ルクソールからハルガダへオンボロバスに揺られて、6時間。紅海を見る。一目見て、ハルガダは長居するところではないと判断。@ルクソール〜ハルガダ/エジプト

「西アフリカ旅行記」も入ってる「大人の海外個人旅行」
1988年5月24日に、日本人3人(人妻さん、学生さん、みどくつさん)で、アスワンからルクソールへ移動(多分5時間くらい)して、「ウインザーホテル」に泊まる。
その日のうちに、歩いて「ルクソール神殿」を見に行った。
翌日の25日に、日本人3人で自転車を借りて、ルクソール西岸をぐるんと回る(メムノンの虚像、ハトシェプスト女王葬祭殿、王家の谷etc)。
とにかく暑いので、そのあとは、一流ホテルのバーで、バカルディトニックを飲んだ。
人妻さんが、1人でカイロへ夜行列車で戻るというので、切符を買うのを手伝ったりする。
僕は眠くなったので退散して、学生さんに人妻さんを見送りさせたが、無事列車には乗れたそうです。
僕は自転車で疲れてしまったので、1人でホテルに戻って、とっとと寝ました。
さて、26日はどうするか。
本格的な海外個人旅行では、その日にやることはその日に決めるからね。
25日にお酒を飲んだときに、いろいろ話をして、ルクソールには「カルナック神殿」があるとわかった。
問題は、カルナック神殿を見るかどうか。
僕は、ルクソール神殿を見ているので、たいした違いはないだろうと、見ないで済ませることにした。
僕が世界中を旅しながら読んでいた本の半分は、アガサクリスティの探偵小説。
だから当然、「ナイルに死す(Death on the Nile)」は、何度も何度も読んでいた。
列柱上から大石が落ちてくるシーンの、「カルナック神殿」は当然押さえたいもの(DVDを見たら違うようです)。
しかし、「ルクソール神殿」を見たのでいいことにした。
もともとこの2つの神殿は、つながっていたという話もあるようだし、たいした違いはないでしょう。
とにかく暑いので、泳ぎたい感じ。
ルクソールから、紅海へ出れば、ダイビングが出来るらしい。
僕は海外で、大げさな装備をするスキューバダイビングをすることはない。

僕が取った「PADI BASIC」ライセンスカード
というのは、海外のダイビング機材のメンテナンスを信用してないから。
水が透き通っているところでは、スノーケリングで十分だし(しかも、安くて安全)。
ルクソールから紅海へ出て、ハルガダでスノーケリングをして、泳げばいい。
ハルガダからスエズ湾沿いに北上すれば、スエズ運河にでる。
紅海でダイビングをして、スエズ運河を見れば、ちゃんと観光しているわけだ。
スエズで一泊するかどうかは別として、そのあとは、カイロへ行けばいい。
カイロへ戻って、まだ見残している観光地を押さえながら、ケニアへ飛ぶ準備をする。
何しろカイロには、一回目の滞在で、正味一日しかいなかったので、見るものはまだまだたくさんある。
例えば、観光の定番、タハリール広場の「エジプト考古学博物館」なんかね。
海外旅行をしていると、同じ町を2度目に訪れると、最初のときとははっきり感覚が違う。
だから今の本当の感情としては、「とっととカイロへ戻りたい」ってことかな。
それならば、人妻さんと同じように、夜行列車で一気にカイロへ戻ってもいいわけだが。
しかし、旅行者として、「紅海ダイビング」という定番は、逃すわけには行かないでしょう。
26日の朝に、誰か美人女子大生さんとでも出会えば、それなりに旅行予定は変えてもよかった。
だが、出会えなかったので、学生さんと一緒に、ハルガダ行きのローカルバスに乗る。
バスは、エアコンもなく、もちろんトイレもない(料金が、4ポンド/240円)。
ただ、エジプトのように暑くて、汗が流れ続ける気候だと、おしっこは出ず、汗になってしまうので、トイレを気にすることはない。
その汗も、ローカルバスの開け放した窓からの風で、どんどん蒸発していく。
道路状態もそれほどよくないので、本を読むのは出来ない。
学生さんと、話をするのも疲れる。
ぼんやりと、バスの揺れに身を任せて、ボーッとしている。
こういう時に、頭の中に浮かぶことが、旅の本当の楽しみかもしれない。
いろんなことが、脈絡なく、次々と頭に浮かぶ。
あの町で出会ったあの女の子は、僕のことが好きだったのではないだろうか。
ひょっとして、2人なら、この短い人生を、楽しく、生きていけたかもしれない。
でも、すぐに関係がダメになって、傷つけあっていたかもしれない。
僕はもう歳だから、好きになった人を傷つけたくないし、傷つけられたくもない。
旅先の人間関係程度で、軽く、表面だけの付き合いがいいね。
と考えているうちに、ハルガダへ到着した。
ハルガダへ到着したとはいっても、バスが広場に止まって、乗客がみんな降りただけ。
僕も、海外旅行で、新しい町に到着して、全くわけがわからず、どこにいるのか理解できないということは何度も経験している。
それにまだまだ日は高い。
適当に歩いて目についた、「RAMOZA HOTEL」のツインに、学生さんと2人で泊まることにした(一室12ポンド/1人6ポンド)。
普通だと、僕は一人で泊まるのだが、2人で泊まったのは、学生さんの懐具合を考えたからかな。
それと、ハルガダを見て、「ここは長くいるところではない」と思ったから。
砂浜はあるが、日本人が期待するような、椰子の木陰もないし、アジアのビーチリゾートのような、小さな店が立ち並んだゴミゴミした場所でもない。
ここは、紅海ダイビングをすれば、それで終わりの場所だ。
現在のガイドブックを見ると、紅海でダイビングライセンスを取るのが流行のようだが、止めた方がいい。
アジアのビーチで取った方が楽しいと思う。
それに、「海外旅行で取るダイビングライセンスは、役に立たない」というのは常識だよ。
そこで、ホテルで、明日のスノーケリングツアーに申し込んだ。
軽くチャプチャプすれば、紅海ダイビングしたという言い訳にはなるだろう。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt