在ダカール日本大使館@ダカール/セネガル

【在ダカール日本大使館の門の前はなぜか車の解体場】
普通の日本人は海外旅行に出ても日本大使館とは縁がないものだ。
縁があったら大変で、大使館との縁とはすなわち、パスポートをとられたときの再発行くらいなので、できるだけ大使館には近づきたくない。

でも、本格的な海外個人旅行者にとっては、日本大使館を避けては通れない。
よくあるのがパスポートのページ数を増やしてもらう増補。
長期に旅を続けていると、ビザや出入国のスタンプでページがなくなっていくので、新しいページを追加してもらう。
これをパスポートの増補といいます。
僕はエジプトのカイロ、南米エクアドルのキトで、パスポートの増補をしたことがあるね。
まあ、パスポートを取る時に最初から増補をしておけばこういう面倒はないので、世界旅行者はそちらを勧めてますけどね。

パリの凱旋門近くにある日本大使館では、僕はパスポートの合冊をしてもらったこともあるよ。
合冊とは文字通り、新しいパスポートと古いパスポートを外務省のシールで一冊にしてしまうことだ。
自分で勝手にパスポートをホッチキスで留めても、それは「合冊」ではないよ(笑)。
今では「パスポートの合冊」そのものが廃止されたので、どんなに金を積んでも合冊してもらえない。
だから、このパスポートは世界旅行者が世界旅行者である証明書のようなものだ。
いまでは宝物のひとつになっているよ(笑)。

あとは海外でどこかの国のビザを取る時に、日本大使館からのレターをもらうこともある。
僕個人の記憶では、シリアのビザをヨルダンで取る時に、アンマンの日本大使館でレターをもらった。
そのままシリア大使館へ行って、シリアビザをゲットしたことがあったね。
今ではそこまではしなくていいようだ。

ただ、こういう面倒な手続きを踏んで取ったビザ、そのビザを使って国境を越えること。
これが感動的なんだよ。
どんどん海外旅行が簡単になってしまうと、感動もなくなっていくね。
ま、だから僕は、「今頃世界一周をしても自慢にならない。遅れている」って言うんだけどね(笑)。

世界旅行者くらいになると、なんとなく暇つぶしに日本大使館へ行ったりしていた。
大使館によっては、日本の新聞雑誌が置いてあったり、日本語の本の図書室がくっついていたりするからね。
またもちろん、大使館員は税金を使って日本と同じような豪華な生活をしているの。
、大使館に入れば常に冷暖房完備の快適な空間が待っているんだよ。

世界旅行者が世界各地の日本大使館に出入りしていた経験から言うと、バックパッカーの間の「日本大使館は個人旅行者に冷たい」という噂とは違ってたよ。
どこでも、僕に対しては、世界各地の日本大使館の扱いは非常によかった。

ま、それは、僕の顔を見て、僕と話をすれば、まともな頭の人ならば、僕が普通の人間ではないとわかるからだけどね。
たった一度だけ、冷たい扱いを受けたことがあって、それがポーランドの首都ワルシャワの日本大使館だった。

ただ、このときは、窓口に出てきた日本人職員があまり頭がよくなくて、学歴もないようで、雰囲気が合わなかったんだけどね。
おそらく、ポーランド語の通訳レベルの人間だったみたいだ。

でも、ちょっとむかついて脅したら、ぺこぺこし始めたけどさ(笑)。
さて、アフリカの日本大使館の場合は、もっと利用価値がある。
というのは、アフリカではわけのわからない病気にかかってしまうことが多い。
そこで、病院の紹介をしてもらったり、医務官に診察してもらったりできるんだよ(もちろん無料だ)。

僕は、ケニアの日本大使館の医務官には、肝炎の相談や、マラリア薬の相談をした。
西アフリカ、ダカールの日本大使館医務官には、マラリア検査の紹介状まで書いてもらったよ。

【写真】在ダカール日本大使館
【旅行哲学】日本大使館を気軽に使うためには、馬鹿にされないコツがある。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20050308