《マラリアは、本当に怖いという話/世界旅行者は東アフリカでも西アフリカでも、南米でもマラリア薬を飲みました》
発表によると、2002年に致死性の高い形のマラリアを発症した人の数が、なんと「5億1500万人」に達したとのこと。
1998年に世界保健機関(WHO)がした推定「2億7300万人」だった。
確かニューズウィークかタイム誌でも、マラリアが大流行していると報道されたことがある。
マラリアは、熱帯地方を旅する人にとっては頭の痛い問題だ。
1988年に僕はナイロビにいて、マラリアでナイロビ病院から退院したばかりの、げっそりとやせ細った学生に会ったことがある。
また、僕の友人の世界旅行者協会会員「早稲田1号」という女性は、慢性のマラリアで、時々発病するようだ。
2001年の西アフリカ旅行では、マラリアで死にかかった日本人男性に会い、マラリアの看病をしているイギリス女性と話をした。
アフリカを旅をしているとマラリアは身近なものだ。
その僕が言うが、マラリアは冗談じゃなく恐い。
だから、僕はマラリア予防薬は飲んだ方がいいと思う。

最近、予防薬の副作用があれこれ言われて、東京検疫所のパンフレットでも、予防薬を飲まない方がいいとアドバイスしている。
ガイドブックでも副作用の話が強調されて紹介されている。
しかし、副作用ばかり言ってマラリアの怖さを語らないのは、ただの責任逃れなんじゃないかな。
1988年に、僕が、ナイロビに初めて行ったときは、ナイロビのスーパーマーケットではマラリアの薬が何種類も、ずらっと並んで売られていた(今は薬局でないと売ってないけど)。
1989年に中米を下っていったときは、捜してもマラリアの薬が見つからず、南米エクアドルの首都キトでやっと見つけて、薬を飲みながら、アマゾン低地の「オリエンテ」へ下っていった。

マラリアにはいろんな種類があるが、問題なのは「熱帯熱マラリア」だ。これは「約12日間の潜伏期間の後、40℃を越える高熱を出し、放っておくと一週間以内に死亡する恐れがある(東京検疫所海外感染症情報より)」とか。
1996年に、東アフリカを南アまで下る時、僕はナイロビの日本大使館の医務官に相談した。
勧められたのが、メフロキン製剤の「Mephaquin」という薬。
マラリア汚染地域に入る一週間前から飲み始めるように指示されている。
2001年にマリから戻って、マラリア感染を心配して、ダカールの日本大使館の医務官に相談してマラリア検査をうけた。
彼もやはり「Mephaquin」を処方していた。
東アフリカと西アフリカの日本大使館の医務官が、同じ薬を勧めたのだから、マラリア汚染地域に行くなら、これがいいんじゃないかな。
ただ副作用の問題もあるので、僕みたいに、飲む前に日本大使館の医務官に相談したらいいと思う。
相談は無料ですよ。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20100208