ジェルバ島からチュニスへ飛び、居心地のいいホテルを見つけ、ローマへの航空券を調べ、東京銀行の円のトラベラーズチェックを両替する。@チュニス/チュニジア

1988年3月24日、今日はジェルバ島からチュニジアの首都チュニスへ飛ぶ日だ。
フライトは午前7時25分。
十分な時間の余裕を見て、国内線なのを考えて、起床時刻は午前5時にした。
自分の目覚まし時計を午前5時にセットする。
ホテルのウェイクアップコールを午前5時半で、お願いする。
ホテルから空港へのタクシーも頼んで、その時間が、午前6時。
僕は朝起きようと思って、目覚まし時計のお世話になったことがない。
僕は何も信用していないので、いつも目覚し時計のなる前に目が覚めて、目覚まし時計が鳴るかどうか、確かめてしまう。
その時も、5時の起床時間の30分も前に置き出して、シャワーを浴びたり、荷物をまとめたりし始めた。
目覚まし時計は、無事に5時に鳴ったが、そうそう、ホテルのウエイクアップコールは来るだろうか?
待っても待っても、電話が鳴らない。
これで、ちょっとムカッと来た。
レセプションに行って、頼んでいたタクシーのことを聞くと、「まだ来ていない」との返事だ。
ここで僕はプチっと切れた。
切れたはいいが、チュニジアは、昔のフランスの植民地。
僕はここでは、というか、北アフリカを横断中は、ずっと、たどたどしいフランス語を使って、旅していたのだ。
この時僕が言いたかったのは、「このウソツキやろう!」という簡単明瞭な言葉だったが、その「ウソツキ」という単語は覚えていない。
そこで僕はちょっと待てよと、怒っているにもかかわらず、バッグからコリンズジェムの小型英仏辞書を出した。
「ウソツキ」という単語を調べてしまった。
「menteur(マントゥール)」というのがフランス語の単語だったが、ウソツキの相手が二人なので、vousを使おうか。
でもそうすると、vousは丁寧な意味の「あなた」になるので、単数にして「tu」を使って「テメーは」という意味をはっきりさせた方がいいかも。
迷った結果、「tu es menteur」とフランス語を口に出した。
フランス語の文法の復習までしてしたので、すっかり冷静になってしまっていたけどね。
これも、怒りそこなって悔しかった例だね。
バタバタして、とにかく予定時間通りに空港に着く。
ジェルバ島から首都チュニスへは、1時間程度で到着する。
空港からチュニスへは、空港バスに乗った。
バスの中で、チュニジア人に、英語で話しかけられる。
ただ、僕は、モロッコで出会った英語使いと同様に、向こうから話しかけてくる人には疑いの目を持つ。
住所や、電話番号まで教えられたが、旅行ノートに書いてもらっただけで、もちろん無視した。
この出会い自体を完全に忘れていたが、いま、旅行ノートを見たら、名前と住所が書いてあるのを見つけた。
ホテルを捜すのを手伝ってあげるとか言ってたっけ。
チュニスの町へ出て、ガイドブックにあったホテルへ行くと、「コンプレ!(満室)」と、あっさり断られる。
この時は、そのホテルをチェックアウトしたばかりの、日本女性2人と、軽く話をしてたんだけどね。
まだ午前中だったし、部屋がないとは考えられない。
多分、小汚い東洋人の男性が来たので、いやがられたのでしょう。
飛び込みでホテルを捜すのは、僕がいままであちこちでやってきたこと。
ホテルの外観を見ただけで、だいたいの料金の予想はつく。
適当なホテルに次々に飛び込んで、部屋を見せてもらい、料金を聞く。
トイレやバスルーム(もちろんシャワーだけ)をチェックして、ナットクの行くホテルに落ち着いた。
料金は、19.5チュニジアディナール(約3000円)。
いま考えると、アフリカとしては、ちょっと高いような気もするが…。
ただ、チュニスに長居する気もない。
