バマコの青年の家(Maison des Jeunes du Mali)@バマコ/マリ

【Maison des Jeunes du Mali】
マリの首都バマコへ鉄道で着いた翌朝、あちこち宿を見て回ったのだ。
が、有名なファンタおばさんの「シェファンタ」も、雀部くんにはちょっと高かった。
それで、一緒に「メゾンドジュンヌ」早い話が「青年の家」にやってきた。
彼はここに泊まることに決めた。
しかし、僕がトンブクトゥから帰ってきて、彼を訪ねていくと、どこか黒人の民家にホームステイしているようだった。
ただ、旅先ではよくあることなのだが、僕が彼を探しているという噂がぱっと広がったようで、その夜、雀部くんが僕の部屋にやってきた。
それからレストランセントラルだっけ、そこが閉まるまで、ビールを飲みながら、いろいろと話をしたよね。
【写真】バマコの青年の家の入り口前に立つ世界旅行者
【旅行哲学】海外の町では東洋人が東洋人を探しているという噂はぱっと広がるもの。