ローカルバスが壊れる@ブラワヨ/ジンバブエ

【ビクトリアフォールズからブラワヨへのローカルバスがパンクした】
南部アフリカへ来た第一の目的は、もちろんビクトリアフォールズを見ることだった。
米国とカナダの間のナイアガラフォールズ、アルゼンチンとブラジル国境のイグアスの滝はすでに見ていたので、ジンバブエとザンビアの国境にあるビクトリアフォールズを見れば、これで世界三大滝を見たことになるんだ(ちなみに世界一落差の大きなベネズエラのエンゼルフォールズもこのあと見たけどね)。

滝を見てしまえば、あとは、ケープタウンまで下ればいいだけ。
しかし、ケープタウンに行くにしても、いろいろなルートがあるよ。

ひとつはこのままバスに乗って、ジンバブエのブラワヨ、南アのヨハネスブルグ、ケープタウンと移動すること。
でも、そのルートはありふれていて、ちょっと芸がないかしら。

もちろん西へ進んで、ビクトリアフォールズからナミビアへ抜けて、ナミビアから南アへと移動してもいい。
また、ボツワナ経由のルートも面白いだろう。

ただ、ボツワナはかなり物価が高いし、ボツワナへ行ったところで誰も興味を持ってくれないだろう。
誰も知らないだろうから、行っても誰も興味を持って話を聞いてくれない。

誰も興味を持たないところへ行くのは、意味がない。
それを言い出せば、ナミビアだってほとんどの人は気にしていない。

やはりここは、ジンバブエから南アへの陸路国境、有名な「ベイツブリッジ」を越えるのが、面白いだろう。
考えていても仕方がない。

と、これを考えていたのが、ザンビアのリビングストンという町だ。
荷物をまとめて、タクシーに乗り、ビクトリアフォールズの国境を通り、ジンバブエ側のバスターミナルへ行く。

するとローカルバスが出発寸前だった。
もっと豪華な観光客用バスもあるはずだが、それには予約が必要だ。
これに飛び乗る。

料金は78ジンバブエドル(約800円)。
午前10時出発。

さすがローカルバスらしく、あちこちの村に寄っていく。
途中から乗ってきた黒人の酔っ払いが乗客に絡んでウザイ。

おしっこをするからとバスを停めてしまった。
日本でもジンバブエでも酔っ払いは一緒だ。

「こんなやつ、置き去りにすればいいのに」と思ったりしたね。
僕を中国人と見て、変な中国語らしき言葉をかけてきたりね。

そうこうしているうちにもバスは進み、ローカルバスは見事にパンクした。
ちょうどいい機会だと、バスの外に出て休む。
そしてバスの修理中の写真を取る。

ブラワヨ到着は、予定の午後5時から、ちょっと遅れた5時20分。
以前泊まっていた「ホテルセシル」へ行くと、大歓迎してくれたよ。

ビクトリアフォールズのホテル探しが大変だったけれど、戻ってきてセシルへ入ると、セシルではクレジットカードも使えて、大きなバスタブもあるので、けっこうまともなホテルだと見直したよ。

【写真】ビクトリアフォールズからブラワヨへのローカルバスがパンクする。
【旅行哲学】同じホテルでも二度目になると定宿で、いいところが見えてくるね。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20050315