ナイル川の渡し場でフェリーに乗って、西岸を自転車で回る@ルクソール/エジプト

ルクソールの東岸から西岸へのボートを待つ世界旅行者と日本人旅行者@ルクソール/エジプト
僕は、最初のインド旅行、東南アジア旅行、またそのころ結婚していた女性とバリやフィジーやなんかに一緒に行った旅では、結構写真を取っていたよ。
ただ、離婚するときに全部捨ててしまった。
最初の世界一周旅行では、全く自分で取った写真というものが存在しない。
そのころの僕は、「海外旅行で写真を取ってはいけない」と考えていたからね。
それは、僕のベストセラー本「間違いだらけの海外個人旅行」にもはっきり書いてあるんだ。
写真を取り出したのは、つい最近のこと。
僕の最初の世界一周旅行の話が少ないのは、やはり、写真がないから話が広げにくいってこともあるんだよ。
それがいま、悩んでいるところなんだけどさ。
ま、何とか解決策を考えてみたい。
もちろん、僕のサイト「世界旅行者みどりのくつしたの部屋」に行けば、写真はなくても、楽しい話がたくさんある。
興味深い旅行論、人生論、セックス論がテンコ盛りだ♪
自分では写真は取らないとしても、長い旅の間には、出会った人が写真を取ってくれることもある。
ただ、写真を取ってくれることと、その写真をちゃんと送ってくれることは、全く別の話なんだよね(笑)。
ここにある写真もたまたま出会った人が撮ってくれたもの。
場所はルクソールのナイル川の渡し場だ。
この写真は、それから2年後、僕が世界一周を終えて日本に戻ったあとで、住所を教えられていたので連絡を取った。
すると、写真を送ってくれたんだっけ。
このころはほとんどの個人旅行者は、自転車をレンタルしてルクソール西岸を回っていたものだ。
自転車は1日で2エジプトポンド。
そのころ両替レートが、1エジプトポンド=60円見当。
だから約120円、つまり1米ドルくらいだった。
写真は、これからナイル川を小さなフェリーに自転車ごと一緒に乗る前。
これから、ルクソールの西岸へ行くところ。
隣にいるのは、アスワンで出会った、日本人学生くん。
もう一人の旅行好きの女性と3人で王家の谷を、自転車で走り回りました。
結構疲れるが、後になると楽しい。
特に、王家の谷へ行くのは上り坂なので、ここは大変です。
でももちろん王家の谷までいってしまえば、あとは楽。
帰りの下り坂は、自転車をこがなくてもずんずん進みます(笑)。
【写真】ルクソールの渡し場
【旅行哲学】旅先で取っってもらった写真は、どんなに約束しても、普通は送られてこないもの。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt