フェズの旧市街(メディナ)で入り口を間違えて、中でも迷う@ラバト〜メクネス〜フェズ/モロッコ
スペインのアルヘシラスからフェリーでモロッコのタンジェへ渡り、そのままカサブランカへ深夜到着する。
すぐに、アルジェリアへ行くことを決断して、カサブランカで隣国アルジェリアのビザを取った。
1988年前後は、モロッコのマラケシュというのは、ヨーロッパからアフリカ(モロッコ)へ渡ってきた旅行者の定番最終目的地だ。
これ以上の旅は、このころはまだまだ考えられなかった。

そうなると、カサブランカからそのマラケシュへ直行するのが普通。
だが、僕はなぜかカサブランカから列車で1時間のところにある首都のラバトへと戻る。

その理由はというと、おそらくマラケシュの「ジャフナ広場」という最終目的地へ一気に行くのは、もったいなかったから。
クライマックスはちょっとあとに残しておいて、他のめぼしい町を見てしまおうと思ったんじゃないかな。

それとも、その時代「き○がい広場」と呼ばれたジャフナ広場(フナ広場)の噂をいろいろ聞いていた。
びびってしまって、その前にもっと楽なところへ行こうとしたのかもしれない。

ラバト駅前になかなか居心地のいい「ホテルヴェレーダ(HOTEL VELLEDA)」を見つけた。
安ホテルなのだが、部屋も適度に広く、クラシックな雰囲気もあり、調度品もなかなかいい。
昔はちゃんとした一流ホテルだったのだが、改装をせずにそのまま放ってあった感じ。
歴史を感じられてとても落ち着いた。

そのホテルを起点にして、ラバトの町を歩いてぐるぐると回る。
ラバトはモロッコの首都なのだが、それほど観光化されていず、たいして大きくもない。
しつこい客引きもいなくてとても過ごしやすい。
しかしいくらホテルが気に入っても、ラバトが好きになっても、長居をしているわけにもいかない。
だってすでに、アルジェリアのビザを取ってしまっている。
そのビザは入国日と出国日が記入されていて、それがあんまり長くないんだよ。
それにあわせて、アルジェリアへの航空券(カサブランカからアルジェ)もすでに手にしているんだし…。
とにかく迷路都市で有名なフェズへ行ってみよう、と決断する。
地図を調べるとその手前にやはりメクネスという町もある。
モロッコはたいして大きな国ではないので、鉄道に乗ればすぐに移動できる。
だから、メクネスとフェズを一度に見てしまうつもり。
ラバトを出て、メクネスに寄って、フェズで泊まる予定(そのあと、フェズから一気にマラケシュへ)。
ホテルをチェックアウトして、受付のおじさんに心からのありがとうとさよならを言う。
ラバトを午前7時過ぎに出ると、メクネスには10時半ごろに着く(約3時間)。
メクネスの駅からちょっと歩いて、谷にかかる橋を渡って、メクネス旧市街の中心地へ。
ここはちょっとがらんとした雰囲気で、モロッコの青い空と古い建物の影が作る不思議な感じがした。
人っ子一人いない通りに立ちすくむと、絵の中の登場人物になったような感慨にふける。
感慨にふけったが、他は大して見るものもないので、すぐに鉄道駅へ戻り、次の列車に乗って一時間もすればフェズに到着する。

フェズの駅も新市街にあるので、そこから目的地のフェズのメディナ(旧市街)へバスに乗る。
バスはすぐに見つかった。

メディナの入り口へ着いたが、あわてて入ったゲートを間違えていたようで、ちっとも広い通りがない。
すぐに細い道になり、それは各家庭の入り口へと通じているようだ。
狭い通りでは子供たちがサッカーボールを蹴っていて、僕に何か話しかけるが、無視してとっとと歩く。
しかし、歩けば歩くほど、道は細くなり、行き止まりになる。
あわてて、引き返すが、また道がわからない。
フランス語でちょっと道を聞いて、やっと外に出る。
ここでかなり冷や汗をかいたね。
やっとメインのゲートみたいなものを見つけて、そこからずんずんと歩いていく。
ちょっとわき道にそれるとわけがわからなくなる。
でも、一応、モスクや染物地区などめぼしいものを見て、帰ろうとしたら、また道に迷ってしまう。
人のよさそうなおじさんのいる店に行って、飲み物を買って、世間話ついでに道を聞き出そうとする。
「それならガイドを雇え」との返事だ。
「ジュスゥイトゥリストトレポーブル(僕はとても貧乏な旅行者なんです)」とフランス語で答える。
と、「日本人に貧乏なやつはいないよ」と、軽く笑われてしまう。

結局、出口まで連れて行ってもらうという約束で、17歳くらいの若者をガイドにした。
ところが、ちょっと歩くと大きな通りに出る。
これなら道なりに出口へ行けるだろうと思う。
若者は歩いていた男に声をかけて、僕をゲートへ連れて行ってくれるように頼む。
男はいいよと返事をしたみたいで、若者は「この男があなたを連れて行くから」と、別れようとする。
僕は、「契約だからキミは僕をゲートまで送らないと金は払わないよ」と主張した。
それで自称ガイドの若者と、一緒にゲートまでやってきたわけだ。
こんな主張をしたのは、なぜか「日本人が舐められてはダメだ!」と思ったからなんだけどね。

で、メディナの外に出る。
フェズの新市街の駅前付近で宿を取ろうかと思っていたが、なんとかラバトへ戻れる時間だ。
フェズはメディナを見てしまえば他の用事はない。
それなら、とっととラバトへ移動しよう。
列車に間に合うかどうかだ(フェズの駅に到着した時ラバト行きの列車の時刻は確認してある)。
バスが見つからないし、急いでいるので、タクシーを拾おうとするが、やってくるタクシーはみんな人が乗っている。
片っ端からタクシーに手を上げていると、一台がすっと停まったが、中には女性が2人いた。
僕は、「鉄道駅まで行きたいので乗せてくれないか」と話をする。
女性がいいという返事なので、中に乗り込、む。
ちょっと「どこから来た、何をしている、どこへ行く」という旅人のよくある話をする(もちろん、フランス語です)。

タクシーは駅へ直行したので、僕はそのタクシー代に色をつけて、彼女たちの分も払ってあげた。
やってきた列車に乗り、そのまま4時間程度たって、ラバトへ戻る。
その日チェックアウトしたばかりのホテルへ再度行くと、ホテルの受付のおじさんもうれしそうだった。
前日まで泊まっていた僕のお気に入りの部屋も空いていたしね。

結局、ラバトのこのホテルが好きになってたんでまた泊まりたかったかったってことなんだろうけどね。
それでラバトから日帰りでメクネスとフェズを見てしまったわけなんだよ。

正直、こんなもので十分だと思うよ。

【旅行哲学】いくら気取っていても、まだまだ旅慣れず、ビビリだったあのころ。
morocco algeria tunisia africa index