『安宿を決めて、明日のブランタイアへのバスの予約を取り、協力隊員に会い、ベッドで銃声を聞く』

【ムズズからリロングウェイへのバス】
1996年6月21日。
ムズズからリロングウェイに到着して、すぐにモザンビーク大使館へ行った。
だが、モザンビークビザを今日中にゲットするのは無理だとわかる。

今日は金曜日なので、動きが取れない。
モザンビークの領事館があるブランタイアへ行ってもいいが、そちらでも月曜日まで動きが取れないのは一緒だ。

とにかく、リロングウェイに1泊することにしましょう。
と考えるが、ホテルを捜すのが問題だ。

だいたいマラウィの首都リロングウェイなんかに、バックパッカーが来る意味がない。
だから、安宿自体の数が少ない。

こういうときは観光案内所へ行けば、何か教えてくれるのが世界の常識。
まず、観光省(Ministry of Tourism)へ行ってみた。

しかし、僕が感じたとおり、リロングウェイは国際公務員と援助団体の集まるところ。
どちらも、税金と寄付金という他人の金で食っているところなので、ホテルも豪華なところに泊まる。

リロングウェイの観光省は、安宿の情報は全く持ってない。
そうなると、「Lonely Planet」を読むことになる。

「CAPITAL CITY MOTEL」というのがあるが、町の中心から遠いので不便だ。
安く泊まれるという「LILONGWE GOLF CLUB」へ行くと、泊まれないとのこと。

ゴルフクラブで紹介された「ST. PETERS GUEST HOUSE」へ行く。
ここは、ドミで1人100クワッチャ(7百円)。

ドミはいやなので、一人で部屋を借り切ろうと交渉する。
すると、3人部屋を3人分借り切って、3百クワッチャ(2100円)。

ボロボロの部屋に2千円は払えないよ。
バックパックを背負ったままとぼとぼと歩いていると、地元の人に出会う。

安宿はないかと聞くと、「GOLDEN PEACOCK GUESTHOUSE」を紹介される。
行くと、韓国料理店「高麗亭(KOREAN GARDEN)」の敷地内にあった。

見せてもらうと、何とか我慢できる部屋で、シングルが180クワッチャ(1260円)。
これ以上バックパックを背負ったまま歩き回るのは意味がないので、5号室に決めた。

「NATIONAL BANK OF MALAWI」で両替する。
百ドルのトラベラーズチェックが1462.62クワッチャになる。

この内訳は、百ドルが1487.59クワッチャ。
それから、コミッションを1パーセント引かれた手取りだ。

タンザニアからの国境を越えた時、50ドルがスカッと750クワッチャに替わった。
このように銀行で替えるよりも国境でのレートの方がいいことも、よくある。

ダウンタウンのステージコーチの事務所で、リロングウェイからブランタイアへのバスの事を聞く。
明日はブランタイアへのバスが、午前7時と午前11時半の2本ある。

リロングウェイからブランタイアへはたった3時間半とか(245クワッチャ)。
ブランタイアからジンバブエの首都ハラレへのバスを聞く。

すると、ブランタイア(BLANTYRE)からジンバブエのハラレ(HARARE)へは、午前7時に出発して到着は17時(午後5時)とのこと。
バス料金は月、水、土曜日が225クワッチャで、火曜、金曜日が600クワッチャ。

ただ、ステージコーチは、かなりいいバスだよ。
もっと安い地元のバスがあるはずだ。

ダウンタウンからちょっと離れた、長距離バスターミナルへ歩いて行く。
ただバスターミナルへは上り坂だった。

ずいぶんと歩いたところで、地元のマーケットに迷い込む。
マーケットが長く続きすぎているので、バスターミナルへなかなか着かない。

疲れたので、途中で諦めて帰ろうとする。
すると、歩く途中でバスターミナルの場所を聞いた黒人の若者と出会う。

彼は親切に、僕をバスターミナルまで一緒に歩いて連れて行ってくれたよ。
僕としては、おせっかいだと思わないこともなかったけどね(笑)。

ブランタイアへのバスを聞くと、午前9時のバスがあって、料金は180クワッチャ。
ステージコーチよりもこちらが65クワッチャ(5百円弱)安い。

ただ、長距離バスターミナルが丘の上にあって、明日僕はバックパックを背負って坂を登ることになる。
それは疲れるので考えないことにした。

長距離バスターミナルのすぐ横に、「COUNCIL REST HOUSE」があった。
これは「Lonely Planet」の地図にも書いてあったが、ボロボロで汚くて、とても泊まれる感じはしなかったね。

これで一応、リロングウェイからブランタイアへの交通については調べた。
宿へ戻って、冷たいシャワーを浴びると、キモチイイ。

下着と靴下を手洗いして、部屋に干す。
さてあとは、食事をするだけ。

「THE SUMMER PARK」で、ビーフバーガー(40クワッチャ/280円)、チップス(フライドポテトのこと/17クワッチャ)、コーラ(5クワッチャ)を食べる。
このハンバーガーショップでは、結構白人のボランティアみたいな人間を見た。

それから、明日のコーチラインの予約をした。
ブランタイアへ3時間半で着くわけだから、午前11時45分のバスにする。

座席番号16番で、料金は245クワッチャだ。
明日は、ゆっくりと寝ようというわけだね。

「PTC HYPERSTORE」というスーパーマーケットへ行って、南アの赤ワイン「PINOTAGE」が120クワッチャ(840円)。
つまみにコンビーフ(29.95クワッチャ/200円)、それとミネラルウォーター(6クワッチャ/40円)。

スーパーマーケットで日本人の若者3人に会った。
話しかけると、協力隊員だとのこと。

スーパーに夕食の食材を買いにきたのだそうだ。
世間話をしていると、一緒に食事を誘われたが、明日のことを考えて断った。

泊まっているホテルに隣接している「高麗亭」で、夕食を取る。
即席キムチの元がかけてあるだけのキムチ(15クワッチャ)、量が多いだけの具のない焼きソバを食べて、ビール(14クワッチャ/百円)を3本飲んだ。

会計の時に、強引に税金やサービス料を付けて、150クワッチャ(千円)とは高い。
でも、3本飲んだビールを間違えて2本と付けていたので、このボッタクリを許す。

部屋で今日の日記を付ける。
コンビーフをつまみに、ワインを飲む。

移動して、宿を見つけ、町を歩き、食事をして、夜は酒を飲む。
旅はこれの繰り返しだ。

明日はまた、バスに乗って、ブランタイアへ向かう。
そこがどんな町なのか、考えてはいけない。

旅人の道は、すべて神がすでに決定しているのだから。
ベッドに横になっていると、夜の10時半、遠く連続した銃声を聞いた。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20081229