ダカール日本大使館の図書室にて@ダカール/セネガル

【在ダカール日本大使館の図書室で情報ノートを読む世界旅行者】
《世界旅行者は、在ダカール日本大使館に潜入し、地図製作氏に会う》

声をかけられて振り向くと、二人の日本美人が僕を見てニコニコとしていた。
でも誰だっけ?僕は、数限りない出会いをしているので僕を知っている人は山ほどいる。
また僕の著書にも写真を掲載しているので、旅好きの日本人ならばほとんど僕の顔を覚えているだろう。
ただ僕の特徴というか個性は、他人のことがほとんど気にならないので、人の顔をすぐに忘れてしまうのだ。
しかし今回はすぐに思い出した。
モスクワからの飛行機でいろいろ話をしたNGOの美人人妻さんたちだ。

二人ともダカールには何度も来ていて、町の様子には詳しい。
そばのカフェ「Bar Ponty」で、セネガルのビール「FLAG」の小瓶(ここでは900フランと高い)を飲み、ダカールのいろんな話をしてネタをたくさん仕入れる。
セネガル人男性とセックスして日本から全財産を持ってきて取られてしまった日本女性の話、セネガル人男性が大好きでセネガルに居着いてしまった日本女性の話、振られても振られてもセネガル人男性と付き合いたい日本女性の話。
これだけでも一冊エロ本を書けるくらいだよ。
たくさんの情報をもらったので、どんな美女とも常に割り勘という身の程を知らない世界旅行者も二人にカフェオレをおごる。
残念ながら二人とも宗教の関係でお酒が飲めないのだ。
「ダカールというのはなんにもないサイテーの所ですね。暇つぶしに読む日本語の本もないし…」と不平を言うと、日本大使館に図書室があると教えてくれた上に、わざわざ新しく移転した日本大使館まで連れて行ってくれた。
僕は別にダカールの日本大使館なんかに行きたかったわけではない。
しかし宗教団体の人が僕に声をかけて日本大使館へ連れてきてくれたのなら、大使館に入るのが運命なのだろう。
考えてみると、ダカールの日本大使館情報というのも旅のネタには違いないしね。
大使館は厳しくガードされていて、ガードマンに日本のパスポートを見せて入館する。
大使館の新築の大きな建物の右手に読書室の部屋があって、壁面には本棚がありそこに日本語の本もビデオテープもある。
中央に大きなテーブルがあって本を読めるようになっている。
部屋の中に長い髪をぐるぐると頭の上で巻いた身体の大きな日本人中年男性がいて、彼にスーツを着た立派な身なりの人が二人「よかったですねー」と話をして、部屋を出て行った。
話かけると髪の長い男性は「地図製作(ちず・せいさく)」という名前だとか。
僕はピンとひらめいて「あなたはひょっとして、地図の製作に関係している人ですか?」と質問する。
するとまさしくずばりそのもの。
地図さんは海外旅行をしながら世界各地の町の地図を徒歩測量で製作しているのだそうだ。
地図さんは日本の貧乏旅行情報を売り物にする雑誌に海外から地図を送っている。
この大使館にもその雑誌が送られてきていた。
夕方、僕のホテルに来てもらって続きを話すことにする。
だって午後二時には、マリ大使館にビザをもらいに行かなければならないんだからね。
僕は大使館を出るとタクシーを捕まえてマリ大使館へ行き、すぐにビザをもらった。
ビザは「3ヶ月有効、シングルエントリー、1ヶ月滞在ビザ」になっている。
まあ僕はマリなんかに行くつもりがないんだから、どうでもいいけどさ。
町に戻って通りの新聞売りから昨日付けの「International Herald Tribune」を1500フランで購入して、部屋で読みながら寝てしまった。
夕方ホテルに来た地図さんと、またポンティへ行く。
通りに面したテーブルに座り、ビールをどんどん飲んで旅の話をする。
さて地図さんが日本大使館にいた理由だが、実はマリで熱帯熱マラリアが発病してほとんど身体が動かない状態で、バマコからダカールへ列車で着いて日本大使館に飛び込んだのだとか。
一週間ほど入院してやっと助かったのだという。
「バマコの、シェ・ファンタにいたとき、ずいぶん蚊に食われたせいかな。それとも、トンブクトゥに一ヶ月いて地図を作っていたとき…」と、話が続く。
僕は考える。つまり、西アフリカは致死性の熱帯性マラリアの巣窟なんだよ。
地図さんは運良く日本大使館に飛び込んで助かったが、普通はそううまくは行かない。
これもまた、西アフリカ旅行なんて切り上げて、ヨーロッパへ行けという神のお告げのようなものだ。
ポンティでビールを飲んでいると、色っぽい黒人の女の子たちが話しかけてくる。
これは売春婦さんたちだ。
アフリカではというか世界中で、売春は日常にありふれた立派な職業だ。
女の子がかわいくなければ、客は付かないんだからね。
「大人の海外個人旅行」より、西アフリカ旅行記
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20060725