カミ遺跡への道@ブラワヨ/ジンバブエ

【カミ遺跡へ行く予定のバンが故障した】
ジンバブエの首都ハラレから、地元のバスでだらだらと移動して、ブラワヨに着いたのは日暮れ時だった。
ブラワヨの町は碁盤の目状に計画された都市なのだが、だんだん暗くなる時に目指すホテルが見つからない。
実は、あのゼッタイの信頼が置けるはずの、「Lonely Planet」の地図で、ホテルの場所を一筋違うところに描いてあったんだよ(涙)!
それで、地元の人に連れられて、中心からちょっと離れた(と言っても、たいして遠くはない、歩ける距離)「ホテルセシル」へチェックインする。
セシルとは、もちろん、ジンバブエの旧名ローデシアを建設した?セシル・ローズから名前を取っているのだろう。
このホテルは中庭にレストランもありの、昔はなかなかまともなホテルだったようだ。
最初に捜していた旅行者の多いホテルよりも、泊まってよかったと思うよ。
スタッフもなかなか親切に接してくれた。
で、ブラワヨの中心にある観光局へ歩くと、中年女性が一人いて、彼女もおしゃべりで親切だった。
旧イギリス領の国というのは、すべてがシステマティックで、さすがイギリスはすごいなーと、感動しちゃうよ。
旧フランス領だと、例えばベイルートの観光局のおばさんみたいに、ミエミエニ人種差別していたりする。
東洋人に対して、露骨に対応が悪いことがある(これは、他の日本人もそうだったと聞いたし)。
その観光局のおばさんに「近くのカミ遺跡へ自転車で行きたいんだけれど…」と相談すると、「遠いし、道がわからないでしょ!」とたしなめられる。
彼女はさっさとどこかへ電話をして、「午前10時に、行けます!」と、テキパキと観光の手配をしてくれた。
指定されたホテルへ行くと、同行者はドイツ人の大学教授夫妻の2人だけ。
運転手兼ガイドの黒人男性は、ジンバブエ軍を退役した将校という話だった。
おそらく、大学教授夫妻が個人で依頼した車に、無理に僕を押し込んだんじゃないかと思う。
そういうことって、けっこうあるものなんだけどさ。
ところが僕らの乗ったマイクロバスは、見かけはキレイだったが、カミ遺跡への途中、煙を出して、停止してしまったよ。
ガイドがケータイ電話で換わりの車を呼ぶ間、ドイツ人夫妻と世間話をしていた。
そこへ、格好いい4WDのピックアップがやってきた。
乗っていたのが、若い白人男性2人と白人女性と、黒人運転手だ。
この白人男女は長い銃を持っていて、弾帯を肩から斜めにかけていた。
それに、2人とも、映画にでも出てきそうな、ものすごい美男美女だったんだよ。
彼らは「どうしたんだ?」と、僕らのガイドに質問したが、その態度、ガイドの受け答えの状態は、完全な支配者と召使の関係だったね。
僕はこの状況に気押されてしまって、いつものように白人に気楽に話しかけたり、冗談を言う気持ちが起こらなかった。
このあとジンバブエでは白人所有の農地を黒人が入り込んで住み着き、それを政府が認める、という混乱状態が起きて、現在は治安も悪いようだ。
僕が行った時は、そういう動きの前段階だったのかもしれないね。
そして、あの銃を持った美男美女のキリッとした顔は、何かに真剣に取り組んでいる、人間の戦う姿の美しさだったのだろう、と思ったりする。
その行為が、歴史的に見て、正しいのか、間違っているのか、そういう議論は除いてだね。
代わりの車が来て、カミ遺跡へはすぐに着いたが、特に語ることもない、どうということもない遺跡だったね。
カミ遺跡は、一応、世界遺産なんだけどさ。
だから、僕の想い出は、その銃を持った白人男女のことだけなんだよなー。
写真取っとけばよかった…。
【写真】壊れた車の横に立つ世界旅行者
【旅行哲学】滅び行くジンバブエの大農地所有者と会うことは、滅びたカミ遺跡より魅力的
カミ遺跡の画像はこちら