ラムへのバスを見送り、北へ歩くとホテル街を発見。「ブルーマリンホテル」のプールで泳ぎ、「エデンロックホテル」のバーで、ウォッカトニックを飲む。@マリンディ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月19日、今日は昨日とは打って変わっての、スカッとしたケニア晴れだ。
昨日は、起きたのは早かったが、小雨が降っているのを見て、午前中はベッドで本を読んで過ごした。
今日は、このホテルで出会った、短髪の女の子を見送る。
もともとラムへ行くつもりだったらしいが、マリンディのホテルで僕と知り合ってしまい、なんとなく一緒にいる。
僕は旅行者として、「これはマズイなー」と感じている。
というのは、旅をしていると、気の会う人と出会うことがある。
それはいいんだが、人間関係を優先していると、旅が出来なくなってしまうんだ。
東南アジアやインド、イスタンブール、中南米の日本人宿には、そこでの人間関係から離れられずに、旅が出来なくなった人がたくさんいる。
旅とは、「人と出会う」こと。
でも、新しい人と出会うためには、古い人間関係を捨てなければならない。

人間関係に縛られて、新しいことを始められないとしたら、最悪だ。
結局、旅とは、「人と別れる」ってことなんだね。
この時代、女の子が1人でケニアまでやってくるためには、大変な決意と手続きが必要だった。
彼女は、日本の地方都市に住んでいたので、ケニアのビザを取るために、交通費を使って、何度も、東京のケニア大使館へ行ったのだそうだ。
いま(2015)だと、ケニアビザは入国時に取れますが(ただしビザの件は常に自分で確認ください)。
僕は、1988年はロンドンでケニアビザを取ってきた。
1996年に行った時は、僕自身、東京のケニア大使館へ足を運んで、ケニアの人と雑談をして、ビザを取ったものだ。
昔は、とにかくアフリカ旅行はビザの問題が大変だったんだよ。
いまは、かなり簡単になったが、それでも時間が必要だ。
申請のカンタンなナイロビに着いて、旅行先の国々のビザをとるにしても、やはり時間がかかる。
アフリカ旅行を考えても、実際に旅する前に、面倒くさい手続きや、準備が必要で、よほどの覚悟がないと、無理だった。
それだけ、旅人も、ケニアに対する思い入れがあったんだね。
それだけの強い思いがあって、面倒さを克服して、ケニアまでやってきたなら、安易にだらだら過ごしてはいけない。
そんな思いをしてケニアに来たのに、旅先で声をかけてきた謎の中年旅行者(僕のことです)と下手に付き合って、旅が台無しになってはいけない。

だから、僕は彼女はすぐに、ラムへ行った方がいいとアドバイスした。
僕はラムの人間関係が重くて逃げ出したが、彼女には合っている気もしたし。
新しい土地へ行けば、新しい人がいて、新しい出会いがあるもの。
旅では、とにかく異動して新しい土地へ行き、新しい人と出会っていれば、絶対失敗にはならないんだ。
美女がバスで出発するのを見送って、そのままマリンディの北のほうへ歩いてみる。
すると、郵便局を発見。
郵便局があれば、絵はがきを書いて送るという行為で、一日潰せるね。
さらに北へ歩くと、小ぎれいな中級ホテルがたくさん並んでいる通り(HARAMBEE RD.)に入った。
ここら辺が、ヨーロッパからのツアー客が泊まるホテルのようだ。
ただ、一つ一つのホテルは、それほど大きいわけではない。
建物も、せいぜい3階どまりだ。
僕はアジアを旅していたころ、安ホテルに泊まって、別の豪華ホテルのプールに泳ぎに行く趣味があった。

観光客だったら、別のホテルに行っても、客と紛れてしまうので、自由に泳げたもの。
試しに、このホテルの中に入って、中庭を見ると、芝生に囲まれた丸いプールを発見。
ただ誰もいなかったので、見知らぬ東洋人がひとりで泳いでいれば、ちょっと変。
ホテルの受付で、プールで泳ぐことが出来るか、料金を聞いてみる。
外部からのプール利用はちゃんと料金が決まっていた。
僕のノートに「50+20+10」とある。
プールの利用料金が50シリング(400円)、デッキチェアが20シリング(160円)、ということだったのだろう。
最後の、10シリング(80円)は、バスタオルの料金ではないかな。
全部で80シリング(640円)だから、まあまあかな。
このホテルが、「ブルーマリンホテル(BLUE MARINE HOTEL)」でした。
僕がマリンディのギラニスホテルに泊まっていたときは、プールで泳ぐときはこのホテルに決めてました。
中庭の先にはそのままマリンディのビーチが広がってた。
時々海で泳いで、ブルーマリンホテルのプールへ戻って、シャワーを浴びて、海岸を歩いてギラニスホテルへ帰りました。
この時期、ヨーロッパからのツアーが入ってなかったらしく、ホテルのプールは僕一人の完全貸切り状態。
夕方には、別の「エデンロックホテル(EDEN ROC HOTEL)」のバーに行って、カウンターで「ウォッカトニック(VODKA TONIC)」を飲む。
ギラニスホテルへ戻って、本を読みながら、さらにビールを飲む。
こうして、僕の行動パターンが徐々に決まっていきました。
ステキなリゾートライフですね。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx