ラムのシェラビーチへ歩いて、片道45分。一周君夫婦と会う。風が強くて砂が飛ぶので、ラムのビーチを見切る。@ラム/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月13日、ラム島の海岸通(ケニヤッタロード/Kenyatta Road)に立つ「キシワニホテル」の2階で起きて、ゆっくりする。
ケニア東海岸のソマリア国境に近い、ラムというのは、昔からバックパッカーの沈没地として有名だった。
しかし、昨日のべたべたした人間関係からも、どうも僕の肌に合わない。
僕が日本人のカップルを探していると話したら、すぐにカップルのホテルまで、わかってしまった。

今朝も、朝食を取りに出ると、子供が話しかけてきた。
そして、「捜している日本人のカップルは、シェラビーチへ行ったよ」と、教えてくれる。
こういう「地元の子供との親しい交流」がうれしい人もいるのだろうが、ウザッタイと感じる人もいる。
地元の子供と親しくなって、「僕は(私は)地元の人とすぐ仲良くなれる、個性的な人なのね」と、自慢する人もいる。

そういう人は、自分は特別な人間だと考えるので、思い込みだけで、本を書こうとするもの(笑)。
僕は別で、旅に出てまで濃密な人間関係の中に入るのはゴメンだ。
海外に出て、友人関係を作って、その中で生活するのが好きな人は、確かにいるんだよね。
ただそれは、ホンモノの旅行者ではない。
旅行者とは、もともと、日本のべたべたした関係から、逃れてきた人のこと。
日本の人間関係から逃れて旅に出たのに、海外で、また人間関係のしがらみに捕らわれる。
それでは、「人間関係」を別のところで、新しく作っているだけで、本質的な解決にはならない。
人間関係を切って、直接、神と対話することで、本格的な「海外個人旅行者」になれるわけなのね。
ま、そんな御託はどうでもいいが(笑)。
一周君夫妻がいようといまいと、僕は今日、ラム島の有名な「シェラビーチ(SHELA BEACH)」へ行くつもり。
「Lonely Planet」を読むと、シェラビーチというのは、ラムの市街地から、3kmも行ったところにある。
3kmなんて、異常に距離がありすぎ。
普通、人間が歩いて1時間で、4km。
3kmとは、普通に歩いて45分!
現代の普通の日本人が、45分も歩くことは、ほとんどないでしょう。
僕は時々、麻布十番から銀座伊東屋まで歩くけどね。

でも、とにかく、ラムに来て、有名(らしい)なシェラビーチに行かないってことは、ありえない。
「ラムのシェラビーチで泳いだ」というのは、自慢話のネタになるからね。
僕はまだこの時代、泳げる場所へ行けば、とにかく身体を水に漬けるのが、主義だった。
ケニア東海岸を旅して、モンバサ、マリンディ、ラムとやってきて、まだどこでも泳いでない。
意地でも、シェラビーチへ行かなければ。
というわけで、海岸線を歩きましたよー。
途中に、ポツンとホテルがあったような気がするが、ちょっとはっきりしません。
なにしろ、ちゃんとした道もない海岸線を、ずーっと歩いていくのだから、ビーチに着くまでに疲れてしまった。
ようやく人のいるビーチに着いて、シェラビーチだと確認する。
1988年だと、ビーチにはホテルはなかったと思う。
一周君夫妻は、すぐに見つかった。
挨拶すると、「昨日、西本さんが来たと、ボーイが教えてくれましたよ」とのこと。
ビーチは、海の色が緑色だったような記憶があるが、はっきりしません。
問題は、たまたまだったのだと思うが、風が強くて、砂粒が飛んでいたこと。
これでは、目を開いていることもできないし、ビーチで本を読むこともできない。
「シェラビーチに来て、泳いだ」というだけでいいでしょう。
「ペポニホテル(PEPONI HOTEL)」へ行って、ビールを飲んだ。
と、僕のノートに書いてある。
これがさっきのホテルだったのかもしれないが、記憶にありません。
一周君夫婦と、ちょっと話をして、ここで別れる。
僕は、また45分歩いて、ラムの町へ戻る。
「ヨーグルトイン(YOGURT INN)」で、早い夕食を取る。
ラムの町にもビーチにも飽きたね。
モンバサは都会だし、ラムは癖のある田舎だ。

やはりマリンディが、大きさも手ごろだし、まだ面白い場所もありそうだ。
海を見ているだけでもいいし。
とっとと、マリンディへ行って、懐かしの「ギラニスホテル」へ戻ってしまいましょう。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx