髪形を男性風に短髪にして野球帽をかぶった日本人美女と、海辺のレストラン「バオバブ(BAOBAB)」で食事をする。@マリンディ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月17日、午前中からスノーケリングツアーに参加して、昼過ぎにホテルへ戻ってきた。
海で泳いで軽く疲れたので、ギラニスホテルの3階の、僕の部屋のベッドでちょっと休む。
目が覚めて、お腹がすいてたので、一階に下りると、マネージャーの太った黒人のおばさんが、声をかけてきた。
「ミスターニシモト、日本人が来たよ」とのこと。
このホテルでは、一階がレストランと受付になっていて、部屋は二階と三階にある。
一階には、この太ったおばさんか、手伝いの少年が数人いる感じだったろうか。

【ギラニスホテル@マリンディ】
小柄な東洋人の若者が、バックパックを持って立っていた。
ジーンズにTシャツという普通の服装だが、野球帽をかぶっているのが特徴だった。
僕がいつものように気軽に挨拶して、ぺらぺらと話をしても、この若者は、ほとんどしゃべらない。
でも僕は、なにしろ、旅先で旅行者と出会った経験は豊富だ。
僕は始めて出会った人がどういう人なのかを考えるのが好き。
海外で出会う旅行者というのは、みんな確実に旅行経験があるので、出会って話をするだけで、とても面白い。
旅行ルートを聞くだけで、とても参考になる。
その旅行ルートを、神様のお告げだと考えて、自分の旅行ルートを決めたりする。
僕はアテネのシンタグマ広場で出会った旅行者が、僕の旅行ノートに書いた、簡単なイスタンブール地図で、イスタンブールへ行った。
アテネでイスタンブールから来た人と会ったということを、僕は「イスタンブールへ行け」とのお告げだと考えた。
僕はこのケニア旅行のあと、エジプトへ戻り、ヨルダンへ行くことになる。
ヨルダンへ行った理由は、モロッコのマラケシュのフナ広場で知り合った日本女性が、ヨルダンのペトラ遺跡へ行った経験を話してくれたからだった。
旅先での旅行者との出会い、旅先での体験の交換は、実際に役に立つし、強い影響力があるものなんだ。
日本国内で、他人の旅行話を調べても、何の意味もない。
ネットに、「最新情報を教えてください」という、「最新情報」を欲しがる、馬鹿な質問が溢れていた時代があった。
「最新情報」と検索している、頭の弱い人たちが多かった(涙)。

でも、常識として、「情報」は常に、変化しつづけるもの。
「最新情報」と検索かけたら、過去の「最新情報」が引っかかるだけだ。
昨日は本当だった情報でも、今日は変化していることが多い。
昨日の情報を知っていることは、今日のためには役に立たない(害になる)ってことになる。
過去の情報を調べても、変化している場合があるので、意味がないわけだ。
どちらにしても、今日の情報は、現地で自分で調べるしかないわけでね。
ガイドブックやネットの情報なんかに迷わされず、自分で現地で聞くしかない。
つまり、最低限、あるレベルで英語がしゃべれなければ、英語が読めなければ、どうしようもない。
日本語のガイドブックを読んだり、日本語のネットを検索するのは止めること。
間違った情報を読んで、誤解して旅をしたら、大失敗になるからね。

じっくりと英語を勉強して、定評のある英語ガイドブック「Lonely Planet」を読むのが基本。
英語が話せなかったら、人に聞くことも出来ないからね。
第一、日本語の旅行情報は、ほとんどが「思い違い」や「思い込み」で、早い話ウソなんだよ(涙)。
日本には、たいした旅行もしたことがないのに、旅行通を気取っているウソツキが多いんだよなー。
僕がつまらないと思うのは、よくいる「旅行自慢」「自称旅行通」タイプだ。
日本の日常生活で旅行自慢をしても、誰も聞いてくれないので、旅行自慢をする人間は、旅先やネットに多い。
例えば、バンコクの安宿街カオサンの日本人宿に居座って動かない。
そこで出会った旅行初心者に説教をして、旅行自慢をして自己満足するわけだが、実際の旅行体験は少ない。
いまふと頭に浮かんだのは、カオサンの安宿で知り合った女の子を殺した「自称カオサンの主」君だね。
モテたことのない男が、やっと付き合った女性に執着して、殺すなんて、見苦しいし、最低だよ。
第一、ホンモノの旅行者は、人と出会い、人と別れることが日常。
旅先での異性関係はよくあるが、その関係に執着しない、これがホンモノの旅行者なんだからさ。
ネットには、旅行がわかっているようなことを書いている人も多いが、実際は、日本から出たこともない人もいる。
以前は、本当に、ネットにはウソツキが多かった。
僕のように旅行経験が豊富だと、すぐにウソかどうか見分けがつく。
一般の人は、ネットのウソにカンタンに騙されてしまう。
そこで僕は、1人で、「ウソツキ潰し」「ウソツキ狩り」をやっていたんだ。
今でも僕のネットでの評判が悪いのは、そのころの名声が、轟いているからだ。
でも、旅先で出会った旅行者同士が話をすれば、絶対に面白い。
旅先でまで中途半端なウソをつく必要もないからね。
僕と直接会って話をして、ウソをつくことはできない。
だって、僕は、怪しいと感じたら、「それは君がいつ行った時の話?」と、遠慮なく、ズバリ聞いちゃうからね(笑)。
午後も遅かったし、お腹も減っていたし、出会った旅行者は、マリンディへ着いたばかり。
僕が誘って、海沿いのレストランへ行きました。
歩いているときに、胸のふくらみを見て、「あれっ、女の子だ♪」と気がついた。
海沿いのレストラン「バオバブ(BAOBAB)」へ行って、食事をする。
2人ともステーキを取って、ワインを頼む。
ちなみに僕は、この時代の僕の主義として、旅先で女性と食事をする場合、お酒ははおごるが、食べ物はワリカンにしていた。
しかしスペインはグラナダでのように、女性2人男性4人でお酒を飲んで食事をして、とても話が盛り上がった場合なんかは別。
僕が声をかけて、「女の子は無料、男性でワリカン!」なんて、よくやりました。
旅先で出会ったばかりの旅行者が2人で食事をするのに、片方がおごるのでは、筋が通らないからね。
もちろん、深い関係があったなら、そんなセコイことは、言いませんが。
食事のあとも、まだ時間が早かったので、ギラニスホテルの1階のバーで、ビールを飲んで、話をした。
なにを話したか、僕は覚えていますが、書きません。
このとき僕はぎりぎり30歳代で、彼女はおそらく、とても若く見えるが、大学を卒業したくらいかな。
外見は、正直、女子高生といっても通る感じでした。
ひょっとしたら、JK(女子高生)だったのかもしれません。
しかし僕は、女性の年齢を聞いたりしません(「世界旅行主義」)からね。
uk greece turkey egypt kenya asia europe
world index list
xxx