それと、実際に、僕が見つけたホテルは、うまく説明できないが、どっしりした感じで、なかなかよかったんだ。
居心地のいいホテルに収まって、これで一安心。
あとは、チュニスでやることを整理する。
チュニス近郊には、もちろん「カルタゴの遺跡」がある。
世界史に深い興味を持つ僕にとって、カルタゴは、絶対に見逃すわけには行かないだろう。
カルタゴを見さえすればそれでいいとして、あと問題になるのが、イタリアへの行き方。
旅行者として一番いいのは、チュニスからシチリア島へフェリーで渡り、またメッシーナ海峡を渡って、イタリア本土へ行くこと。
調べると、チュニスからシチリアのパレルモに行くフェリーがあることはあるが、毎日ではない。
ローマに行くのに、時間の余裕がない。
もっと時間の余裕があったとしても、シチリアからイタリア南部をただ通り過ぎても、意味がないような…。
旅というものは、どこに行くにしても、そこにはいろいろ名所旧跡があるものだ。
それを次々と見ていくと、いくら時間があっても足りない。
実は、海外個人旅行というものは、「なにを見るか」ではなく「なにを見ないか」ということなんだね。
とにかくチュニスの町を歩いてみる。
ハビブ・ブルギバ通りがチュニスのど真ん中を通る広い道だ。
この通りを中心に、ホテルや銀行、旅行代理店などが並んでいる。
僕がまずやることは、ローマへの航空券を調べること、そのあとは、現地通貨への両替。
適当な旅行代理店に飛び込んで、ローマへの料金を聞くと、片道で104ディナール(1万5千円)。
チュニスからイスタンブールへ飛ぶと、254ディナール(3万8千円)。
なぜイスタンブールへ飛ぶことを考えたかというと、僕がモロッコを旅していたから。
この時代のヨーロッパ旅行を考えると、西ではモロッコ、東ではトルコが、ヨーロッパ旅行の限界だった。
多分、トルコから始めて、西へ移動していけば、ヨーロッパを全部旅できると考えたのだろう。
このときは航空券の相場を聞いただけで、一晩寝て考えることにする。
旅行代理店でいろいろ話をしているうちに、旅行計画は自然と決まっていくものだ。
ここは、変に気張らずに、おとなしく、ローマに飛ぶことになるだろうと思う。
次にやったことは、両替だ。
ただちょっと問題があった。
僕のお金は、もともと日本円を東京銀行のロンドン支店へ送金してあった。
ロンドンを出るときに、そのお金を、東京銀行で、円のトラベラーズチェックに替えた。
あと少しだけれど、イギリスポンドのトラベラーズチェックも、ポンドの現金も持っていた。
ただ、ほとんどは、円のトラベラーズチェックだ。
チュニスに来たとき、ポンドは使い果たしていた。
だから、円のトラベラーズチェックをチュニジアディナールへ両替しなければならない。
モロッコでは、カンタンに両替できていた。
アルジェリアでは、ポンドの現金を両替して、旅をした。
ところが、チュニジアでは、適当な銀行に入ったら、東京銀行の円のトラベラーズチェックは両替を断られた(汗)。
チュニスで一番のホテル「アフリカ」へ行って両替を頼む。
すると、ある一つの銀行だけしか、東京銀行のトラベラーズチェックは、両替しないとの話。
(その銀行の名前は忘れたが)教えてもらった銀行で、なんとか無事に両替できた。
正直、海外個人旅行で、お金が両替できないくらい困ることはない。
だからこのあと、僕は常にアメリカンエクスプレスのトラベラーズチェックを使うようにした。
今日は、ジェルバ島からチュニスへ飛んで、居心地のいいホテルを見つけた。
さらに、東京銀行の円のトラベラーズチェックを両替した。
明日にでも、ローマへの航空券を買いましょう。
それから、カルタゴの遺跡でも見ればいい。
北アフリカにも飽きた。
とっとと、ヨーロッパに戻りましょう。
morocco algeria tunisia africa index
xxx