明日の飛行機を予約し、Philip K Dickの「Eye in the Sky」を一日で読み終え、昼ごはんを食べ過ぎて、部屋でごろごろし、夕方にはケニア国旗に敬礼する。@ラム/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月14日、本当は今日チェックアウトして、ラムを出てもよかった。
が、何も調べもせず、どうするか決めてもいなかったので、今日もいることになった。

最初から3泊で考えていたし、3泊分(2400円)を払ってたので、今日まで泊まることにしましょう。
旅先では、いくらでも暇の潰しようはあるわけでね。
長期旅行だから、どうしてもどこかへ行かなければならない期限もない。
ナイロビからカイロへのフライトの予約を、8月5日に入れてあるので、それまでにナイロビへ戻ればいいだけ。
すでに一度フライトの日付を変更している。
もちろんまたフライトを変えてもいいが、そこまでする必要もないでしょう。

ナイロビに1か月いて、ケニア東海岸に1か月いれば、初めてのブラックアフリカ旅行としては、十分では?
1988年は、本気でアフリカ旅行をするつもりで来たわけではないので、こだわりはない(1996年には陸路で南ア、ナミビアまで下りました)。
このあと、どういうルートを取って旅をするか、わからない。
ただ、エジプトからは、中近東を通って、ヨーロッパに入って、出来たら、北部ヨーロッパを旅したいと考えている。
でも、そんな先のことは、いま考えるものじゃない。
考えるのは、今日と、明日のことだけ。
部屋でごろごろ寝てたら、マリンディからのバスで一緒だった、クリスとアレックスがやってきた。
部屋の鍵をなくしたので、昼間、荷物を預ってほしいというので預る。
ラムのような、ある程度辺鄙なところからは、脱出しようとしてすぐに脱出できるわけではない。
僕はマリンディからラムのバスは、前日に切符を買った
明日移動するなら、今日中に手配した方がいい。
しかし、バスで5時間半かかった道を、逆方向に走るだけでは、能がないね。
来るときは、バスの窓から見える景色が珍しくて、結構興奮したものだが。
帰りは、退屈だろう。
バス以外の交通手段はないだろうか。
ホテルで聞いてみると、なんと、飛行機があるらしい。
料金が、ラムからモンバサまで、880シリング(7040円)。
メチャ高いわけでもないので、深く考えずに、明日7月15日の切符を買ってしまいました。
これで、数日後までの旅行計画が決定した。
旅行計画が決まれば、空いた時間をどうつぶすかが、問題なだけ。
僕は、時間を潰すときは、とにかく本を読むことにしている。
確かホテルにあった本で、フィリップ・K・ディックの「EYE IN THE SKY」を読み始める。

部屋でごろごろして、本を読む。
昼ごろに町へ出て、本を読みながら、昼食を取る。
レストランで、だらだら食事をしていたら、食べすぎで気分が悪くなる。
そのまま夕方まで、部屋のベッドで、本を読んで過ごした。
でもそのおかげで、一日で「EYE IN THE SKY」を読み終えた。
ちょっとうとうとしたのか、体調が回復したので、夕方町へ出ました。

海岸通を歩いていると、確か午後6時に、サイレンか音楽が鳴って、通りにいた人がみんな立ち止まる。
そして、国旗に注目する。

これは、確か、タイのバンコクでも経験したが、ケニアのラム島でもやってるとは驚いた。
首都ナイロビではなかったと思うが。
まあ、なかなか印象的でした。
クリスとアレックスが、やってきたので、荷物を渡して、「明日、僕はモンバサへ行く」と、別れを告げる。
人は出会って、別れる。
旅とは、その繰り返しだ。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx