ホテル料金の支払いと領収書問題、2度目のスノーケリングツアー。アフリカンダンスショーでガッカリ。@マリンディ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月21日、今日は2度目のスノーケリングツアーに参加する。
一度目は、ラムからのセスナで一緒だった、美人フランス母娘と一緒だったし、結構楽しかった。
海の状態もよかった。
サンゴ礁でも軽く潜ったし、その後に行った、海面ぎりぎりに顔を出した砂の丘がきれいだったね。
さて、ツアーに行く準備をして、ギラニスホテルの一階に下りる。
すると、ギラニスホテルのでっぷり太った黒人女性、「ママ」と呼ばれるおばさんが僕に声をかけてきた。
「ホテル代を払ってくれ」ってね。
「ホテル代の支払い問題」というのも、バックパッカーにとってはいろいろ面白い話がある。
僕のベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」の第4章第8項には「ホテル代は出来るだけ払わない」というものがある。
これは、「ホテル代の支払いのトラブルが多い」ことに対する注意喚起だ。
僕はこのとき、最初の日(7月16日)の宿泊費を、チェックインのときに支払っていなかった。
一般的に中級ホテルだと、宿泊代は、チェックアウトのときに、まとめて清算するもの。
ただ、安宿だと、毎日支払うこともよくある(が、払わないからと追い出すようなことはしない)。
さて、ギラニスホテルは、完全な安宿ではないが、中級といえるほどちゃんとしたシステムがあるわけでもない。
黒人のママが、気分が向いたときに、客に声をかけて、支払いさせる。
それが例えば毎日払ってくれというように、きっちりしていれば、僕はもちろん払うつもり。
ただ、支払いの証明がいい加減だった。
インドなんかでは、安宿でも、きちんとした領収書を出すところが多い。
イギリスの植民地支配の影響なのだろうが、そこはきちんとしている。
だから僕は、インド人は、基本的に信用しているんだけどね。

ところが、世界中の安宿で、領収書を出さないところも多い。
多分、領収書の存在自体を知らないのだろう。

だいたい名前や国籍、パスポート番号を書いた宿泊者名簿があって、その横に、支払ったかどうか書き込んでいく。
宿帳に、支払ったかどうかを、確実に書き込ませなければならないわけだ。

ギラニスホテルでは、黒人のママがいつもいるわけではない。
見知らぬ黒人の少年が、宿賃を要求したりする。
誰が宿帳を管理しているか、いい加減なんんだ。
きちんとした支払いの証拠が残らないと、不安だよ。
ホテル料金の支払いのトラブルは、旅をしていると、日常的に起こるもの。
バックパッカーの場合は、ホテル料金が高額になることはないが、トラブルが起きると非常に気分が悪くなる。
宿代の支払いのトラブルは、バルセロナを出る時にも経験した。
これから向かうことになる、中米グアテマラのオアハカでは、宿のおばさんから宿代のお釣りをごまかされそうになった。
南米クスコの宿をチェックアウトするときは、宿代を支払った支払わないでトラブルになり、警察を呼べと怒鳴ったものだ。
旅慣れていても、宿の宿泊料の支払いトラブルは起きるもの。
だから僕は、ギラニスホテルの宿帳にはっきり、「支払い済み(PAID)」と書いてもらわない限り、支払わないことにしていた。
7月19日に、16日から19日までの4日分(480シリング)を払った。
今日7月21日は、明日も声をかけられるのが面倒なので、20日から22日までの3日分(360シリング)を払った。
領収書はないので、宿帳に払った(PAID)と書き込むのを確かめる。
これで一応、ホテルの支払いの問題は、落ち着いた。
でも、誰が見ても僕は、このホテルにだらだら滞在しているのに、支払いを要求されるというのは、あまり気分がよくない。
この最初の世界一周の時期は、僕は(日本の銀行口座に)金がたっぷりあって、余裕を持って旅し、生活していたんだからね。
正直、バックパッカー旅行をしていて、ある程度金銭的に余裕があると、これほど楽しいことはない。
お金をどんどん使う旅をしても、なんにも面白くないから、金を捨てているようなものだ。
僕は、企業の海外駐在員として働いた経験もあり、結婚していた女性とのリゾート地へのツアーの経験もある。
それはそれで面白かったが、でも、安宿に泊まって始めて、バックパッカー旅行をして始めて、「これが僕の求めていた旅だったんだ」とわかった。
タイのパタヤビーチで「ロイヤルクリフビーチホテル」の新年パーティに出ていたとき、僕の心は、パタヤビーチの安ホテルに飛んでいたんだ。
だから、一番面白い旅というものは、「金に余裕があるバックパッカー旅行」なんだね。
もっと厳密に言うと、「金と時間がたっぷりあって、余裕を持った貧乏旅行」というのが最高ということになるね。
それが僕が、やった2年8か月の「第一回目の世界一周旅行」なんだけどね。
これが金を持ちすぎて、高級ホテルに泊まり続けて、飛行機で移動し、タクシー利用して移動しても、ちっとも面白くないんだ。
バックパッカー旅行をして、安宿に泊まっていると、面白い旅行者にたくさん出会える。
ホテルのスタッフも、安宿の方が個性的で、楽しいよ。
アルフレッドがやってきたので彼の車で、スノーケリングツアーの出発地シルバーサンズビーチへ。
彼に、僕が読み終えたばかりのペーパーバック「SHIBUMI」をプレゼントした。
僕の旅行ノートに、スノーケリングツアーの料金として、「110+30シリング」と書いてある。
多分、スノーケリングツアーの料金が110シリング(880円)、30シリング(240円)は三点セット(フィン、水中眼鏡、スノーケル)のレンタル料金でしょう。
しかし、今回のスノーケリングは、期待ハズレだった。
まず、天気がそれほどよくなくて、風があって、波が立っていた。
波が立っていると、海の透明度が落ちて、きれいじゃないんだ。
また、砂山へ行っても、潮の加減か、海面すれすれではなくて、水深がちょっと深かった。
とてもきれいな海草をのんびり眺めることが出来ない。
無理に潜ったが、やはり水が少し濁っていた。
前回と比べると、満足度は大きく減少。
これならば、わざわざ来ることはなかった、という印象でした。
ツアーで一緒だった、イギリス人の若者、ネルソンとジョナサンに、「僕が前回来たときはすごくよかったんだけどね」と愚痴を言う。
夜には、「AFRICAN DANCE SHOW」というショー(120シリング/960円)を見て、食事をした。
と、ノートにはっきり書いてあるが、記憶が完全に欠落している。
多分、あまりにつまらなかったので、記憶から消してしまったのでしょう。
僕がロンドンの有名語学学校「インターナショナルハウス」で受けた授業に、アフリカの観光の話があった。
BBCの番組だったが、アフリカでは観光客向けに作ったダンスショー(現実にはないダンスを適当に作って)を、それらしくやっているという話。
そういう先入観があったので、最初から拒絶反応があったのかもしれない。
という感想でした。
まあ、ビーチにいるなら、ビーチを楽しめばいいだけ。
観光客向けに無理にでっち上げたアフリカのダンスなんて、見る必要はありません。
僕はいままで、モンバサ、マリンディ、ラム、マリンディとケニア東海岸を旅して来た。
「Lonely Planet AFRICA」を読むと、マリンディの南に「ワタム(WATAMU)」というビーチがあるようだ。
それなら、明日は、ワタムへ足を伸ばしてみましょうかね。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx