広島大学の女の子2人@フナ広場(Place Djemaa el-Fna)/マラケシュ/モロッコ
夜になるとフナ広場に屋台がずらっと並ぶので、広場に面している「CTMホテル」から、冷やかしに行った。
歩いていると、結構日本人に出会うものだ。

1980年代の旅行では、だいたいはみんなヨーロッパ経由でモロッコのマラケシュまで来ているわけなので、すでに旅に慣れている。
旅先での人との出会いも気楽で、僕が「おーい、日本人!」と声をかけると、すぐに気楽な話が始まる。

日本人もなかなか面白いんだけれど、日本国内の普通の生活では、知らない人に声をかけて知り合うなんてことはないよね。
でも、日本人も変な壁を取り払えば、なかなか楽しい人が多いものだよ。

すぐに友達になれるから旅は楽しいのかな
ということは、女の子がいたら絶対逃がさへんでー。

屋台に女子大生2人組を見つけて、話しかける。
自然の流れで大学名を聞くと、広島大学だ。

実は広島大学という名前に記憶がある。
マラケシュに行く前に、僕はラバトからメクネス、フェズと鉄道に乗っていた。
そのとき、いやに馴れ馴れしいモロッコ人の自称学生?から列車の中で声をかけられていたんだ。
「僕は学生なので英語を勉強している。話をしてくれないか」と、英語で話しかけてくる。
こういう話は、ゼッタイに信じられない。
海外で、「日本語を勉強してます」などといって話しかけてくるのは、間違いなく、詐欺師だ。
僕は普通の日常会話程度のフランス語はしゃべれるので、フランス語で返事をする。
と、彼は不機嫌になったみたい(笑)。

ちょうど一緒にいたイギリス人の学生と3人で話をしていた。
モロッコ人はそのとき、そうそう、フェズを案内するといってたんだよな。

僕は適当に受け流していたが、彼は「僕は日本人の友達もいる」と言って、手帳を見せた。
その中には「この人はとてもいい人でお世話になりました。家にも泊めてもらいました」と書いてあり、広島大学の女の子2人の名前があった。
僕はインドやスリランカで、日本人の推薦文はたくさん見ているので、こういうのを出されたとたん、相手にしなくなった。
でも、あの文章を書いたのも広島大学の女の子、目の前にいるのも広島大学の女の子。
「ということは、広島大学はモロッコが好きなのかな?」と、僕は思ったね。
そこで、列車の中で会ったモロッコ人のことを話す。
すると「それ書いたの、私たちですー!」との返事。
おいおい、僕もわけのわからない推薦状を見たことはあるが、書いた人に会ったのは初めてだ。
いろいろ聞くと、彼女たちもフェズに行った列車の中で声をかけられて、到着が遅かったので、あの男の家に泊めてもらった。
それで、推薦状を書いてくれと頼まれて書いたそうだ。

そのあと、その親切を理由にしつこく言われて、絨毯を買わされてしまった。
でも、その値段は六千円程度だったので、仕方ないと諦めた。

まあ、この時代は学生はクレジットカードなんか持ってなかったので、六千円で済んだのだろうね。
今、イスタンブールの変な絨毯屋に引っかかると、大変だ。
学生でもクレジットカードを持っているので、限度額一杯、まあ20万から30万円程度はぼったくられてしまうけどね(涙)。
それも学生時代ならば、若気の過ちとして、一生の話のネタになるでしょう。。

あーあ、やはりあいつは怪しい人間だったんだ♪と、安心する。
僕の予想がずばり当たったからね。
フナ広場でさらに、屋台を見ながら歩いていると、30歳代の日本人男性と出会った。
彼は、旅慣れている雰囲気があった。
彼は、モロッコ人にポルトガル語で話をした。
聞くと、南米に長く(2〜3年)いて、ブラジルからモロッコへ飛んできたとか。
この時は、「そういう人もいるんだー」と思っただけだった。
でもこのあと、3か月後くらいに、ナイロビで再会したよ(笑)。

朝早くラバトを出て、マラケシュへ着いて、ホテルを決めて、いろんな人と会って話をした。
フナ広場はまだ賑わっていたけれど、僕はとっととホテルの部屋に戻って、寝てしまいましたとさ。

さて明日は、どんな人と出会うことになるのだろう。

【写真】屋台が出る前のフナ広場
【旅行哲学】マラケシュのフナ広場、ここにいれば、とにかく人には会えたものだ。
morocco algeria tunisia africa index
xxx