絵はがきを17枚書いて、郵便局で送り、アイザック・アシモフを買って、ブルーマリンホテルのプールで泳ぐ。@マリンディ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
7月25日、今日は、暑中見舞いついでに、絵はがきでも書こうかな。
この世界一周から、僕は旅先から自分へ(実家へ)絵はがきを送ることを、習慣にしていた。
日本からロンドンへ飛んだときは、コンパクトカメラを一応持っていた。
でも、写真を取ってなかったので持て余し、ロンドンの下宿を引き払うときに、小型ラジオと一緒に日本へ送り返した。
1987年だから、もちろん、フィルムカメラだった。
この時代は、DPE料金も高くて、写真を一枚焼くのに、サービス版で50円かかってたものだ。
最初の世界一周旅行では、写真を取ることは考えなかった。
だって、真面目に写真を取っていたら、それだけで莫大なお金がかかってしまっただろうし…。
また、写真を取ることにしていると、写真のことが常に頭にある。
あそこを撮りそこねただとか、もっといい写真が取れたはずだとか、いつも後悔している。
だから僕には、最初の世界一周旅行で、自分で取った写真は一枚もない。
旅先で出会った人が、僕が帰国したと知らせたときに、送ってくれた写真があるだけだ。
自分で写真を取らずに、現地で買った絵はがきを、実家に送ることにしていた。
確かに、旅をしているその国の切手を貼って、絵はがきを出すのはいいと思う。
ただ、絵はがきがいいと思って、2回目の世界一周からは、自分や友達に送るついでに、絵はがきをお土産として買っていた。
それが500枚程度まで増えたが、持て余して、処分してしまった。
海外の絵はがきを特に意味もなく、日本で送ったら変だしね。
だから、「海外の切手を貼って、海外から送る絵はがきは意味があるが、絵はがきをお土産にしても無駄」という「世界旅行主義」が生まれたわけだ。
それに、海外から送った絵はがきは、切手の消印に日付も入ってるので、間違いなくそこにいたという証明になる。
ベストセラーを出して、有名になって、「世界旅行者記念館」でもできたときに、海外から出した絵はがきを、ずらりと並べて飾ろうという考えもあったが。
ただ、日本社会というのは、決まりきったたいくつな考えで凝り固まっているので、本当に斬新なアイディアは受け入れられない。
僕の旅行記は、あと50年もすれば、大人気になるだろうが、現在の退屈な日本では、無理だと諦めた。
さて、絵はがきを出すには、相手の住所も書かなければならないし、もちろん本文も必要だ。
これを全部手書きでやるのだから、時間がかかる。

本文には、ちょっと変わったエピソードでも入れなければ、おもしろくない。
それからもちろん、本文の最後には、「○月○日、△△にて」と入れるのが大切ね。
書いた日付を入れておくと、絵はがきが届いた日から、逆算して、何日かかったか、がわかるからね。
今では、だいたい一週間程度で世界中どこからでも日本に到着するけれど。
でも、国や場所によっては、何か月もかかることがある。
逆に言うと、絵はがきを受け取っただけで、「○○から日本まで、○か月かかった」という話のネタを提供できるわけだ。
実際、僕がメキシコシティから友達に送ったバースディカードが、4か月ほどたって、日本に着いたことがある。
また、ルーマニアのシギショアラ(ドラキュラ伝説のある町)からの絵はがきもずいぶんかかったね。
絵はがきを書くのは、時間がかかるので、逆に、旅先のいい時間潰しになる。
調子がいいと、次々と面白い話が沸いてくるので、絵はがきを書いているうちに、どんどん面白くなる。
最初は、たいした内容がなくても、書いているうちに、文章が多くなっていく。
絵はがきは、おなじことを何枚も別の人に話すってことだから、書いているうちに上達するってことね。
というわけで、今日は気合を入れて、絵はがきを書きました。
多分ギラニスホテルの写真がある絵はがきを全員に出したのだと思う。
結局、17人に書きました(僕の旅行ノートには、誰に出したか、全員のリストがあるよ)。
僕の体験でいうと、海外から出す絵はがきは、一日当たり20枚が限度です。
絵はがきを書き終えて、郵便局へ歩いて行って、絵はがきを送る。
読んでいた「PERFECT SPY」を捜したが、やはりなくしたようだ。
町の中心の本屋で、「ISAAC ASIMOV THE EARLY ASSIMOV T」を買った。
値段も控えてあるが、118シリング(944円)でした。

この本を持って、またブルーマリンホテルのプールへ行く(80シリング/640円)。
早めにギラニスホテルに戻り、レストランの「えびカレー(PRAWN CURRY)」(53シリング/424円)を食べた。
まあ、1988年の暑中見舞いを、ケニア東海岸の安ホテルで書いて、日本、イギリス、スペイン、アメリカの友人たちに送ったのは、悪くはないさ。
このおかげで、東京に戻ったとき、ただでマンションに住まわせてもらったわけだし。
でも、日本に戻るのは、まだまだ先の話。
これから、2年後の1990年5月のことだったけどね。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx