6人乗りのセスナで、美人フランス母娘と出会って話す。途中でマリンディへ寄ったが、ザンジバル行きを考えて、モンバサまで乗る@ラム〜モンバサ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月15日、今日はラムからモンバサへ飛ぶ日だ。
切符はすでに購入してある。
が、どういう機体なのか聞いてない。
まあ、ちゃんと飛ぶだろうし、予約してあるから、席はあるだろう。
それ以上の細かいことを調べても、意味がない。
この航空会社の名前が「COOPER SKYBIRD AIR CHARTERS」で、ラムからモンバサまでの料金は880シリング(7040円)。
午前9時にラムの桟橋前の旅行会社オフィスに集合。
9時15分にボートに乗り、出発。
ラム島からマンダ島(MANDA ISLAND)へボートへ渡る。
マンダ島の桟橋から、空港へ歩いていく。
林を抜けると、小さな空港があったが、空港には滑走路があるだけで、オフィスなどはない。
セスナが一機待っていた。

切符を見せると、僕のバックパックを木の枝に吊した。
木の枝に秤がついていて、荷物の重量を量る。
僕のバックパックは15kgもあって、超過料金を請求された。
バックパックがパンパンに膨らんでいるのは、暑いので、Tシャツ一枚になって、アーミージャケットをわざわざ詰め込んだせいなんだ。
そこで、アーミージャケットや本を数冊出そうとしたが、超過料金はまけてくれなかった…(涙)。
超過料金はたいした金ではなかったので、あっさり諦める。
ただ、「罠にはまったな」とは、思ったけどね。
そう思ったときは、「負けた」わけで、あっさり諦める。
セスナは6人乗りで、午前10時に離陸する。
セスナは、インド洋とアフリカ大陸の間を、ケニアの東海岸沿いに、飛んでゆく。
高度は結構低いので、海の様子がよく見える。
フランス人の母娘が乗っていたので、ナイロビのアリアンスフランセーズで勉強したばかりのフランス語で話しかける。
フランス人の母が35歳、娘が17歳くらい。
なかなかの美人母娘だったが、行き先を聞くと、なんとマリンディだとか。
僕も、本当はマリンディへ行くつもりだったが、マリンディに空港はないだろうと思い込んでいたんだ。
だから最初から、マリンディへ行くことは考えもしなかった。

ちょっと頭が固いね。
一瞬、(料金は下がらないだろうが)マリンディで降りようかとも考えたが、止めた。
この時は、まだモンバサからタンザニアのザンジバル島へ行くことも、諦めてはいなかったからね。
それと、セスナに乗って、低空でケニア東海岸を飛ぶのは、結構面白かったんだ。
午前10時35分、セスナは、マリンディへ到着。
セスナが、マリンディ空港上空で、急降下したのが、ドキドキして楽しかった。

ここでフランス人美人母娘と別れて、僕はモンバサへ。
もし神が、フランス人美人母娘と僕を結び付けたいなら、また会うこともあるでしょう。
モンバサ到着が、午前11時10分。
空港からモンバサの町へ、アメリカ人の若者とタクシーをシェアする。
タクシーは(不思議なことに)メーターで走り、156シリングだったので、僕は80シリング(640円)払った。
そのままモンバサのケニア航空オフィスに飛び込んで、ザンジバルへの飛行機を調べる。
モンバサからザンジバルへのフライトは、週2便ある。
来週の水曜日、金曜日のモンバサからザンジバルへのフライトは、ともに満席。
それほど行く気もなかったので、ザンジバル行きは諦める。
これで、あとは、マリンディへ戻って、しばらく過ごせばいいだけ。
今日移動するのは疲れるので、マリンディへ行くのは明日にする。
適当に歩いて、手ごろそうな「ホテルスカイウェイ(HOTEL SKYWAY」に決める。
スカイウェイは、1泊170シリングの言い値を、150シリング(1200円)に下げた。
とにかく、今日は移動で疲れた。
体力的には問題なかったが、精神的に疲れた。
マリンディへ行けば、ギラニスホテルに泊まると決めている。

明日からは、少しのんびりした海辺の暮らしが待っているでしょう。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx