『リビングストンで一泊して、リビングストン博物館を見る』@リビングストン/ザンビア/アフリカ

【ビクトリアフォールズ@ザンビア側】
1996年6月30日。
日曜日なので、一週間に一回のマラリヤ薬を飲んだ。

「レインボーロッジ」の1泊25米ドルの宿泊料には、朝食も含まれている。
ただ、学校の生徒たちと一緒になって、サービスが遅くてイライラする。

さて、レインボーロッジに2泊したら、飽きたね。
それに、ビクトリアフォールズもジンバブエ側、ザンビア側から見て、もう飽きてしまった。

1996年のアフリカ縦断は、二度目の世界一周旅行の一部だ。
ジンバブエは、ハラレ、ブラワヨ、ビクトリアフォールズと移動してきたので、旅をしてきたと堂々と言える。

ただ、ザンビアの場合は、ビクトリアフォールズのザンビア側に泊まっただけ。
これでは、ちょっと弱いかな。

やはり、ザンビア国内でも一つの町に泊まった方がいい。
ビクトリアフォールズの近くには、リビングストンというザンビアの町がある。

ここまで行けば、「ザンビア旅行をした」ということも出来るだろう。
そう思いついた僕は、レインボーロッジをチェックアウトする。

ホテルのフロントに出ると、昨日のタクシーが僕を待っていた。
「国境へ行くか?」と聞くが、僕は「リビングストンへ!」と答える。

運転手は缶ビールを飲みながら運転している。
国境のタクシーというのは、結構儲かる仕事かもしれないね。

途中で黒人女性2人を拾って、乗せた。
リビングストンの町は、僕が想像したよりは、ずっともっと大きかった。

「Lonely Planet Africa」のリビングストン地図を見て、「REDCROSS HOTEL」に泊まることを考えていた。
が、外観があまりに汚かったので、遠慮させていただく。

ナイロビの旅行会社「Do Do World」の情報ノートにあった「NORTHEASTERN HOTEL」にチェックインする。
部屋は410号室だが、エレベーターはない。

シングルルームで9千ザンビアクワッチャ。
1996年のこの時期、1米ドルが1100クワッチャのレート。

だから、クワッチャを10で割ると、円になると考える。
つまり、部屋代が9千クワッチャとは、9百円と考えれば簡単。

このホテルでは、100ジンバブエドルを12500ザンビアクワッチャに両替する。
1ジンバブエドルは11円と考えていたから、納得できるレートだ。

そこで、120ジンバブエドルを出して、15000クワッチャに両替し、部屋代の9000クワッチャを引いて、6千クワッチャを手にした。
ザンビアのビール「ライノ(RHINO)」が700クワッチャ。

これはrhinoceros、つまり「サイ」という名前ね。
もう一つ「モシ(MOSI)」というビールは500クワッチャ(50円)。

ビールはジンバブエとだいたい同じ値段だ。
ホテルを決めて、町を歩くと、他にも適当なホテルがあった。

リビングストンへ来て、何もすることがないとき、旅の規則がある。
それは、何も見るものがないときは、美術館や博物館に行くってことね。

たまたま「リビングストン博物館」がああったので、行ってみた。
入場料は、30クワッチャ、つまり3円だ。

ここでは、ザンビアの歴史が、わかりやすく展示されていた。
ザンビアはもともと北ローデシアだった。

北ローデシアは、北東ローデシアと北西ローデシアが合体したもの。
僕のホテルの名前が「ノースイースタンホテル」だが、このノースイースタンは、この「北東ローデシア」から来ているわけだ。

1964年から1972年まで、第一共和国。
1972年から1991年まで、がUNIP(United National Independence Party)カウンダの独裁政治が続いた第二共和国。

1991年にMMD(Movement for Multi-Party Democracy)が政権をとって、第三共和国が成立。
ザンビアとタンザニアを結ぶTAZARA(タンザン鉄道、ウフル鉄道)は、Rhodesia(現ZIMBABWE)が1973年に国境を閉ざしたので、作られた(1975年完成)。

タンザン鉄道は、中国の支援によって建設されたので、駅なんかも中国風になっているようだ。
僕がケニアから南アまで下っていたこの時期、タンザン鉄道はかなりサービスがよくなったみたいだ。

そのころ、タンザニアの新聞に大きな広告を出していたからね。
いまどうなっているか、それはわからないが…。

国境の町にしてはリビングストンの町が大きいと感じた理由。
それは、もともとリビングストンはザンビアの首都だったせいらしい。

そのあと、ルサカに首都は移ったんだけれどね。
博物館はほとんど人がいず、がらんとしていたので、ゆっくりと見れたのはよかった。

博物館をじっくりと見たので、今日やることはオワリ。
だって、旅(個人旅行)では「一日にひとつのことをすればいい」んだからね(笑)。

町のタクシー乗り場前のテント張りのレストランへ行く。
ソーセージ(K1,000)を2個、チップス(K700)、バーガーサンド(K760)、それにライノビール(K700)を3個とって、今日の食事にする。

これで、5560クワッチャ(K5560)。
さっき入手した6千クワッチャを使い果たしたので、20ジンバブエドル札を2500クワッチャに両替した。

ザンビアの英字紙「SUNDAY MAIL」が500クワッチャ(50円)。
ミネラルウォーターが1500クワッチャ(150円)と、結構高いね。

他にすることもないので、ホテルの部屋に戻って、ベッドに横になり、本を読んでいた。
うとうとして寝込んだようだったが、夜中に隣の部屋が騒がしくて目が覚める。

午前3時ごろから、僕の部屋のドアを叩かれたりするよ。
黒人の皆さんが酔っ払って騒いでいるらしいので、部屋にじっと閉じこもっていた。

リビングストンで一泊して、リビングストン博物館を見たのだから、個人旅行としては十分。
明日は、ジンバブエのビクトリアフォールズへ戻って、ナミビアへ飛べるなら飛ぶ。
飛べなくても、ブラワヨへ戻ってもいい。
まあ、それは、明日考えればいいことだ。