないが、観光旅行では、一応名所を見るのが義務といえるでしょうか。
バスコダガマクロスをあっさりと軽く見て歩いていると、また小雨が降り出した。
海辺のレストラン「I LOVE PIZZA」に飛び込む。
僕が食事を取るのは、基本的に一日一度で、午後の遅い時間にする。
ちょうどいい時間だったので、女の子といっしょに、レストランに入る。
このレストランは、名前からもわかるように、ピザ屋さんで、なかなか本格的だった。
あとで聞くと、マリンディには、冬は特にイタリアからの観光客が多いのだとか。
それが理由なのか、このピザ屋さんは、まともで、おいしかったです。
女の子とは、昨日話をして、ある程度気心が知れていたので、ズバリと切り込む。
切り込むといっても、テクニックが必要だね。

まず僕が聞きたかったのは、「なんで若くて可愛い女の子が、髪を短くしているのか」ってこと。
いまは女性の髪形も自由で、なんでもありだが、1988年では、髪が極端に短い女性は珍しかったもの。

僕は彼女を見て、「ユーリズミックス(EURYTHMICS)」の女性の方を思い出したくらいだ。
彼女は僕の質問に対する答えを考えているが、なかなか口に出さない。
というか、いろんなことを考えているのだが、それが言葉になって出てこないという感じ。
それは僕も昨日から話をしていて、よく理解している。
「アフリカ旅行は、女性一人だと危険だから、女の子に見られないように、髪を短くしているのかな?」と、僕が答えを用意する。
どうやらそれが正解のようだった。
実際、日本女性は世界中どこでも、なにをされても怒ったりせず、おとなしいので、セクハラの対象だからね。
長期の海外旅行では髪が短い方が、手入れがしやすく、便利ってこともある。
実際、バックパッカー旅行をすると、髪の毛に気を使ってられない。
旅を続けるうちに、僕も、短髪になってしまったよ。
女性でも、長期旅行で、ある程度小ぎれいにしていたいなら、短髪にするだろうね。
髪は僕も長い時期があったが、それは、ツアーに参加したときだった。
それと、年に一度、一か月以上、ロサンゼルス滞在をしていたときも、髪は長かった。

ツアーだと、毎日ホットシャワーの出る、まともなホテルに泊まれるし、ツアーバス移動だから、長髪でも気にならない。
ロサンゼルスの「ホテル加宝」だと、一か月以上、だらだらしているのだから、髪が長くても問題はない。

髪が長いときに旅に出たが、これは中央アジアツアーでした。@ヒワ/ウズベキスタン
でも、本格的なバックパッカーの長期間の旅行となれば、短髪にして、石鹸だけで頭も身体もまとめて洗うのが便利。
朝早い移動はしょっちゅうだから、そんなときに、長い髪を手入れするだけで、大変だからね。
ところで僕は、もともと話が面白い人間。
面白い話といえば、最終的には、誰でも興味を持つ、男女関係の話になるのではないかな。
僕の信念では、「男性は、女性に出会ったら、とにかく口説かなければならない」し、「口説くのが礼儀」だ。
これはラテン系男性共通の考え方で、ラテン系の男性は、その気がなくても、礼儀として、女性を口説くものだ。
それを主義(世界旅行主義)として、僕は旅をしてきた。
例えば僕の「イタリア旅行記」を読めば、イタリアで出会った女性を、片っ端から全部口説いていることが、はっきりと書いてある。
でも、いろいろ考えて、口に出す言葉を選んでいる女の子を見ていると、中途半端なことは言えない。
彼女には、おそらく僕の理解できないような、深い絶望があったのかもしれない。
僕は彼女のたどたどしい言葉の裏を考えて、その気持ちがわかるような気がした。
ゆっくりゆったりした会話で、ピザをおつまみにワインを2本空けてしまいました。
この時は僕が、全部支払った。
だって、ワインを飲んで、ピザを食べて、話したのは僕だからね(笑)。
僕の独演会みたいなものでした。
まあ僕はこのとき39歳で、真っ黒に日焼けして、身体は引き締まり、とても若く見えるが、もう若くはない。
だから、若くてきれいな女の子と、じっくり話せたら、無上の喜びです。
日本にいたら、こういうことはありえないよね。
どこかの海岸の安ホテルで出会ったばかりの20歳くらいの美女と、40歳くらいのおじさんが、ディープな話をするなんて。
それが海外個人旅行では、ごく普通に起きる(起こそうと思えば)。
海外個人旅行では、何でも起きるんだ。
日本人の凡庸な旅行者の皆さんは、日本でもモテたことがないので、人生の真実がわかってないからね。
だから、海外旅行に出ても、そういう出会いがないなら、それは無意味なんだよ。
海外に旅行に出ても、「出会い」がないなら、ただの金の無駄遣いだ。
僕は彼女に、ラムへ行くことを勧める。
この時代、マリンディへ来た旅行者は、みんなラムまで行ってたものだ。
ラムは確かに、僕には合わなかったが、変わったところだし。
人間関係が濃密で、子供たちが話し相手になってくれるから、彼女にとっては、居心地がいいかもしれない。
夕方に2人レストランを出て、海岸を歩いて、ギラニスホテルへ戻る。
ホテルのおばさんに言って、彼女の、明日のラムへのバス切符を予約しました。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx