ゴレ島@ダカール/セネガル/アフリカ

【これがゴレ島の全景】
西アフリカ、セネガルの首都ダカールのダウンタウンから、ダカール鉄道駅へ歩く途中、駅の手前右側に船の乗り場がある。
ここからゴレ島へのボートが出る。
ゴレ島というのは、一応【世界遺産】になっていて、そのウリは「アフリカの黒人奴隷がアメリカに送られる前に集められた島」ということになっている。
が、実は、この島はヨーロッパ商人の居住地で、ちょうど長崎の出島のようなものだったらしいよ。
船は一時間おきくらいに出ている。
島まで20分くらいだったんじゃないかな。
僕は鉄道駅でダカールからバマコ(マリ)への寝台車の切符を買ったあとで、島へ行ってみた。
町をちょっと歩いてすぐに戻ったので、定番の名所(奴隷商の屋敷なんか)を見ただけだった。
この日はすっごく天気がよくて、島の家の壁に鮮やかな絵が描いてあったりして、そのコントラストがステキだったね。
ゴレ島の家の壁には鮮やかな絵がペイントしてあった。

そのあと、バマコへの列車の中で会った日本人の若者は、このゴレ島で、アフリカの太鼓ジャンベを先生について勉強して過ごしていたとか。
だから、今は芸術家の島なのかもしれない。
海外個人旅行の面倒くさいところは、親しげに話しかけてくる人間に心を開くと、騙されたり、ぼったくられたり、しつこく付きまとわれたりして、面倒が起こること。
ゴレ島への船の中でも、(フランス語圏の西アフリカなのに)英語でいろいろと話しかけてきた黒人がいたんだが、適当な返事をして親しくならないようにしていたよ。
これって、おしゃべりな僕にとっては、ちょっと疲れた。
世界遺産の観光地なんだから、客引きも物売りも、そしてガイドも、とにかく付きまとう連中がたくさんいるに決まってるしさ(涙)。
こんな連中に捕まったら、一人でゆっくり歩くことだって出来なくなるからね。
島からダカールの港へ戻る途中、大きな貨物船が目に付いて、それが北朝鮮の船籍だったのはちょっと感動したね。
なにを運んできたのだろう?
なにを運んでいくのだろう?
そういえば、僕の泊まっていたホテルの近くに、いつも閉まっている朝鮮料理店があったよなー。
でもまあ、そんなことはどうでもいいよ。
僕は翌朝、伝説の国際列車に乗ることで頭が一杯だったのだからね。
【写真】ゴレ島
【旅行哲学】観光地で親しく話しかけてくるやつは疑うのが基本だが、気を使うと疲れるね。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20041127
参照: 西アフリカ旅行記のゴレ島の話