ハルガダからスエズまで、熱風の中を走る、満員のローカルバスで身動きできないで、立ったまま6時間@ハルガダ〜スエズ/エジプト

1988年5月28日、今日はとっととハルガダを出て、カイロに向かうつもりだ。
昨日スノーケリングをしたので、「紅海ダイビング」を軽くかじったわけで、もうハルガダに用はない。
僕は海外旅行については一つもウソをつきたくないので、ハルガダでスノーケルをすれば、それでいい。
これで、「紅海ダイビング」をしたのは間違いないからね。
それと、思ったよりハルガダは寂れていて、景色も砂浜だけでつまらないという印象だった。
おそらく本格的に深く潜る、紅海ダイビングをする人にとっては、いいところなんだろうが。
アジアのビーチリゾートだと、例えば、バリ島のクタビーチとかには、小さな店もあり、安い食堂もあり、ぶらぶら歩いているだけで、いろいろ楽しめる。
ハルガダはそういうダイビング以外の楽しみがなかった。
だから、1988年の時点では、ハルガダは、ちっとも面白いところではありませんでした。
これは、はっきり書いて置きたい。
僕はすべてのことの表面を撫でていくだけの、ただの旅行者です。
でもそれだからこそわかることもあるわけだし、「ここはつまらない」的な大胆な発言も出来る。
旅行経験の少ない旅行者は、自分が旅したところに失望しても、本当の気持ちをごまかして、ひたすら褒め上げる。
日本の海外旅行記だと、素人旅行者が、自分の旅したところをほめるだけで、ちっとも面白くない。
旅の話でも、一般の日常的な話でも、「よかった」「楽しかった」なんて話を誰がまともに聞いてくれるだろう。
人が聞きたいのは、他人が失敗した話、トラブルにあった話、なんだよ。
批判精神のないライターは、存在価値がない。
しかし、批判するためには、経験も必要だし、知識も要るし、論理も不可欠だ。
自分の旅を批判できなければ、ただのありふれた「トラベルライター」だよ。
どこへ行っても、いいところばかり見つけて、おべっかを使っている、ウソツキのことだが(笑)。
そんなウソを書いて、生きていくのは、つらいだろうと思う。
ウソででっち上げた人生だからね(涙)。
食うためには仕方ないから、食えなくて、死にそうな人が、食うためにウソを書いても、それでいいでしょう。
ただ、人を騙して生きていくのでは、自分を尊敬できないだろう。
僕は、旅行記には真実しか書かないので、評判が悪いわけだ。
ただ、一般大衆というものは、御伽噺を聞きたいものだからね。
早い話、僕の体験では、「ハルガダのダイビングというものは、つまらなかった」ということね。
ハルガダ自体も、「こんなとこ、日本からはるばる飛行機に乗ってまで、わざわざ行くようなところじゃねーよ」と思うね。
旅行業者や、現地のダイビングショップ、たいした調査もしてないガイドブックなんかを信じてはダメです。
そんなものを信じる甘ちゃんだから、ダイビングインストラクターにセクハラされても、泣き寝入りするんだよ。
1988年の体験では、「日本人はハルガダの紅海ダイビングは止めた方がいい」と結論付けた。
もちろんそれから、何十年もたっているので、いまはまともになっているかもしれません(もちろん、もっとひどくなってる可能性も…)。
さて、僕としては、ハルガダで、ちょっと潜ればそれで十分。
あとは、カイロへ戻るだけだ。
エジプトには、他にも見るものがたくさんあるんだから。
特に僕は、カイロに実質1日しかいなかったので、見残したところがいろいろある。

スノーケリングのあとで、バスターミナル(というか、バスが来る広場)に行って、5月28日のカイロ行きのバスを調べる。
切符売り場のおじさんに、英語とフランス語を使ってなんとかたどたどしい会話が成立する。

「テレビ付き、リクライニングシートのカイロ行き豪華バスが明日の朝出る」らしい。
身体も疲れていることだから、とにかくこの豪華バスを予約する。

翌朝、疲れた身体をベッドから起すと、ホテルの水が出ない。
だから、歯も磨けないし、顔も洗えないし、髭も剃れないし、トイレも流れない。

残っていたミネラルウォーターをUくんと分け合って、なんとかやれるところまでやる。
トイレはもちろん流さない(流せない)。

バックパックを背負って、バスターミナルに行く。
そこにいた人に、豪華バスのことを聞くと、「そんなものはない」という。

もらった切符を見せて追求すると、どうやら、この豪華バスというのが夜行バスらしい。
出発時間が午前と午後と間違っているわけだ。

これは困った…。
あと12時間、夜まで待てばバスに乗れるが、夜まですることがない。

こんな日差しの強い屋外で、時間は潰せない。
となると、昼間だけでもホテルを取って休むか、それとも…。

考えているところに、おんぼろローカルバスがやってきた。
相談していたエジプト人男性が「スエズ!スエズ!」と叫ぶ。

僕はすぐに決断する。
Uくんに、「これに乗る!」と叫んで、バスへ突進する。
カイロまではいけなくても、スエズへ移動することが大切だ。
スエズへ行けば、カイロへのバスもあるだろうし。

とにかく、ハルガダには何もないんだから。
バックパックはバス屋根の上に乗せられる。

乗り込むと、すでに超満員だ。
ところでこの「超満員」という定義だが、文字どおりの本当の超満員なんだ。

何とかぎりぎり身体はバスへ押し込んだ。
すると、立ったままで身体が全く動かせない。
動かせるのは指の先くらいなものだ。
世界に悪名高い日本の満員電車もこれほどではない、というくらいの満員なんだ。
こんなに満員だと腕を動かせないので、痴漢行為も不可能だ。
これはとても耐えられないと、バスを降りようと思っても、身体が動かないのだからバスから脱出することも不可能。

僕は覚悟を決めて、Uくんと世間話をしながら、スエズへと向かうことにした。
ま、選択肢はないからね。

しかもそのあと、ハルガダの町外れで、さらに乗客が増える。
あまりに押されるので、胸の肋骨がみしみしときしみ、折れそうなくらいだ。

もうUくんと話す気力もない。
このオンボロバスには、もちろんクーラーなんか付いてない。
窓は開いているが、人が多すぎて風を感じられない。
冷や汗が顔に湧いてくる。
運がよかったのは、トイレに行きたくならなかったってことね。
こんなところでウンコをちびっていたら、生きて帰れなかったかもしれないよ。

身体を硬直させて立っていると、スエズ運河に近づいたようで、大きな船がゆっくりと動いているのが見える。
このころ乗客がちょっとだけ降りて、身体の圧迫感が減少した。

こんな感じで、スエズの町へ到着したのは、ハルガダを出て6時間後。
僕はハルガダからスエズまで、6時間も超満員バスで、ミイラのように身体を動かせないまま、立ちっぱなしだったってことね。

いやあ、思い出すだけでも疲れる。
僕はバスの中で、「もうダメだ。とにかく、スエズへ到着したら、とっとと宿を捜して身体を休めよう」と決意していた。

バスは、スエズのバスターミナルに到着。
僕は満員バスを降りて、ホッとする。
Uくんは、バスターミナルからそのままカイロへと向かうという。
まだ時間にも余裕があるし、Uくんをバスターミナルで見送ろうと思う。
そのあとで、スエズで宿を捜して、1人、ビールでも飲みたい。
正直言うと、学生さんと付き合うのにも、飽きてしまったんだ。
でも、暇つぶしに、彼を見送ろうと、彼のバスの出発を待つ。
切符売り場の窓口には長い列が続いていた。
Uくんがカイロ行きのバスの切符を買う。
そのとき僕の頭にひらめいたことがあった。
【旅行哲学】乗り物に乗る話はイロイロあるが、「満員バスで立ったまま6時間」というのはさすが世界旅行者だね
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt