フームスークへ出て、チュニスへの航空券を買い、絵はがきを出して、フロントで翌朝のタクシーを頼む。@ジェルバ島/チュニジア

1988年3月22日、ジェルバ島のビーチに立つ「ZAHRA HOTEL DAR JERBA」に飛び込みで泊まる。
その日に、ジェルバのビーチには飽きた。
結局ここは、ヨーロッパからのツアー客向けに、作られた場所だ。
だから、ホテル以外は何にもない。
例えば、アジアのビーチならば、ホテルがあって、その周囲に、こまごました店がたくさんある。
お土産屋、Tシャツ屋、小さなレストラン、なんかね。
そういったごちゃごちゃした店を冷やかして歩くことで、結構暇つぶしできるものだ。
しかし、ジェルバ島のビーチは、ツアー用のホテル内部で、すべて完結していた。
僕が泊まっていたホテルは、ドイツ人ツアー専用で、ドイツ語だらけだった。
ドイツ人は、ただ、気候のいいチュニジアへ旅行に来て、ドイツ的な快適さを安く求めているのだろう。
観光地へ行くときは、ドイツ人の団体で、観光バスで、行っては帰ってくる。
今は、ツアー客向けに、ビーチにアトラクションを作っているかもしれないが。
1988年の3月の段階では、そういうものもなく、ホテルに泊まって、プールで泳ぎ、食事をするだけだ。
一泊すれば、それで十分。
だからとっとと、チュニスへ移動することにした。
僕はトズールからバスとルアージュを乗り継いで、ジェルバ島へやってきた。
だから、チュニジアの陸路移動は体験済み。
それに、もう3月の終わりだよ。
卒業旅行や春休みで旅行に出ていた日本人学生さんたちが、帰国する時期だ。
僕がスペイン語を勉強するために滞在していたバルセロナでも、日本の春休み時期になると急に日本人観光客が増えた。
僕はバルセロナを出て、アンダルシアを旅し、モロッコへ移動した。
その先々で、日本人旅行者と出会い、ワイワイと楽しい時を過ごしたものだ。
グラナダでは楽しい出会いもあったし、セビージャではつまらない人たちと出会った。
でもとにかく、スペインでもモロッコでも、日本人旅行者と、イヤになるほど出会ったものだ。
さすがに情勢が不安定だったアルジェリアでは、日本人学生には会わなかったが。
ただこのあとチュニスで、アルジェリア旅行帰りの若者には出会うことになる。
これは日本人学生の春休みにぶつかったのが理由だ。
イタリアには、常に日本人観光客はいるだろうが、オキラクな日本人学生がいなくなると、寂しいかも。
チュニジアの旅は、とっとと切り上げたい。
僕は、チュニジアからイタリアへ入り、ヨーロッパ大陸を旅して、ロンドンへ行く。
ロンドンの語学学校には、知り合いもいるので、ロンドンへ戻った後で、これからのルートを考える。
だから、チュニジアのビーチで、時間を使うわけには行かない。
フームスークへ戻って、そこの旅行代理店で、ジェルバ島からチュニスへの航空券を買うことにした。
以前聞いていたとおりの値段で、明日の航空券を買う。
1988年3月24日、午前7時25分発、チュニス行き、22.2ディナール(3330円)。
また、ホテルで書いた絵はがきを数枚、郵便局で出した。
暇だったので、日本のガイドブックの編集者にも、内容がひどいと手紙を書いた。
これは暇つぶしで書いただけで、反応があるとは思わなかった(実際、反応はなかった)。
ホテルへ戻り、また、ビーチとプールでひと泳ぎする。
ホテルのフロントで、明朝のモーニングコールと、空港までのタクシーを頼む。
自分の目覚まし時計は、午前5時にセットする。
モーニングコールは、午前5時半だ。
寝る前に、バックパックの中身も整理する。
どうせ、明朝も、バックパックを開けて、中身を確認するのだが。
あまりステキなビーチでもなかったが、アフリカの海岸で泳いだことで、話のネタはできた。
これから世界一周をするうちに、僕は次々と、世界中のビーチで泳ぐことになる。
その一部は「世界のビーチ」にまとめてあります。
このあと、アフリカでは、ケニア東海岸のビーチ、マリンディ、ラム、ワタムで泳いだ。
また、タンザニアのザンジバル島でも泳いだっけ。
世界中で泳いだ経験から言うと、東南アジアのビーチが、居心地がよく、値段も安い。
話の合う旅行者も多い。
ですから、わざわざカリブ海や南太平洋、アフリカへ行くことはありません。
明日は、チュニスへ飛ぶわけだが、そこでは、面白い日本人に出会う。
イタリアに渡ったら、連日日本人美女との出会いがある。
いやホントに、バブル絶頂期に向かう日本人は、オキラクに旅をしていたよ。
それを描くのが、世界旅行者としての義務なのかもしれません。
morocco algeria tunisia africa index
xxx