フームスークからバスで、リゾートホテル地域へ移動し、ドイツ人ツアー専用ホテルに泊まる。@ジェルバ島/チュニジア

ジェルバ島の中心フームスークという町も、パッとしないところだった。
昨日トズールからバスとルアージュを乗り継いで、ジェルバ島に到着した。
町を歩いたが、ほとんど見るものがなかった。
レストランの魚も、ワインもおいしくない。
しかし、ジェルバ島へ来たのには別の理由がある。
ジェルバ島には長いビーチがあって、そこにはリゾートホテルが立ち並んでいるという。
スペインからモロッコにフェリーで渡ったのが、僕にとっては最初のアフリカ上陸だ。
こうなると、モロッコへ来ただけでスペインに戻るわけには行かない。
ついうっかり、モロッコ、アルジェリア、チュニジアと北アフリカ三国(マグレブ)を横断してしまった。
チュニジアからは、イタリア経由でヨーロッパに戻り、ロンドンまでたどり着く予定だ。
ロンドンで、1987年の12月に受けた「ケンブリッジ英検特級(CPE)」の結果を見に戻る。
この時代、バブル崩壊前で、ものすごく景気がよかった。
ロンドンの英語学校には、一流企業のOLを辞めてやってきた、30歳前後の日本女性がたくさんいる。
僕は実際に見てきたが、僕のいた学校も、1987年の秋から、突然日本女性だらけになった。
知り合えば、またワイワイと、盛り上がることだろう。
旅好きの女性に対しては、スペインからアフリカを旅したという話は、盛り上がるだろう。
でももう一歩、彼女らへの話のネタを作っておくのも重要。
そうなると「アフリカで泳いだ」という経験をしておきたい。
1988年3月22日、フームスークから、市バスに乗ってビーチへ移動。
タクシーを使わず、市バスに乗ったのも、話のネタにするためだ。
バスから眺めていると、ビーチに大きなホテルが、並んでいるのが見える。
ジェルバ島のホテル地帯には、完全なヨーロッパ人ツアー客向けの大きなホテルが、間隔を置いて立っている。
これでは自分の足で、ホテルをあちこち見て回って、決めることが出来ない。
ホテルとホテルの間が離れているので、そこを歩くだけで疲れる。
バスの本数も少ないので、バスを降りて、ホテルをチェックして、また次のバスで移動することは無理だ。
どのホテルもたいした違いはなさそうなので、適当なホテル前でバスを降りた。
それが、「ZAHRA HOTEL DAR JERBA」だ。
部屋の料金を聞くと、17,200ミリーム、つまり17.2チュニジアディナール。
1チュニジアディナールが150円とすれば、2580円だ。
二千円ちょっとで、リゾートホテルのツインルームのシングルユースなら、なんとか我慢できる。
ジェルバ島のビーチはただの砂浜で、ヤシの木があるわけでもなく、景色がいい訳でもなく、あっさりと殺風景だ。
ヨーロッパ人は基本的に、ビーチでは泳がず、ホテルのプールで泳ぐもの。
そのプールが、アジアの高級ホテルのプールほど凝っているわけでもない。
ビーチにホテルとは別のレストランがあるわけでもなく、食事もホテルで取る。
ヨーロッパからの庶民のツアー客が安く過ごすところだと感じた。
そう思って、じっくりホテル内を見て歩くと、特徴もない、つまらないところだ。、
ホテルの内部を見て回ると、ここはドイツ人ツアー向けに特化したホテルだとわかった。
売店にある本もドイツ語のものだけ。
英語の雑誌「Newsweek」だけが、英語の読み物だ。
昼間にプールで泳ぎ、砂浜で、日焼けをした。
この時代は、僕はとにかく泳ぎ、日焼けをするのが趣味だった。
東京では、6月になれば、バイクで、千駄ヶ谷の神宮プールへ行っていた。
朝の1時間半程度、プールサイドにバスタオルを敷いて、ウォークマンを聞きながら、日焼けをしていた。
時々、冷たい50mプールに飛び込んでいたものだ。
いまは、皮膚ガンの恐れもあるので、積極的に日焼けしたりしないけどね。
海があれば、一応、軽く泳ぐのが、この時代の僕の主義。
夕方になって、夕食の時間になる。
細かいことは覚えていないが、この団体専用ホテルは、食事時間が決められていて、全員同じ定食を食べた。
組織的なドイツ人団体用のホテル、って気がするよね。
食事時間は確か2つに分かれていて、決められた時間に食堂へ行く。
僕の他は全員ドイツ人のようだ。
同じテーブルに向かい合わせに座った若いドイツ人と、英語で話そうとする。
しかし、英語が通じない。
僕は、片言の英語も話せないドイツ人に始めて会った。
英語が話せないところや、全体的な雰囲気から、これはドイツの農協さん専用のツアーに特化したホテルだろうと感じた。
それも、面白い経験だと、周囲を観察する。
言葉が通じず、共通の話題もないわけで、とても疲れた。
とっとと自分の部屋に戻り、本を読みながら寝ました。
ここも長くはいられないので、明後日に、チュニスへ飛ぶことになるだろう。
チュニスには、カルタゴの遺跡もあるから、それを見て、とっととイタリアへ入るつもりです。
morocco algeria tunisia africa index
xxx