ナミブ砂漠@スワコプムント/ナミビア
ナミビアはともとドイツの植民地だったようで、首都ウィントフックからたどり着いたスワコプムントにはドイツ系の人が多く、ドイツ風にすべてがきちんとしていた。
僕は民宿のようなところに泊まったが、そこのご主人は、アパルトヘイトの残滓が当然残っている南ア、ナミビアに似合わず、東洋人の旅行者(僕のことだけどさ)にも親切だった。
僕が「こんど戦争をするときは、イタリア抜きでやりましょう!」という、定番の冗談を言ったのが効いたのかもしれないが。
僕が今でも思い出すのは、このゲストハウスの朝食だ。
いかにもドイツ風で、もちろん安宿なのだから豪華なはずはないのだけれど、いろんなソーセージのスライスがプレートにあって、とてもおいしかった。
世界旅行者のひとつの大きな欠点は、普段からいいものを食ってない(涙)ので、特別に海外の食事にこだわることがない事かな。
でも、朝のソーセージは確かにおいしかった。
で、スワコプムントは小さな町で、高層ビルもなく、しかしドイツ風の建物が並んでいて、とても落ち着いていたのは覚えている。
町の端に、映画館があって、そこで「ヒート」を見に行ったりしたね。
ちょっとしたスーパーマーケットがあって、そこでドイツ国防軍の軍服を売っていたりして、そのコートがとても気に入って、なんども行って、買おうかどうか迷ったんだ。
でも荷物になると思い返して、結局買わなかったね。
スワコプムントの町からちょっと出ると、砂漠が連なっている。
そこへ行って、自分が持っていたデイバッグを砂の上において、写真を取りました。
デイバッグにくっついているハート型のタグは、そう、コロンビアのボゴダのラブホテルのものだったっけ。
【写真】ナミビア砂漠の上に置かれた世界旅行者のデイバッグ
【写真】セルフタイマーで撮った砂漠に立つ世界旅行者

【旅行哲学】世界中どこでも、ドイツ人がいるところはすべてきっちりしているね。
uk greece turkey egypt kenya asia europe world
アフリカ  西アフリカ 各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx