霧の海に突き出したジェッティ@スワコプムント/ナミビア

スワコプムントの朝は霧が深い。
泊まっていた「DIG BY SEA」でドイツ風の朝食を取って、外へ出ると、町中が霧に閉じ込められたみたいだ。
ちなみに、ディッグバイシーの部屋代は、ドイツ風のソーセージの朝食付きで100ナミビアドル。
レートは、100米ドルが、400ナミビアドルなので、1ナミビアドルは30円で、部屋代は約3千円。
海岸へ出ると、海へ突き出したジェッティ(桟橋)があった。
「ACCESS ONTO THE JETTY AT OWN RISK」と書いてある。
他に誰もいないので、ちょっと不思議な感覚がして、思わず写真を取った。
太陽が昇って町が動き出したころ、スワコプムントの博物館へ行く。
ナミビアはもともとは「ドイツ領西アフリカ」だった。
そのころはウラニュウム鉱山があったらしい。
その採掘と奥地の開発のために、港から鉄道が奥地へと建設されたと説明がある。
ヨーロッパからアフリカへの船会社のポスターなんかもあって、けっこう楽しめた。
町の外れにちょっと歩けばすぐに砂漠なので、写真を取る。
スワコプムントは砂漠に囲まれたところだ。
観光案内所には4WDでの砂漠観光のパンフレットなどがたくさん置いてあった。
シーズンになればかなりの人出があるのだろうと予想がつく。
というのは、町の南側には同じ形をしたバンガロー村があったからだ。
旅をしたときは南半球の冬で、シーズンを外れているらしく、ゲートが閉じられていたが。
エンタテーメントセンターというところへ行く。
その当時、世界中どこでも見られる光景として、日本製の(セガの)ゲーム機に子供たちが群がっている。
南アフリカからの白人旅行者が話しかけてきた。
彼はアパルトヘイトや人種問題を話題にしたいようだった。
僕はあんまり話す気持ちがない。
いかにも日本人らしい「いろいろ難しい問題がありますからね…」という答えで、議論を避けた。
映画館でアルパチーノとデニーロの「HEAT」を見る。
帰りにKFCでテイクアウトして、部屋でワインを飲んで夕食にした。
【写真】スワコプムントの海岸へ突き出すジェッティ
【旅行哲学】おしゃべりな世界旅行者でも時には意見を言わないことがある。
uk greece turkey egypt kenya asia europe world
アフリカ  西アフリカ 各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx