スノーケリング@ハルガダ(Hurghada)/エジプト
1988年5月26日、ルクソールの西岸を一緒に自転車で観光した学生Uくんと一緒に、バスでハルガダ(Hurghada)へ移動する。
ボロボロのバスで、冷房もない。
1988年のエジプトポンドは、1エジプトポンドが60円と考えてよかった。
だから、このバス料金が4ポンド、つまり240円。
6時間乗って240円なら、1時間当たりたったの40円だ。
これは極端に安かったね。

ルクソールからハルガダまで、途中の荒涼とした土漠を越えていくのは、なかなか印象的だった。
バスの前方に海(紅海)が見えたときは、「すごいなー♪」と感動できたしね。

ルクソールからハルガダは、バスで約6時間という中途半端な時間だ。
バスが着いたのは、多分町外れの、正直わけのわからないところ。
低い建物しかないし、どこにも噂に聞いていた、きれいな観光ホテルがないんだから。
それでも、適当に歩いて「Romoza Hotel」へチェックイン。
ツインで12ポンド(720円)、Uくんと一緒に泊まるので、一人当たり360円。
トイレもシャワーも付いているちゃんとした部屋だが、翌朝水が出なかったのが問題だったね。
ハルガダといえばダイビングで有名なところだ。
さっそくホテルで、翌日のスノーケリングツアーに申し込む。

ツアー料金が15ポンド、マスク、フィン、スノーケルの三点セットのレンタル料が2ポンド、の合計17ポンド(1020円)。
ツアーには、さんご礁への往復のボート代金、ビーチでの昼飯が含まれている。

ハルガダへ着いた翌朝(1988年5月27日)に、ホテルにピックアップがあり、近くのビーチに連れて行かれる。
小さなボートに乗るのは、ほとんどが白人の若者たちだ。

ボートに乗る前に、自分の使う三点セットを適当に選ぶ。
どれもかなり使い古したもので、選ぶのがちょっと大変。
Uくんにマスクの選び方などをアドバイスしてあげた。
僕は、もともとダイビングのライセンスも持っている。
ライセンスを取ったあとも、素もぐりの練習を繰り返していたので、スノーケリングについては一家言ある。
僕は何しろ、きれいなジャックナイフ形でスコーンと10m潜れる。
いまは、たいしたトレーニングなしに、PADIのオープンウォーターライセンスが取れる。
だから、ほとんどの人は僕のようなきれいな素もぐりできないだろう(えっへん♪)。

しかし、期待して行ったスノーケリング地点は、それほどの透明度もなく、たいして魚もいなかった。
だが、こういうものは季節や潮の満ち引きの関係があるので、当たり外れがあるもの。

僕はケニアのマリンディでも、スノーケリングを何回かやった
その時も、その日の潮の状態によって、全く雰囲気が違ってたからね。

前日に、ルクソールからオンボロバスに揺られてやってきたばかりなので、体力を消耗して、いい加減休みたい感じ。
Uくんも、慣れてないスノーケリングをして、陽に当たりすぎて、ダラーンとしていた。

ボートが港に着いて、三点セットを返却する時になって、彼のマスクが見当たらない。
どうも、彼の横にいる白人女性が持ってるのが、彼のマスクのような気がする(とU君も言う)。

が、目印がないので、どうしようもない。
結局、Uくんは、マスクの紛失料として、なんと55ポンド(3300円)支払わなければならなくなったよ。

僕はUくんには、わざわざ言わなかったけれども、若い白人だらけの下品な雰囲気から、注意した方がいいと思っていた。
だから、自分の三点セットは常に足元において、見張ってたんだよ。

Uくんに言わなかったのは、「いちいち注意するウザイおっさんだな!」と思われるのが嫌だったから。
この場合に限らず、海外旅行ではどんなトラブルが起きるかわらないんだから、いちいち注意するのもおかしいしね(涙)。

海外旅行では、とにかく気を許したらトラブルが起きると考えた方がいい。
気を許さなくても、トラブルは起きる時は起きるものだし。

僕は世界各地でスノーケリングをやってきたが、人気の「ハルガダのスノーケリング」を体験したというのはよかったね。
しかも、「Uくんのマスク紛失事件」が起きた。
心の底では「やった!いい話のネタができた♪」と喜んだことを、ここで初めて告白して、Uくんに謝罪しておきます。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt