バマコ(マリ)の有名なバックパッカー宿「シェ・ファンタ」のファンタおばさんと

【ファンタおばさんと世界旅行者@シェファンタ/バマコ/マリ(2001)】
翌日のマリ航空の切符を手にしたあとは今夜のホテルを決める。
あとたった一日しかいないのだし、現在泊まっている駅のホテルでも別に悪くはないさ。
でもそれではバマコのホテルの話ができないよ。
やはりここではバマコを歩いて、旅行者に知られているホテルを一通り偵察しておくことも必要だろう。
これは正直、純粋に僕自身の好奇心のためだけどさ。
特に地図製作氏が「ひょっとしたらあそこでマラリアにかかったのかも…」と言っていた「Chez Fanta(しぇ・ふぁんた)」つまりファンタおばさんの家。
ここは世界中のバックパッカーが集まる有名な安宿だ。
ひょっとしたら、面白いやつに会えるかもしれないしね。
手許にある英文ガイドブック「Lonely Planet」には、バマコで手ごろな宿として「Hotel Lac Debo(オテル・ラック・デボ)」が紹介してある。
それはさっき最初に飛び込んだ旅行代理店のならびだ。
部屋を見せてもらうとトイレ、シャワー、エアコン、通りに面したベランダ付きの大きな部屋109号室が15000フラン。
これはかなり気持ちいい部屋なので、すぐに決定して、とっととチェックインしてしまう。
預けておいたバックパックを取りに駅に戻ると、窓立度氏と雀部くんがちょうど朝食の最中だった。
僕がとっくに明日の飛行機の切符を買ってホテルを決めてきたと言うと、窓立度氏は、あわててダカールへの自分の切符を買いに飛び出して行った。
僕は基本的に今日やることをやり終えてしまったので、またビールを飲んでゆっくりし、ザビエルや黒人客、黒人売春婦さんなんかと話をして時間を潰した。
窓立度氏が切符の手配を終えて戻ってきたので三人で歩き始める。
僕のホテルに行くと昨夜の列車でちらっと見かけた白人の若い女の子が二人泊まっていた。
彼女らも僕のことを覚えている。
彼女たちは米国フィラデルフィアから来て、これからPeace Corps(平和部隊)の活動で、マリの小さな村へ行くのだとか。
窓立度氏もラックデボに宿を決め、みんなで雀部くんの宿を捜しに(という口実で)街歩きにでかける。
シェファンタへ行く途中でSURETE(治安警察)へ寄ってマリの入国スタンプの事を聞いたが、わけがわからない。
まあいい加減な国だから多分入国スタンプなんかなくてもいいのでしょう(結局、入国スタンプなしでまったく問題ありませんでした)。
シェファンタは道を間違えてちょっと捜したが近所で聞くとすぐにわかった。
日本人の客は泊まってなかったがフランス人の若い女の子が二人いた。
台所に名物のファンタおばさんがいたのでいろいろ話をして一緒に写真を撮る。
【写真】シェファンタのファンタおばさんと
【旅行哲学】いろんな旅人を見てきたファンタおばさんは、世界旅行者とすぐに親しくなる。本物は本物がわかるんだよね。
この話は、世界旅行者の第三弾「大人の海外個人旅行」「西アフリカ旅行記」にあります。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20060715