『アルジェリアのビザを、カサブランカのアルジェリア領事館でゲットする(1)』@カサブランカ/モロッコ
1988年3月6日。
スペインのアルヘシラスから、フェリーでモロッコのタンジェへ渡った。
そのまま、タンジェポート駅から列車で、深夜、カサブランカに到着。
駅前の通りを歩き、「ホテルプラザ」という、かなりまともなホテルにチェックインした。
翌日、3月7日の朝、僕の部屋のベランダに出ると、真っ青な空が広がっていた。
目の前にはカサブランカのメディナ、右を見るとカサブランカ港も目に入る。
ちょっと目を左に移すと、国連広場(Place des Nations Unis)がある。
また、広場に面して高層ホテルの「ハイアットリージェンシー(Hyatt Regency Hotel)」がそびえていた。
僕は正直、気の小さな男だが、アイディアは尽きることがない。
このアイディアの豊富さというのが、知的レベルの高さを示している。
ただアイディアが豊富すぎると、日本社会の退屈さと合わせていくのが難しいんだよね。
これが僕が、京都大学を出て、某企業に就職したあと、辞めてしまった原因なんだけどね。
頭がよすぎると、普通の日本人の考え方に合わせることに、耐えられない。
これが、知的レベルの高い人間が、一様に、日本社会で成功しない理由だ。
若い学生さんや社会人へアドバイスしておきます。
日本社会では、自分の考えがあったとしても、それを表さず、ひたすらコツコツと文句を言わずに働くこと。
日本社会では、言いたいことも言わず、とにかく我慢していればいい。
我慢していると、だんだん新しいアイディアは沸いてこなくなり、自分の意見は集団の意見に合ってくる。
すると、自然と言われたとおりに働く、何も自分で考えない、奴隷のようになるので、幸せに生きられるわけだ。
ただ、海外に出ると、日本のつまらなさがわかってしまう。
海外旅行は、一般日本人にとってはとても危険だ。
だから、海外旅行はハワイのツアーに留めておいた方がいいだろう。
さて、アイディア豊富な僕は、別にアフリカへ行く気がなかったときでも、アフリカにいく可能性は考えていた。
わざわざ知人の「銀座のママ」に絵葉書を書いて、バルセロナのスペイン語学校気付で「地球の歩き方・北アフリカ」を送ってもらった。
アフリカ旅行は、最初は思い付きだったが、僕の中では思いつきのままで留まっている。
その思い付きを、根性で持って実現しようなどと、そんな大それたことは、僕は思わないんだ。
僕が思うのは、「もし僕が北アフリカへ行く運命で、神が導いてくれるならば、それに従おう」ってこと。
世の中というものは、人が恐れるほどたいしたものでもない。
スペインにいれば、アンダルシアへ行くのもごく自然。
アンダルシアへ行けば、次々と町を見て回って、ヨーロッパの端っこアルヘシラスへ来てしまうもの。
アルヘシラスから、アフリカのタンジェ(モロッコ)へはフェリーに乗ったらすぐだ。
モロッコについては悪い噂がたくさん流れていたが、行ってみればたいしたことはない。
ごく自然に、アルヘシラスを出て、タンジェ、カサブランカと、やってきてしまった。
僕は一応フランス語もしゃべれるので、北アフリカを旅するのに障害もない。
となれば、なにしろガイドブックまで手にしているのだから、「北アフリカを横断しようかしら?」と考えるのも成り行きかな。
ただ、ちょっと面倒なのが、北アフリカ三国(マグレブ)のモロッコ、アルジェリア、チュニジアのなかのアルジェリア。
日本人が旅行するのに、アルジェリアだけはビザが必要だったからね。
でも僕は、それまでも、いろんなビザを取ってきた。
つい最近でも、バルセロナのアメリカ大使館へ行って、シングルエントリー(一回入国)の観光ビザ(B1,B2)も取っている。
もちろん日本でもそれまでに、たくさんのビザを取って、海外旅行をしてきた。
別にアルジェリアのビザを取るくらいで、悩んだりしない。
ただ、「地球の歩き方」には、「アルジェリアのビザは、モロッコの首都ラバトでは取れない」と、わざわざ書いてある。
だったら、カサブランカのアルジェリア領事館で、ビザを取ればいい。
問題なのは、アルジェリア領事館の場所が、わからないってことかな(笑)。
でも海外で、ある場所がわからなければ、それを見つけるのは簡単。
誰かに聞けばいいだけだ(笑)。
日本人旅行者というのは、僕が日本でも、世界中でも観察して来た限り、人間関係を作るのが下手だ。
人間関係を作るのが下手だから、一度作った人間関係にしがみついている。
日本人は知らない人に自分から話しかけることも出来ない。
外国人から話しかけられると、走って逃げてしまう。
逆に、日本語や、わかりやすい英語で、たまに話しかけられると、大喜びして、すぐに友達になってしまう。
まあ、たいして魅力もない普通の日本人に話しかけてくるのは、詐欺師や泥棒に決まってるんだけどね。
僕は、外国人にも堂々と、自分から話しかけるのが得意だ。
たまには、僕が話しかけた人が泥棒だったということもあるが(アルゼンチンのカラシ泥棒)。
この時代、僕も30歳代の若者で、元気いっぱいだった。
しかも、ロンドンでは英語を学び(CPEを受験したが、このときはまだ結果は知らなかった)、バルセロナではスペイン語を学んでいた。
僕が日本を出てから、6か月ほどたっている。
日本でも日本人とは大きく違っていた僕の性格が、ヨーロッパ滞在でさらに国際化している。
とにかくこの日は、スコーンと空が晴れていて、「モロッコ晴れ」だったよ。
僕は元気いっぱい、ホテルプラザを出て、まず、正面にあるメディナへ入っていった。
というのは、ゴチャゴチャと入り組んだメディナ(旧市街)というのは、アラブ諸国の名物だからね。
僕としては、このモロッコが最初のイスラム国家だったわけだし、とにかく見てみたかったんだ。
実際見てみると、メディナはただごちゃごちゃした商店街に過ぎない。
すぐに飽きて、外へ出る。
このままでは、カサブランカでは、時間の潰しようがない。
まだ午前中で、カサブランカでは何もすることを思いつかない。
だったら、アルジェリアのビザでも取りに行きましょう。
アルジェリア領事館へ行かなければならないが、アルジェリア領事館の場所がわからない。
でも、場所がわからなければ聞けばいい。
僕が泊まっている「ホテルプラザ」は、日本の技術者がよく泊まる中級ホテル。
だったら、もちろん、ホテルプラザでアルジェリア領事館の場所を聞けば、教えてくれるだろう。
でもそれは、一度ホテルプラザから出た僕としては、面白くないね。
目の前には、「国連広場(Place des Nations Unis)」があるので、歩いて行く。
するとその広場に面して、「ハイアットリージェンシー(Hyatt Regency Hotel)」がスコーンとそびえている。
だったら、ハイアットリージェンシーで聞けばいいだろう。
というわけで僕は、ボロボロのジーンズとTシャツで、ハイアットリージェンシーのカウンターへ行く。
そうして、「アルジェリア領事館がどこにあるか知ってますか?」とフランス語で聞いた。
するとその答えは…。
『アルジェリアのビザを、カサブランカのアルジェリア領事館でゲットする(1)』@カサブランカ/モロッコ
『アルジェリアのビザを、カサブランカのアルジェリア領事館でゲットする(2)』@カサブランカ/モロッコ
『アルジェリアのビザを、カサブランカのアルジェリア領事館でゲットする(3)』@カサブランカ/モロッコ
moroccoalgeria tunisia africa index